取引プラットフォームガイド

クラウドブローカーとは

クラウドブローカーとは

また、Horizon Cloudの90日間の無償トライアルキャンペーンや、SysTrackのPOCご支援サービスである「スターターキットキャンペーン」のご紹介しました。

ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)とは?

クラウドへの移行、DIA(Direct Internet Access)、WFA(Work-from-anywhere)、管理されていないBYOD/IoTデバイスの使用が増加し、レガシーネットワークのハードな境界線が消滅しているため、ZTNAセキュリティアプローチが必須となっています。今日のクライアント・トゥ・クラウドやWFAネットワークは、ソフトウェア定義のペリメータ(境界)を有しています。従業員の自宅が支店になり、インターネットが企業ネットワークの一部になっています。「イントラネット」には、もはや明確な意味はなくなっているのです。

ZTNAの仕組みとは?

  • ユーザーのアイデンティティとコンテキスト、および
  • アクセスしているデバイスとアプリケーション(またはその他の資産)。
  • ネットワークをトランスポートとしてのみ捉え、オンプレミスとオフプレミスのユーザー、デバイス、アプリケーション/アセットにアーキテクチャ上の違いはありません。
  • アクセスを要求するエンティティ(ユーザー、デバイス、アプリケーション/資産)や、エンティティや要求された資産の場所に関わらず、すべての資産アクセスの試みに一貫した企業ポリシーを適用します。
  • すべてのWFAユーザーが、あらゆるデバイスで、あらゆるオンプレミスまたはクラウドアプリケーションに対して、完全なセキュリティを提供します。
  • ネットワークをエンド・ツー・エンドで分離し、正当なユーザーが権限証明書内で許可されたアプリケーションにのみアクセスできるよう、きめ細かなアクセスを実現します。
  • SDPブローカー/プロキシ:アウトバウンド専用の接続を行い、ネットワークとアプリケーションの両方が権限のないユーザーから見えないようにします。ブローカーはアプライアンスまたはクラウドサービスです。
  • Cloud Gateway:クラウドで展開され、グローバルに分散されたゲートウェイは、企業ネットワークやクラウド/SaaSの宛先に安全に接続します。
  • クライアント:エンドユーザーデバイス用のSASEクライアントソフトウェア。また、クライアントレスでの導入も可能です。
  • 認証サービス:企業の既存のユーザーやデバイスの資格情報管理や認証サービスと連動します。
  • 自己管理ポータル:管理者によるユーザーやアプリケーションの可視化と制御を実現します。
  • トランスポート:有線、無線、携帯電話によるインターネットやイントラネットへの接続。

ゼロトラストネットワークアクセスのメリット

  • VPNアグリゲーション、キャプティブポータル、DDoS対策、グローバルロードバランシング、ファイアウォールスタックなどのアプライアンスやソリューションが不要になります。
  • オンプレミスとクラウドで一貫したセキュリティポリシーを実施し、すべてのユーザーとデバイスにシームレスな体験を提供し、オンプレミスまたはクラウドへのアクセスをきめ細かく制御し、規制遵守を簡素化します。
  • どこにいても、簡単にスケールアップでき、ハイパフォーマンスなクラウドアクセスが可能、遅延の少ないQoE、クラウド型ゲートウェイ/ブローカーが容易にスケールアップ/ダウンでき、刻々と変化するユーザーやクラウドのワークロードのロケーションに合わせて調整可能、そしてHA機能を備えています。
  • 場所を選ばず、最適化されたデータパスでアプリケーションへのアクセスを最小のレイテンシーで実現。
  • BYODやIoTを含む、認証されたユーザーとデバイス。手間のかからないインラインのユーザー認証。クライアントおよびクライアントレスの導入モデル。
  • インターネット、イントラネット、有線、無線、セルラーなど、すべてのトランスポートを企業レベルで保護する高度な接続性。すべてのクライアントとアプリケーションの接続にエンドツーエンドの暗号化トンネルを使用。
  • 攻撃対象を減らし、ユーザーに最低限の権限しか与えないことで、資産の発見や横移動を防止し、すべてのトランザクションのセキュリティを仲介し、アプリケーションやネットワークのトポロジーを見えないようにし、パッチが適用されていないデバイスやサーバーの攻撃対象を防ぎ、アプリケーションを細かくセグメント化します。
  • 組織変更や買収に対応するための迅速なターンアラウンド

ZTNAの選択と組織への導入

ZTNAは先進的なSASEソリューションの不可欠なコンポーネント

  • 最適な効率性と最小のレイテンシーを実現するシングルパスのデータパス。
  • シングルパスソフトウェアアーキテクチャにより、機能の重複を排除し、最高のQoEを実現。
  • すべての機能を管理するための単一の画面(Single-pane-of-glass)SD-WAN、SWG、ZTNA、RBI、CASB、NGFWaaS、およびCloud Gateways。
  • 単一のポリシー言語により、すべてのユーザーに包括的なセキュリティとコンプライアンスを保証。
  • 管理・連携するフォワードプロキシが1つ(証明書を共有する会社が1つ)になり、プロキシの連鎖がなくなる。Versa Forward Proxyは、SD-WAN、ZTNA、SWG、CASBなど、すべての機能を提供します。 のグローバルPOPネットワーク。
  • 豊富なアクセスオプション:SASEクライアント(認証、ポリシー/コンプライアンスの適用、複数のアクティブな接続)、標準的なトンネルオプション(GRE、IKEv2 IPSEC)、そして統合SD-WANオプション。
無料の電子ブック

SASE
For Dummies(SASE入門)

さらに詳しく

SASE(Secure Access Service Edge)、ネットワーク、セキュリティ、SD-WAN、クラウドについて、業界のソートリーダー、アナリスト、専門家による調査、分析、その他の情報をご覧ください。

White Paper

Zero Trust Security

Zero Trust is a new approach to security that requires organizations to fundamentally shift the way they approach identity and access.

On-Demand クラウドブローカーとは Webinar: 60 min

Zero Trust Security vs. SASE: An Architecture Deep Dive

Deep dive into the two approaches to protecting globally distributed users, devices, and applications have emerged on the market: Zero Trust Security and Secure Access Service Edge (SASE).

Solution Brief

Versa for Work-From-Home

Versa has made it simple for organizations to offer クラウドブローカーとは Secure SD-WAN for Work-From-Home users on home appliances or working from anywhere.

© Copyright 2022 Versa Networks, Inc.

Versa Networks、VOS、およびVersa Titanは、Versa Networks, Inc.の登録商標またはその可能性があります。ここに記載されているその他のマークないし名前は、それぞれの会社の商標である可能性があります。

SASE分野を先導するVersa Networksは、広範なセキュリティ、高度なネットワーキング、フル機能のSD-WAN、真のマルチテナンシー、洗練されたアナリティクスを、クラウド、オンプレミス、またはその両方の組み合わせを提供することで、小規模企業から超大手企業並びにサービスプロバイダーがSASEに求める要件を満たします。Versa SASEは、オンプレミスのほか、Versaが提携するサービスプロバイダーによるホスティング、クラウド配信、およびリーンIT向けに設計されたシンプルなVersa Titanクラウドサービスを通じてご利用いただけます。世界中の何十万ものサイトを運用する多くのお客様が、ネットワーク、セキュリティ、クラウドに関してVersaを頼りにしていただいています。Versa Networksは現在、株式非公開企業であり、セコイアキャピタル、メイフィールド、アーティスベンチャーズ、ベライゾンベンチャーズ、コムキャストベンチャーズ、リバティグローバルベンチャーズ、プリンスヴィルグローバルファンド、およびRPSベンチャーズから出資を受けています。

クラウドアクセスセキュリティブローカー 英語 意味 - 英語訳

Security クラウドブローカーとは technologies such as data loss prevention encryption and cloud access security brokers(CASBs) remain underutilized.

valuable data where it lives today with a cloud access security broker(CASB) solution that was built natively in the cloud

formerly known as McAfee Skyhigh Security クラウドブローカーとは Cloud is a cloud access security broker(CASB) that protects enterprise data and users across all cloud services

McAfee MIVSION Cloud is a cloud access security broker(CASB) that クラウドブローカーとは protects enterprise data and users across all cloud services.

McAfee MVISION Cloud is a cloud access security broker(CASB) that expands your visibility into cloud deployments so you can detect

Protecting healthcare data where it lives today- with a solution that was built natively in the cloud for the cloud- is at the core of McAfee MVISION Cloud our cloud access security broker(CASB).

日本語 - 英語

英語 - 日本語

and required to achieve the purposes illustrated in the cookie policy. If you want to クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは know more or withdraw your クラウドブローカーとは consent to all or some of the cookies, please refer to the cookie policy .
By closing this banner, scrolling this page, clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to クラウドブローカーとは the use of cookies.

Opt-Out of the sale of personal information
We won't sell your personal information クラウドブローカーとは to inform the ads you see. You may still クラウドブローカーとは see interest-based ads if your information is sold by other companies or was sold previously. Opt-Out Dismiss

今さら聞けない!Horizon Cloud on Azure徹底入門~クラウドVDIの”利点”と”落とし穴”~

また2020年7月にリリースされたHorizon Cloud on Azure Ver3.1で追加された新機能について「Microsoft Teams最適化」「ユニバーサルブローカー」「AppVolumes4サポート」についてお届けしました。特に全社リモートワークでMicrosoft Teamsを利用時に発生しがちであった、ネットワークのボトルネックの問題を解消する「Microsoft Teams最適化」機能については待ち望んでいたお客様も多いのではないでしょうか。

クラウドブローカーとは ▼ 聴講されたお客様からの声
「Horizon Cloud on Azureの詳細や性能情報の掲載もあり、非常に参考になりました」
「やはり1時間という時間はあっという間で、もう少し聞きたいと思いました。」 など


講演タイトル: 今さら聞けない!Horizon Cloud on Azure 徹底入門

登壇者 :株式会社ネットワールド
SI技術本部 ソリューションアーキテクト課
工藤 真臣

SystrackだからできるWVDの移行と運用管理

当日のセッションでは、特に導入前のアセスメントで利用可能な機能にフォーカスしてSysTrackをご紹介いただきました。現在レイクサイド社が注力するMicrosoft Windows Virtual Desktop(WVD)サービスを例に、パブリッククラウドでのVDIソリューション全般で重要になるアセスメントの3つのポイントをお伝えしました。

▼ 聴講されたお客様からの声
「WVDの移行においてアセスメントの必要性を感じた」
「Systrackを初めて知ったが、WVDの安定運用もコストの最適化も可能で利便性が高い」など

講演タイトル: SysTrack だからできる WVD の移行と運用管理

登壇者 :レイクサイドソフトウェア株式会社
テクニカルサービス マネージャー
長島 広隆 氏

クラウドVDIソリューション クラウドブローカーとは ネットワールドのご支援体制


また、Horizon Cloudの90日間の無償トライアルキャンペーンや、SysTrackのPOCご支援サービスである「スターターキットキャンペーン」のご紹介しました。

聴講されたお客様からの声
「サポートが充実していていて人手不足でも安心だと感じた」
「キャンペーンやイベントの紹介があり参考になった」 など

講演タイトル: クラウドVDIソリューション ネットワールドのご支援体制

登壇者 :株式会社ネットワールド
マーケティング本部
ソリューションマーケティング部 SDソリューション課
中村 紗恵子

今回のセミナーをオンデマンド配信しています。
同時に講演資料のダウンロードも可能ですので、ぜひご視聴ください。
またご不明点やお困りごとなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる