FXとはなにか

投資ストラテジーについて話せます

投資ストラテジーについて話せます
複数の会社が開発したシステムが仕様書通りに連動できるかをテストする必要があり、そのテストの支援をしています。 投資ストラテジーについて話せます
具体的には進捗会を定期的に行い、現状と課題をヒアリングして課題の管理や対応依頼などをしています。
「何か困ってることないですか?お手伝いしますよ」といった寄り添う姿勢でテスト実施者の方と関わりながら、実際に問題解決できるようになりたいですね。そのためには地道に経験値を積む必要があると考えており、進捗会のあと毎回振り返りをするようにしています。

PE(バイアウト)ファンドの選考対策 ~面接や試験の内容~

応募者が投資銀行等のM&AのFA業務経験者の場合は、スキルをシビアに判断されます。
一方で、コンサルティングファーム出身者など非金融の応募者はFA経験者と同じ基準で評価されるのではなく、どの程度の理解をしているのか、またはきれいなモデルでなくてもその裏のロジックをどう考えたのか、などの視点で評価されます。
とは言え、まったく準備をしなければ何も作成できずPE側も検討すらできませんので、事前にEラーニング等で財務モデル、LBOモデルの勉強をしておきましょう。

1)志望動機
2)経歴と経験業務
3)PE投資に関するディスカッション(投資案件のケース面接の形式をとることもあり)

1)志望動機
「なぜPEを志望するのか?」という志望動機を問う質問は、初期の面接における関門のひとつです。投資銀行やFAS、戦略ファーム出身の優秀な人々でも、十分に考えが深まっておらずに志望動機を上手く話せず、または答えた志望動機に対する鋭いつっこみに納得感ある回答が出来ずに不合格とされてしまうことは多々あります。

2)経歴と経験業務
面接では経歴をレジュメに沿って説明するだけでなく、その後で面接担当者から経験した業務や手掛けた案件について詳しく問われます。 記載した案件の概要、自分が担当した作業、そして担当外の業務内容も含め再確認しておきましょう。時々ある落とし穴として、経験の多さをアピールするために関与したM&A案件を多数レジュメに記載したものの、自分が担当した作業以外を問われると回答に窮してしまうことがあります。レジュメに書くのであれば、担当した作業以外のことについても事前に復習して理解をしておく必要があります。
あるPEの過去の面接でも、記載している案件について「対象会社のバリューの源泉は?」「何が課題だったのか?」など問われていました。

3)PE投資に関するディスカッション
「A社に投資すべきかどうか?」「投資するとしたらどの会社に投資したい?」などの意見を求められて議論をすることもあります。会話の流れからこの様な質問に発展する場合もあれば、ある会社についての基礎情報(四季報の情報など)を与えられて、その会社に投資するべきかどうかを問われることもあります。
時には応募先のPEが投資している会社について意見を求められることもありますので、事前にポートフォリオを確認をしておくことは必須です。

また、PEによる投資事例やM&Aの事例はプレスリリースや経済ニュース等で確認することが出来ます。それらの内容を理解するだけでなく、その企業に投資するべきかどうか? それはなぜなのか? と普段から趣味の様に考えることはお勧めです。もちろん、応募する場合はそれ以上にしっかりと準備すべきです。

【後編】デジタルとブランドの視点で考える、これからのマーケティング

まず、前段でも話に上がったについて。
少しおさらいですが、もともと企業は「自社は誰に(=WHO)、どんな価値を(=WHAT)提供するのか?」を見極めた上で、広告代理店にブリーフィングし、プロダクトの強みを伝える広告へと落とし込んでいました。
デジタルの興隆により、20年ほど「どう伝えるか(=HOW)」偏重の時代に入っていましたが、ここへきて改めて本質的な価値を訴えるマーケティングへ回帰しないと物が売れなくなってきている……
というのが西口さんの解説でした。

氏名

「誰に・どんな価値を」提供するかという「WHO+WHAT」を飛ばした状態の広告宣伝は、はっきり言って無駄な投資、趣味の投資です。
広告自体を宣伝したいならかまいませんが、広告賞は獲っても売上に結びつかない広告を打ちたいわけではないですよね。だから必要なのは、マーケティングの原点に戻ることだと思います。

氏名

氏名

西口さんの意見に付け加えると、WHO+WHATの明確化において、このデジタルの時代だとという利点がありますよね。
顧客の姿を、さまざまなデータから浮かび上がらせることができる。
従来は小売企業が、今ではプラットフォーマーが顧客データを握っているところはありますが、D2Cの興隆からわかるように、メーカー企業も直接データを取得することに注力しています。

氏名

同感ですね。
また、
ここをブラックボックスにしたまま、誤ったKPIを追いかけていると、顧客理解は深まらないし、マーケティングでブレイクスルーするのは望めないと思います。

テクノロジーがさらに企業と顧客をつなげる

氏名

「WHAT」の明確化にも重なりますが、です。
マーケティング業界で「差別化」や「競争優位」は隣を見て競うことだと思われていますが、実は違います。


これに関連して、やはり広告の工夫ではなく「商品の独自価値をいかに生み出すか」の視点が、今後ますます必要になると思います。正直、独自価値が強ければ、広告を通してニーズのある人に届けばちゃんと売れていく。売れない場合は広告のせいではなく、半分以上は、価値の創出に問題があると理解するほうが、正しく進めます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる