成功事例

MT5の買い注文や売り注文で設定できますか

MT5の買い注文や売り注文で設定できますか
トレードする通貨ペアを選択しよう

【保存版】MT4(MT5)のアプリの使い方ガイド【初心者必見】

MT4(MT5)のインストールとログイン方法

MT4 ( MT5 )のインストールとログイン手順について以下の順で解説いたします。

  • 1:まずは、海外 FX の口座開設をしよう
  • 2:アプリストアからインストール
  • 3: MT4 ( MT5の買い注文や売り注文で設定できますか MT5 )をログインする

1:まずは、海外FXの口座開設をしよう

MT4 ( MT5 )のインストールする前に、『海外 FX の口座開設』をしましょう。

どこの海外 FX 業者でも、口座開設をすれば下記のような、 MT4 ( MT5 )のログイン情報が送られてきます。

ログイン情報

上記が添付のされているメールの保存や、スクショなどをしておきましょう。

もし、まだどこの海外FX業者にするかを迷っている人は

【海外FXおすすめボーナス】口座開設ボーナス&100%入金ボーナス【最新版】

2:アプリストアからインストール

では、次に MT4 ( MT5 )のアプリをインストールしましょう。

MetaTrader 4

MetaTrader 5

3:MT4(MT5)にログインする

  • 『既存のアカウントにログイン』をタップ
  • 海外 FX 業者のサーバーを検索する
  • ログイン ID MT5の買い注文や売り注文で設定できますか と PW を入力する

①:『既存のアカウントにログイン』をタップ

補足

すでに、別口座で MT4 ( MT5 )を開設されている方は、『設定 → 上部のトレードアカウント → 画面右上の+マーク』から新規で開設された口座を追加することができます。

②:海外FX業者のサーバーを検索する

『既存のアカウントにログイン』をタップ後、検索バーにて、口座開設した海外 FX 業者のサーバーを検索しましょう。

XMの場合

GEMFOREXの場合

IS6FXの場合

上記のように、海外 FX 業者ごとにサーバー名が変わってきます。

このサーバー名がわからない場合は、 MT4 ( MT5 )MT5の買い注文や売り注文で設定できますか のログイン情報が送られてきているメール内に記載されているので確認しましょう。

③:ログインIDとPWを入力する

サーバー名をクリックすると、ログインページに遷移するので、『ログイン ID 』と『パスワード』を打ち込みましょう。


それでもログインできない場合は、直接海外 FX 業者に直接問い合わせましょう。 ( 日本語 OK で、丁寧に対応してくれます )

これにて、 MT4 ( MT5 )へのログインが完了です。

トレードする通貨ペアを選択しよう

トレードする通貨ペアを選択しよう

ではログインが完了すれば、注文方法や決済方法の前にトレードする通貨を選定して、整理しておきましょう。

  • 通貨ペアを選択して、追加する
  • 不要な通貨ペアを削除しよう
  • 通貨ペアは並び替えができる

通貨ペアを選択して、追加する

次に、下記の画面に遷移するので『 Forex 』を選択して、通貨ペアを選択してください。

不要な通貨ペアを削除しよう

通貨ペアは並び替えができる

並び替えをしたい通貨ぺアの右にある『 3 本横線』をタップしたまま、移動したい場所に移動することができます。

MT4(MT5)の注文方法と決済方法とは

MT4(MT5)の注文方法と決済方法とは

では、 MT4 ( MT5 )の『注文方法』と『決済方法』について下記の順に解説していきます。

  • 1:注文画面を表示しよう
  • 2:注文画面の見方と注文方法につい
  • 3:決済方法について

注文画面を表示しよう

1つ目

『気配値 → トレードしたい通貨ペア → トレード』の順にタップしましょう。

2つ目

3つ目

注文画面の見方と注文方法について

① :通貨ペアを変更ができる

②:注文方法を選択ができる

なんて思うかもですが、基本的に『成り行き注文』で多くのトレーダーが取引をしているので、全ての注文方法を使いこなす必要はありません。

注文方法の詳細

MT5の買い注文や売り注文で設定できますか
成り行き注文 リアルタイムで『買い・売り』の注文ができる
Buy Limit(買い指値注文) 現在より低いレートに『買い注文』を設置することができる
Sell Limit(売り指値注文) 現在より高いレートに『売り注文』を設置することができる
Buy Stop(買い逆指値注文) 現在より高いレートに『買い注文』を設置することができる
Sell Stop(売り逆指値注文) 現在より低いレートに『売り注文』を設置することができる

③:注文ロットを変更ができる

MT5の買い注文や売り注文で設定できますか
※ 海外 FX の場合は、『 1LOT = 10 万通貨』で計算されます。

  • 1 ロット= 10 万通貨
  • 0.1 ロット= 1 万通貨
  • 0.01 ロット= 1000 通貨

現在国内 FX を使っている方は、単位が違うので気をつけましょう。


そのような方は、まず『最小単位の 0.01 ロット』でお試しトレードすることをオススメします。

安心してください、 0.01 ロットのトレードなんて損しても数十円~ 100 円くらいですみますので!

たったこれだけで初トレード体験とあなたにあった適切なロット数がわかるのでコスパ最高です。

④:損切りと利益確定を設定できます

ストップロス(損切り) 予想した方向とは逆行して、見切りをつける場合に使用する
テイクプロフィット(利益確定) 予想した方向に相場が進み、利益を確保するために使用する

⑤:注文発注(買い・売りボタン)

ココはシンプルで、『成行売り』は売りエントリー、『成行買い』は買いエントリーとなります。

決済方法について

注文中の画面に行き、『注文中の画面をタップ → クローズ』をタップしてください。

複数ポジションをエントリーしている場合は、一気に決済することができないので注意しましょう。

以上が、 MT4 ( MT5 )の注文方法と決済方法についてでした。

MT4(MT5)のチャート設定方法と見方

MT4(MT5)のチャート設定方法と見方

  • 1:取引したいチャート画面をしよう
  • 2:チャート画面の時間足表示のやり方
  • 3:インジケーターの表示方法
  • 4:オブジェクトの表示方法

1:取引したいチャート画面をしよう

1つ目

2つ目 MT5の買い注文や売り注文で設定できますか

『気配値 → トレードしたい通貨ペアを選択 → チャート』をタップする

2:チャート画面の時間足表示のやり方

MT4(MT5)アプリで表示可能な時間足

3:インディケーターの表示方法

インディケーターの表示方法は、『上部の( f )の部分をタップ → インディケーター』をタップしてください。

  • メインウィンドウ:チャート上に表示できるインディケーター
  • インディケーターウィンドウ:チャート画面の下に表示できるインディケーター

  • 移動平均線( Moving Average )
  • RSI ( Relative Strength Index )
  • ストキャスティクス( Stochastic Oscillator )
  • MACD
  • ボリンジャーバンド( Bollinger Bands )

※表示させたインジケーターを消す方法

『上部の( f 】の部分をタップ → インディケーター → 編集 → 消したいインディケーターを右スクロール』で削除ができます。

4:オブジェクトの表示方法

これにて、 MT4 ( MT5 )でトレードする最低限のトレード環境は整いました。

FX初心者おすすめのチャート設定

FX初心者おすすめの設定テンプレ

では、 FX 初心者にオススメの設定方法について下記の順で解説します。

  • 1:チャートカラーを好きな色に設定しよう
  • 2:初心者が見ておくべき王道の通貨ペア【 5 つ】
  • 3:インジケーターの表示は最高2つまで

チャートカラーを好きな色に設定しよう

チャートカラーの変更方法

『設定 → チャート MT5の買い注文や売り注文で設定できますか → カラー』の順でタップしていただくと下記の画面に遷移するので細かく設定が可能です!

FX初心者が見ておくべき王道の通貨ペア【5つ】

  • USD/JPY
  • EUR/USD
  • EUR/JPY
  • AUD/JPY
  • AUD/USD

なぜかというと、他の通貨ペアもたくさんありますが、マイナー通貨や有名でない通貨だと流動性が低くチャートの動きが激しくなるからです。

インディケーターの表示は最高2つまで

この『インジケーターの表示は最高2つ』の指してるのはインディケーターウィンドウです。

なぜかというと、チャートが非常に見にくくなるのと、そもそも沢山表示させる意味がないからです。 FX 初心者あるあるなんですが、インディケーターをたくさん表示させたがります。

XMのMT4・MT5のダウンロードと設定方法をわかりやすく解説

ロボックス師匠

まだXMで口座開設が終わっていない方は以下の手順にお進みください。

XMのMT4・MT5ダウンロード方法

XMサイトからMT4(MT5)をダウンロード

アプリをパソコンにインストール

Windows版のインストール方法

公式サイトの画像

ダウンロード画面の画像

必ず口座開設時に選択したプラットフォーム(MT4もしくはMT5)を選択してください。

今回はMT5のダウンロードとインストールを見ていきますが、MT4でも方法は同じです。

MT5の画像

目的のプラットフォーム(PC対応MT4、または、PC対応MT5)を選択し、ダウンロード画面まで進むと、赤い「ダウンロード」ボタンがあるのでクリックします。

セットアップ画像

インストール中の画像

完了画面

Mac版のインストール方法

公式サイトの画像

ダウンロード画面の画像

必ず口座開設時に選択したプラットフォーム(MT4もしくはMT5)を選択してください。

今回はMT5のダウンロードとインストールを見ていきますが、MT4でも方法は同じです。

MT5の画像

目的のプラットフォーム(PC対応MT4、または、PC対応MT5)を選択し、ダウンロード画面まで進むと、赤い「ダウンロード」ボタンがあるのでクリックします。

MAC版ダウンロード画面

インストール中の画像

ファイルの開き方についての画像

セットアップ画像

インストール中の画像

完了画面

Android版のインストール方法

androidのMT5ダウンロード・インストール方法

iPhone版のインストール方法

iPhoneスマートフォンのMT5ダウンロード方法

iPhoneスマートフォンのMT5ダウンロード方法

MT4(MT5)の設定方法

XM口座にログインする

MT5設定後の画面

表示画面

ログイン画面

ログインできない時の確認事項

口座情報が間違っている場合

間違ったサーバーを指定している場合

デモ口座を利用する場合の画面についての画像

利用したいサーバーの設定画面の画像

口座凍結されている場合

口座残高がない状態で半年以上放置している場合は、口座凍結されている可能性があります。
凍結された口座にはログインできなくなるので、ご注意ください。

通貨ペアの設定方法

気配値の表示の仕方についての画像

銘柄のチャート画像

MT5の買い注文や売り注文で設定できますか 設定画面の画像

インジケーターやオシレーターの設定方法

設定画面の画像

移動平均線を表示させてみる

設定画面の画像

設定画面の画像

設定画面の画像

MCADとRSIを、サブウィンドウに表示させてみる

設定画面の画像

設定画面の画像

続いてRSIを表示させます。
「Relative Strength Index」という項目があるので、同じようにチャート上へドラッグ&ドロップします。設定を終えると、RSIを表示できます。

設定画面の画像

オブジェクトの設定方法

設定画面の画像

MT4(MT5)でのXMの取引方法

注文画面の開き方

設定画面の画像

ティックチャートオーダー画面の左側にあるチャートです。秒単位の細かい値動きが表示されています。
銘柄注文を出す通貨ペアが表示されます。
タイププルダウンメニューから、「カウントダウン注文」(MT4の場合は「ストリーミング注文」)と「指値注文」のどちらかを選択します。
タイプ「銘柄」の下にある「タイプ」で「指値注文」を選択した場合に、2つ目の「タイプ」が表示されます。指値の中でも、指値注文や逆指値注文などをさらに細かく指定していきます。
数量注文を出すロット数を指定します。
価格「銘柄」の下にある「タイプ」で「指値注文」を選択した場合に表示されます。注文を出したいレートを指定します。
Stop Loss新規注文時は、損切りをするレートの指定をします。
Take Profit利益確定の決済をするレートの指定をします。
注文必要な項目への入力が終わったら、注文を出せるようになります。例えば指値注文をする場合、場合現在のレートと近すぎる場合などは、注文を出せないのでご注意ください。

カウントダウン注文 / ストリーミング注文(成行注文)

成行注文で指定する項目は、「数量」「Stop Loss」「Take Profit」だけです。
「Stop Loss」と「Take Profit」は、するかしないかの指定は自由で、注文を出した後に変更することもできます。

ワンクリック注文(成行注文)

設定画面の画像

設定画面の画像

免責事項の画像

Buy Limit / Sell Limit(指値注文)

オーダー画面では、取引数量と、「価格」欄に約定したいレートを指定します。「Stop Loss」と「Take Profit」の指定は自由です。入力が終わったら「注文」をクリックします。

設定画面の画像

Buy Stop / Sell Stop(逆指値注文)

逆指値注文(ストップ注文)は、一言でいうと「レートが上がったら買う、下がったら売る」という、指値注文の逆の注文の仕方です。
オーダー画面での注文の仕方は、指値注文と同じです。

MT5超初心者講座!基本的な設定と使い方

mt5-for-begginers

投資

が、そこまで深く考える必要はありません。要は トレードに使える便利な機能だけ覚えればOK だからです。

MT5の初期設定

通貨ペア・CFDの表示&非表示

  • ドル円(USD/JPY)
  • ユーロドル(EUR/USD)
  • ユーロ円(EUR/JPY)
  • オージードル(AUD/USD)
  • ポンドドル(GBP/USD)
  • ポンド円(GBP/JPY)

MT5の上にあるメニューから 『表示』→『銘柄』 と進みます。

xm-brand

『Cash Indices』フォルダに入っている銘柄が現物で、『Futures』と書かれている銘柄が先物、『Spot Metals』フォルダからはGOLDとSILVERが選択できます。

個人的にオススメなCFDは日経225。 スプレッド幅が12 とかなり小さいため、XMで取引しやすいCFDです。

通貨ペアのチャート表示

表示させたい銘柄の左上を右クリックして『チャートウィンドウ』を選択するか、メニューから 『ファイル』→『新規チャート』 と進んだ後に、銘柄を選択して表示させる事も可能です。

xm-chart-change

また、チャート画面にデフォルトで表示される グリッド線 が邪魔に感じる場合、 チャート画面上で右クリック をした際に表示されるウィンドウで非表示が可能です。

注文と同時に行う重要な損切り設定

損切り

MT4では成行

※MT4では同様の注文画面で注文種別も「成行注文」と表記されていました。

必ず 現在見ているチャートと銘柄が一致しているかを確認 しましょう!

こちらも今回は指値で指定しない成行注文で解説したいので、カウントダウン注文の初期状態のままで進みます。指値注文は、指定のレートに到達した時に注文が処理されるタイプとなります。FXに十分慣れてから利用するようにしましょう。

  • マイクロ口座:0.01~100.00Lot
  • スタンダード口座:0.01~50.00Lot

ストップロス(S/L)

S/L(Stop/Loss)はストップロス設定に利用する項目です。いわゆる損切り、損失確定を設定するのがこの項目となります。決済逆指とも言います。

つまり、これからの値動きに対して、 この水準まで変動するようだったら一度分析内容を改める必要がある、仕切り直す必要があるというレート を入力して取引を行います。

S/Lの値が0でも単純な成行注文が可能ですが、損切りを行わない注文はするべきではありません

新規注文時でなくとも ポジションを持った後からでも損切り設定は可能 ですが、予め新規注文時に損切りを設定出来ないということはチャート分析が十分で無い可能性が高く、そのような状態で取引を行う事は推奨できません。

テイクプロフィット(T/P)

先程のS/Lとは逆に、T/P(Take/Profit)では利確、利益確定に利用します。決済指値とも言います。S/Lとは逆の意味となるので説明は省略します。

相場は急激に激しく変動する事もあって、利益の確定に関しては損切り程の緊急性こそありません(逆行すると大損失となる損切りに対し、ポジションと方向があっていた場合利益が爆発的に伸びるので)が、利益確定も重要です。

成行売り(Sell)

成行買い(Buy)

BIDとASK

注文画面では表記されていませんが、売りの約定に利用されるレートをBID買いの約定に利用されるレートをASKと呼びます。

提示されているBID価格とASK価格の差の事をスプレッドと呼びます。

スプレッド

売りでも買いでも必ずスプレッド分の含み損を抱えている状態から取引が始まる事となります。

残念な事に海外FX業者はこのスプレッドが国内業者よりも広い事が多く、この点に関してはデメリットがあるといえます。

スプレッドが広い事による問題点

スプレッド分の損失は全新規注文ごとに毎回発生してしまう ので、ごく短い時間で何度も取引を行う「スキャルピング」には絶望的に適していないと言えるでしょう。※XMではスキャルピングが公式に認められています。

XMでおすすめのトレードスタイル

日をまたいでポジションを持つ「デイトレード」や、長期的な取引を行う「スイングトレード」のような取引スタイルの方にとっては、スプレッドが影響を及ぼす取引回数も限定的で、長期持ち越しのポジション保有リスクに対して追証無しの優れたメリットと合わせて、国内FX業者より絶対的におすすめできると言えるでしょう。

海外FXのXMではスプレッドを多く支払わなくてはならない代わりに追証は発生しません。急激な為替変動でも証拠金が最悪でも0となるだけのゼロカットを採用しているので、それ以上の損失は全てXMが肩代わりしてくれています。その為のスプレッドでもあるわけですね。

成行注文をしてみよう

取引すべきタイミング

相場は 常に価格が上がったり、下がったりの繰り返し である事は既にお伝えしました通りです。

取引の例

筆者の場合、 実体価格で直前の安値(高値)を更新したら流れが変わった という目線でチャートを眺める事が多いです。もちろんこれまでの流れの反転方向への価格更新です。

その考え方によって、 エントリー(新規注文)ポイントだけでなく、ストップロス・損切りのレートも決められる のがお分かりいただけますでしょうか?

図で言うと、 一旦反転したと青色のラインで判断 しましたが、そうではなかったと 反転の根拠を失う水準というのは赤色のライン MT5の買い注文や売り注文で設定できますか となります。赤線を超えて上がるようであれば上昇する動きは継続していると捉えられますよね。

今回表示しているのは5分足ですが、相場の流れの判断はもっと長い時間足で行う事が多いです。今回は価格が下がる方にブレイクする直前だったので売りから入ろうとしていましたが、そのたった1つの結果は誰にも分からないのです。何度もブレイクに失敗した末にずっと遅れてブレイクするなどはFXの世界では当たり前です。トレンドラインをブレイクしないまま終わる事だって当然あります。

ちなみに結果的にこのトレードは失敗に終わりました。ブレイクに至らず損切りラインまで上昇したのです。

筆者はFX取引に必要な事は損小利大である事だと考えます。

常に損小利大であること!

トレードの例

全ての取引で共通しているのは損切りを可能な限り抑えて利益のチャンスでは出来る限りで伸ばしている事です。

分かりやすい言葉で言えばリスクリワードをよく考えて取引を行うことで、何度か見込み違いにより取引に失敗したとしても取り返す事は十分可能だとなるわけですね。

決済注文をしてみよう

決済ボタン

ワンクリック注文

新規注文後、利確や損切りのレートを改めたい、修正したい!といった場合に役に立つのがMT5に用意されている「ワンクリック注文」。

損切りライン1

損切り価格を下げる


売りポジションの損切り価格をドラッグで簡単に下げられた。

MT5ワンクリック注文の設定手順

MT5オプション開く

ワンクリック注文設定

取引タブワンクリック注文にチェックを入れると以下の同意を求める文書が表示されます。

ワンクリック注文同意

必ず文書をよくお読みになって同意した場合のみ設定を行ってください。おすすめとしてご紹介していますが、ワンクリック注文による誤発注などについて当ブログでは一切責任を負えません。

損切りラインは損失が膨らむ方へ変更してはいけない

新規注文を行う際にストップロスを入れて注文を行う事を推奨しました。

FX初心者の方が実際に取引を行うと、「 損切りされた後結局すぐレートが戻ってしまった! 」という悔しい経験をすることもこの先何度も見かけると思います。

そういった経験から多くの方が、「きっと戻るはずだからもう少し損切りに到達するまでのレートを増やして・・・」といった大きな過ちを犯してしまいがちです。筆者も初めの頃はこのような間違った取引を行っていました。

ストップ狩りの可能性について

一つの理由としては相場を動かす程大口のビッグプレーヤー達(ファンドなど)は、 私たちを含めた多くのトレーダーがどの水準で新規注文を多くしているか、どの水準に損切りを設定しているのかという事まで熟知した上で相場を動かしている のです。というよりプロでなくとも経験から大体のポイントは分かるようになってきます。客観的に 自身ならどこに損切りを置くか、を考えれば分かります 。価格が一定のラインで何度も止まっている部分も同様です。

FX相場の世界では、多くの損切りがまとまっているであろうレートに接近してストップロスに触りにいくような不自然なほど強引な値動き、いわゆる「ストップ狩り」と呼ばれる事象が度々起こります。

特に取引量の少ない通貨ペアや、取引量が多くても流動性が低い時間帯・時期などは要注意。最近でも2019/1初め、日本では正月休み期間の流動性の低い期間を狙われ?異常とも言えるストップが刺さり劇的に下げましたよね。比較的相場が安定していると言えるドル円でもそういった時期にポジションを持ち越すのはおすすめできないと言える出来事でした。

損切りされた途端に、元のレートに戻ってしまった!(持ったままでいたら助かっていたのに!)の現象の要因の一部としてはこのような理由が存在しています。根本的な原因はエントリー(新規注文)の誤りと、取引通貨ペア選択の誤り、それから1日の内の特定の時間帯です。

取引通貨ペア選択について、当ブログでは ユーロドル、ドル円による取引を推奨 しています。ストップ狩りを行う為には潤沢な資金力が必要で、世界取引量第1位のユーロドル(EURUSD)、第2位のドル円(USDJPY)は圧倒的に豊富な資金力が無ければ価格を動かす事など出来ません。取引量の少ない通貨ペアではごく一部の資金力のある組織単位で不可解で強引な値動きを起こしやすいと言い換えられるので、その分取引の判断が困難となり推奨していません。

一つ一つの取引を例え失敗しても小さな傷までで済ませられれば、次のトレードで大きく挽回するチャンスはいくらでもある事を忘れずに、一度決めてトレードの判断を下した損切り設定のレートは絶対に増やさない事は重要であると覚えておきましょう。

今回のまとめ

まずは少ない取引枚数で注文と決済の一連の取引に慣れてみる事から始めましょう。

ネット上では実際のお金で取り組む事が大事だと言われる事も多いですが、実はネットではあまり語られる事がないお話で、 個人的にはそれはFX業者サイドの意見であったり、サイト運営者サイドの双方ともに利益に繋がる部分でもあったりするだけ なので、まだデモ口座を利用した事がなければ、ぜひ利用して実際のお金と同じ額の証拠金で開始し、気が済むまで取り組んでからリアル口座の取引に臨めば良いと思います。

特にデモ口座で練習をしている間に、ギャンブルのようなレバレッジをフルに効かせた、ハイレバレッジな取引を行い続けた結果最終的にどうなるか試してみるのも面白いでしょう。まず間違いなくゼロカットとなるはずです。

【完全版】MT4・MT5アプリの使い方まとめ!海外FXをスマホでトレード!

MetaTrader4 iPhoneアプリダウンロードリンク

↓ MT4 iPhoneの方はこちらから↓

MetaTrader4 GooglePlayアプリダウンロードリンク

↓ MT4 Androidの方はこちらから↓

MetaTrader4 iPhoneアプリダウンロードリンク

↓ MT5 iPhoneの方はこちらから↓

MetaTrader4 GooglePlayアプリダウンロードリンク

↓ MT5 Androidの方はこちらから↓

上記リンクからダウンロード画面に飛ばない場合、iPhoneはApp Storeから、Androidの場合はGoogle Playで【Metatrader4】もしくは【Metatrader5】と検索すれば出てくる。

MT4にログイン

アプリ初回起動時のログイン方法

既存のアカウントにログインをタップする

アプリを始めて起動する際は、以下の画像のように表示される。
すでに口座を開設済の場合、たとえデモ口座であっても【 既存のアカウントにログイン 】を選ぼう。

①画面最下部の『設定』(A)をタップし、設定画面最上部の『トレードアカウント』(B)か『新規口座』(C)をタップ

MT4に追加口座する際の設定方法

②画面右上の『+』をタップ

画面右上の+をタップする

③『既存のアカウントにログイン』をタップ

既存のアカウントにログインをタップする

サーバーを選択

利用する海外FX業者名の頭文字を検索窓に入力するとサーバーがでてくる。

TitanFXのサーバー選択例

検索窓にTitanFXと入力する

AXIORYのサーバー選択例

AXIORYと検索窓に打ち込む

XMのサーバー選択例

検索窓にXMと入力する

Tradeviewのサーバー選択例

検索窓にTradeviewと入力する

AXIORYやXMのように複数サーバーがある業者の場合、必ず与えられたサーバー番号を入力しよう。
間違ったサーバーを選ぶとログインできない。

ログインID・パスワードを入力

IDとパスワードを入力する

※MT4アプリにログインできない場合

MT4(MT5)アプリの注文・決済方法

MT4アプリの注文画面への行き方

MT4アプリのメニューは①気配値 ②チャート ③トレード ④履歴 ⑤設定 の5つから成り立っている。

MT4アプリのメニュー

この中で④履歴 ⑤設定 以外の3つの画面どこからでも注文画面に移行することができる。

気配値から注文

気配値から注文

チャートから注文

チャート画面から注文

トレードから注文

トレードメニューから注文

注文画面の見方と注文方法

MT4アプリの注文画面の見方

①通貨ペアの選択

MT4アプリの通貨選択欄

②注文方法の選択(成行注文・指値注文・逆指値注文の設定)

注文方法を選択できる

4通りの指値注文・逆指値注文

買い指値 (Buy Limit)
→現在のレートより低い値で買い注文を設定

買い逆指値 (Buy Stop)
→現在のレートより高い値で買い注文を設定

売り指値 (Sell Limit)
→現在のレートより高い値で売り注文を設定

売り逆指値 (Sell Stop)
→現在のレートより低い値で売り注文を設定

③注文ロット数の変更

LOT数を変更できる

注意しなければいけないのがLOT数の単位 だ。

④損切りと利食い設定

  • ストップロス=損切り(ある一定額に達した時点で損失を確定させるライン)
  • テイクプロフィット=利食い(ある一定額に達した時点で利益を確定させるライン)

損切と利食いの設定

⑤スリッページの設定

スリッページとは、『ズレ、滑り』という意味で、注文した価格と実際に約定した価格の差のことを言う。

スリッページの設定

MT4アプリの決済方法

トレードタブにうつり、決済したいポジションを長押しする。

ポジションをクローズする方法

同時に全決済することはできない

全て一つずつ手作業での決済になるため 、ポジションを細かく保持している場合は注意が必要だ。

通貨ペア表示をカスタマイズする方法

通貨ペアを追加する方法

気配値】メニューを選択したうえで、画面右上の『 + 』をタップ。

画面右上の+ボタンを押す

シンボルを追加する

右の黄緑色の+ボタンを押すと通貨が追加される

通貨ペアを減らす方法

気配値】メニューを選択し、左上の『 ペンマーク 』をタップ。

気配値メニューで左上のペンマークをタップ

非表示にしたい通貨ペアの左の『』をタップすると、赤いチェックが入る。

減らしたい通貨ペアの右側をタップする

最後に右上の『ゴミ箱ボタン』をタップすると、選択した通貨ペアが非表示になる。

通貨ペアを並べ替える方法

気配値】メニューを選択し、左上の『 ペンマーク 』をタップ。

気配値メニューで左上のペンマークをタップ

移動させたい通貨ペア左の『3本の横線』をタップしたまま上下にドラッグすると並べ替えることができる。

通貨ペアを好みの位置にカスタマイズする

MT4アプリのチャート設定方法

チャート画面の表示方法

画面下部メニューのチャートを選択

メニューから気配値を選択し任意の通貨をタップする

時間足の設定方法

チャートの時間足変更方法

クロスヘア(十字線)の表示方法

クロスヘア(十字線)の表示方法

インジケーターの表示方法

インジケーターの表示方法

インジケーターの遷移先

  • 平均移動線(Moving Average)
  • ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)
  • 一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)
  • 価格帯出来高(Commodity Channel Index)

インディケータの削除方法

不必要なインディケータの削除方法

オブジェクトの表示方法

オブジェクトの表示方法

表示させたいアイコンをタップするとチャートに表示される。

様々なオブジェクトを表示させることができる

※MT4アプリでは日本時間の設定に変更することはできない

海外FX業者を利用している場合、MT4アプリでは、チャートや表示時間を日本時間に変更することは不可能だ。

MT4では、世界共通のGMT時間(グリニッジ標準時間)で時間が設定されている。
日本時間にするには【GMT+9時間】を頭の中で計算する必要がある。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる