FX投資

投資はいくらから始めれば良いか

投資はいくらから始めれば良いか

コインランドリー経営を考えた際に気になるのは、コインランドリー経営って儲かるのかではありませんか?実態はどうなのか、最近は性能の良い乾燥機付き洗濯機もあるし、需要がないのではと思われるかもしれません。

少ないお金から投資をはじめてみよう

投資を経験したことがない人にとって、株式や債券、投資信託等で“自分が投資した金額が変動する”投資はいくらから始めれば良いか ことは、未体験であり不安もあるでしょう。
そこで提案です。投資ははじめてという人は、 まずは少額から はじめてみてはいかがでしょうか?投資をすでに行っている人のうち、約7割の方たちも最初は100万円以内から投資をはじめています。(みずほ証券にて実施したアンケート結果より(20歳以上の男女1,656人から回答)2015年1月実施)株式の中には数万円程度から投資できる銘柄もありますし、投資信託にも1万円前後から投資できるものがあります。NISA(少額投資非課税制度)を使えば、非課税の恩恵を受けられる商品もあります。まずは少額投資で慣れてから、だんだん金額を増やしていってもよいでしょう。

まずは口座を開設!

投資対象を選ぶ

値動きを見る

値動きのリスクに対処するには?

自分が投資した資産の価値が上がったり下がったりするのは、投資では自然なことです。そんな状況でも不安なく投資を続けるためには「分散投資」をすることを覚えましょう。一つの銘柄、あるいは通貨に投資をしていると、下がった時にその損失を埋め合わせすることはできませんが、例えば、値動きがお互いに逆に動くものに投資をしていれば、一方の値下がりをもう一方の値上がりで埋め合わせしてくれることがあります(投資対象の分散)。
また、短期間での収益を期待して投資金額の全額を一括投資するよりも、長期間、何回かに分けてコツコツ投資する方が、リスクを減らすことができるといわれています(時間の分散)。 不安を少なく投資をするなら「分散」「長期」がキーワードです。 投資はいくらから始めれば良いか

投資の醍醐味は?

投資の醍醐味は、経済の成長と共に、投資したお金も成長していくことです。投資家の中には売り買いのテクニックによって儲ける人もいますが、投資本来の姿は“経済への参加”です。お金を必要とするところへ自らのお金を投じ、その見返りが自らの利益となって返ってくるのが投資です。
ただし、その見返りを求めるためにはリスクを受け入れる必要があります。 「分散」「長期」を肝に命じて、無理のない範囲で投資をすること が大切です。

コインランドリー経営の費用はいくら? 開業にかかる機器代と儲かる方法

コインランドリー経営は儲かるか


コインランドリー経営を考えた際に気になるのは、コインランドリー経営って儲かるのかではありませんか?実態はどうなのか、最近は性能の良い乾燥機付き洗濯機もあるし、需要がないのではと思われるかもしれません。

実は、コインランドリービジネスは時代のニーズに合った注目すべきビジネスと言われています。女性の社会進出で負担になった家事の軽減や布団など寝具類の洗濯需要の増加が主な理由です。

とは言っても、コインランドリー経営を始めて必ず儲かるとは言えませんが、準備を怠らずにしっかり計画を立てて始めれば儲かることは可能です。

  • キャッシュフローをしっかり計算する
  • 儲かる需要のある土地を見極める
  • コスパの良い機械を利用する
  • 利用者のニーズに合わせた併設店舗づくりをする

キャッシュフローをしっかり計算する

他の活用と比較して利益率を見る際には、利回りで見ると良いかもしれません。コインランドリー経営の利回りはおよそ8%と考えておきましょう。全国的な利回りの平均は8~10%で、大繁盛している店舗では15~20%もあります。

利回り(%):(年間収入 – ランニングコスト) / (購入価格 + 購入経費) × 100

最近の実態として、コインランドリー経営は人気の土地活用であり、気づいたら近くに競合店ができているなんてことはよくあるようです。

儲かる需要のある土地を見極める

  • 住宅街にある土地
  • 小中学校、高校が近くにある土地
  • タワマンが多く立ち並ぶ土地

コスパの良い機械を利用する

コインランドリー経営は、十分な装置や設備を備えれば、人件費などのコストがかからないため、一定の利益を見込める装置産業でもあります。

利用者のニーズに合わせた併設店舗づくりをする

最近のコインランドリーは、待ち時間も有意義に使えるように工夫された店舗が増えています。利用者にとって、居心地のよい環境を整備することで、リピーターを確保できます。例えば、人気の店舗は以下のようなサービスを提供しています。

  • 無料Wi-Fiの設置
  • 大型テレビの設置
  • 外国語の案内を用意
  • カフェや美容室、スポーツジム、コンビニ、スーパーなどの併設

他の店舗にないような付加価値を付けることで、競合店よりも人気を獲得できるのではないでしょうか。競合しやすい業界のため、オーナーには革新的なアイデアが求められます。

トレーディングパソコン「トレステPC」を個人投資家テスタさんがレビュー! オンライントレードに最適なPC環境とは?

近年すっかり定着し、多くの証券会社が独自のツールやサービスを提供するようになったオンライントレード。スマホで手軽に株式投資が行えるアプリやサービスもありますが、デイトレードに挑戦したい方や、きちんと情報収集しながら取引したい方などは、それなりのPC環境が欲しいところ。 今回は、様々なオンライントレード専用パソコンをリリースしてきたパソコン工房から新たに登場した「トレステPC」について、日本を代表する個人投資家であるテスタさんに、オンライントレードに最適なPC環境をパッケージにした「トレステPC」のプロトタイプを実際に使ってもらい、使い勝手や機能について評価していただきました。 さらにテスタさんには、経験ゼロからはじめてどのように経験を積んでいったのか、「日本に投資を広めたい」という強い思い、そしてオンライントレードで勝つために環境や心構えの点で大切にしていることなど、お話をお聞きしました。

「トレードステーション」とは?

「トレードステーション」は、先進性、機能性において数々の最高評価 * を受けてきた、米TradeStation社の根幹とも言える取引ツールです。 米国では発注スピード最優先のデイトレーダーから緻密なシステムトレーダーまで、様々なタイプのトレーダーが使用しています。日本のアクティブ・トレーダーのためにローカライズされた日本株版のトレードステーションも、これまでの日本株取引ツールにはない機能を多数備えています。最初はその機能の多さに驚くかもしれませんが、専用のサポートサイトや、トレーディングツールに精通したオペレーターのいるコールセンターを通じて全面サポートしますので、トレード初心者の方にも安心してご利用いただけます。

「トレステPC」とは?

「トレステPC」は、「トレードステーション」の動作推奨スペックを満たした「お墨付き」パソコンとして、マネックス証券とパソコン工房が共同企画したオンライントレード専用機です。証券会社とパソコン販売店のコラボレーションは異色に思えるかもしれませんが、パソコン工房では2013年より証券会社2社との共同企画製品に取り組んでおり、この間の出荷実績とノウハウも活かして第3弾となる製品を開発いたしました。
「トレステPC」は、最大8画面でチャートなど多くの情報を表示できるハードウェア一式に、両社が提供するサポート体制を組合せ、充実したオンライントレード環境を実現しています。
マーケット情報の視認性の高さ、「トレードステーション」による先進的な取引、安心のサポート体制によって、上級者の方だけではなく、初心者の方にも、投資効率をアップするツールとして広くご利用頂けます。

LINE証券ではみんないくら位から投資をはじめてる?疑問や操作方法を徹底解説!

LINE証券ではみんないくら位から投資をはじめてる?疑問や操作方法を徹底解説!

「少額から取引できるとはいっても、できるだけリターンを出すためにまとまった金額で投資をしたい」と考えているかたもいらっしゃるかもしれません。その場合、いくらくらいまで自分の資産を投資に使っていいものでしょうか。
まずおすすめなのが、趣味やレジャーに使っているお金の一部を投資に回してみる、という考え方です。これは、少額から取引ができるLINE証券だからできる事です。日々の生活の中で節約してお金を捻出をする必要もないので、気軽にチャレンジができます。さらに、投資にお金を回せば利益が出る可能性もあるので、出た利益はそのままお小遣いとして使うこともできます。
あるいは、今持っているお金から生活するのに必要なお金や、5年以内に必要になってくるライフイベントに必要なお金を差し引いた「余裕資金」を投資に回すのもいいでしょう。
お小遣いの一部やしばらく使う必要のないお金で投資をすれば、相場が下落して株価が下がってしまっても「お金がなくて困ってしまう」といったことにはなりません。その分メンタル的にも余裕をもって取引に臨むことができます。

LINE証券に口座を開いた人の初回平均入金額は40,218円!

LINE証券に口座を開いた人の初回平均入金額は40,218円!

LINE証券の入金方法は簡単!

LINE証券の入金方法は簡単!

⓵たまったポイントも利用できるLINE Payからの入金

⓵たまったポイントも利用できるLINE Payからの入金

②クイック入金

②クイック入金

⓷入金専用口座への銀行振込で入金

⓷入金専用口座への銀行振込で入金

【マンガ】「人魚姫が人間になりたい理由」(アーノルズはせがわ)

LINE証券はパワーアップを続けています!

信用取引のメリットとリスク

LINE証券で人気のデビュー銘柄ランキングを発表!

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

34歳専業主婦、貯金100万円。2人目を出産後、貯蓄を取り崩す生活に


今年あたりから、貯蓄に手を出さないと生活ができなくなってきました。昨年までは何とか貯蓄には手を出さずやりくりしてきており、貯蓄だけは手を出さず家計を守りたかったので、すこしばかりショックも感じております。最近は被服費にも手が回らなくなってきています……。
来年からは私も働くことを考えてはおりますが、それまでにできることはあるでしょうか? 削れるところはあるのか。私も働き始めれば何とかなるのか? 現在の使い方は多いのか……など気になるところは多々あります。
家計の支出金額も大体ではありますが、よろしくお願い致します。

家計収支データ

相談者「ハナユウ」さんの家計収支データ

ハナユウさんの家計収支データは図表のとおりです。

家計収支データ補足

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:今は「貯められない時期」と割り切ることも大切

アドバイス2:時機を見てフルタイム勤務も検討したい

アドバイス3:教育資金は元本保証で備えたい

相談者「ハナユウ」さんから寄せられた感想

今後の働き方を考える上で、いくらぐらい稼げるのがベストなのか……などは考えていたところなので、今後の参考にさせていただきたいな、と思いました。
家のことや子どものことなどで、中々その辺りまでたどり着けるのかどうか、と考えてしまうところもありますが、ある程度の目標を掲げられるのは働き方を考える上で良いなぁ、と思いました。
また学資保険は入るときに110%の戻り率を確認しておりますので、大丈夫かと考えています。ですが、もう一度保険内容を確認してみます。
現在としばらくは家計が苦しいのはある程度仕方のないこととして、今後、診断していただいたことも参考に、できるところから頑張っていければ、と考えています。
教えてくれたのは……深野 康彦さん
マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。
取材・文:清水京武
(文:あるじゃん 編集部)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる