お取引ガイド

財務分析システム

財務分析システム
【コンセプト】
「Ratio<レシオ>(仮)」では財務諸表をデータベース化し、管理会計の組み換えを加えることで公認会計士での目線での財務諸表分析を支援します。

東芝、グループ95社の財務会計システムとBI分析基盤をオラクルクラウドに移行

東芝は、基幹システム基盤に「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」の「Oracle Exadata Database Service」を採用した。日本オラクルが発表した。 この基幹システムは、標準財務会計システム、ビジネス分析(BI)分析システムとその他周辺システムを含むもので、日本を含むアジアのグループ95社、5万人以上の従業員が利用する。 「Oracle Cloud」の大阪リージョンに本番環境、東京リージョンに災害復旧(DR)環境と開発・検証環境を構築し、2021年10月に稼動を開始した。 財務分析システム 東芝は、オンプレミスで利用していた「Oracle Exadata」の実績、「Oracle Database」「Oracle Business Intelligence Enterprise Edition」との親和性を考慮し、「Oracle Exadata Database Service」への移行を検証。日本オラクルのコンサルティングサービス部門の支援を受けて、約2カ月にわたり移行アセスメントを行った。その結果、OCIが最小リスク、最低コストでかつ期限内に移行可能であることを確認し、2020年8月にOCIへの移行を決定したという。 OCIへの移行により、東芝ではシステムの利用状況に応じて無停止で柔軟にリソースを調整することができるようになった。これにより性能バランスの最適化による安定性を維持しながら、運用負荷を軽減し、運用コストも10%削減されている。 本番稼動後のパフォーマンス分析によると、1日のうちの数時間だけ負荷が高まる状況になることが判明したが、そのタイミングだけリソースを追加するといった柔軟な対応をOCIによって実現している。 また、処理性能が向上したことにより、3時間ごとに行っているBI分析処理の完了率も向上した。Oracle Cloudの東京および大阪リージョンのデータベースを「Oracle Data Guard」によって自動的に同期させ、基幹システムに不可欠な高可用性とデータ保護も実現した。 今回移行した財務会計システムとBI分析システムは、以前はデータベース基盤としてOracle Databaseを他社ハードウェア上で、BI分析基盤としてOracle Business Intelligence Enterprise EditionをOracle Exadata上に構築し、オンプレミスで運用していた。その中でハードウェアの保守期限を迎えたことやハードウェアの老朽化に伴い、システム基盤を新たな環境へ移行する必要があったとのことだ。 また、データセンターの閉鎖計画も決まったことから、財務会計システムではアプリケーションサーバー7台、データベースサーバー4台、約70テラバイトのデータ、分析システムにおいてはアプリケーションサーバー10台、データベースサーバー8台、60テラバイトのデータを含む大規模なシステム基盤の本番環境に加え、DR環境、開発・検証環境を含む新たな環境構築と移行を、限られた期間内に、経理部門をはじめとする5万人以上のユーザーへ影響を及ぼすことなく行うことを要件としていた。

財務分析コードの有効化

新しい財務分析コードがシステムに追加されると、分析コードの有効化が実行されるまで財務分析コードを使用できないことを示すメッセージがユーザーに表示されます。 分析コードの有効化を実行すると、DimensionAttributeValueCombination および DimensionAttributeValueSet テーブルで、データベースのスキーマの変更が実行されます。 スキーマの変更により、各財務分析コードのテーブルに新しい列が追加されます。 財務分析システム プロセス中に、スキーマロックは Microsoft SQL Server によって 2 つのテーブルに配置され、テーブルを更新することができます。 このプロセスが完了すると、テーブルはもはやロックされていません。 仕訳帳が開いたときにこのプロセスが実行されると、デッドロックが発生する可能性があります。 デッドロックが発生した場合、ユーザーはサーバーからメタデータ エラーを受け取る可能性があります。 セッションを最新の情報に更新して、更新されたメタデータを取得できます。 ユーザーが受け取るメッセージ。

  • プロセスが実行されるまで、どの場所でも、財務分析コードを使用することはできません。 これには、勘定構造に追加することが含まれます。
  • スキーマの変更が発生するため、有効化を実行するには、特別な権限である分析コードの有効化権限が必要です。
  • 予定されたメンテナンスまたはダウンタイムの際に、これを行う必要があります。

財務分析コードを追加することは、通常、意図的なビジネス プロセスです。 ユーザー受け入れテストなどのマルチ ユーザー環境またはトレーニング環境がある場合、1 人だけがこのプロセスを試行する必要があります。 2 番目のオプションは、有効化オプション、財務分析コードの再構築 を選択したときに使用できます。

財務分析コードの有効化。

財務分析コードを再構築 オプションは、初期有効化プロセス中予期しない結果が発生した場合にのみ実行されるプロセスであるため、既定で いいえ に設定されます。 財務分析システム 再構成することにより、テーブルにすべての財務分析コードと値がドロップされ、再追加されます。

JP2005099904A - 財務会計システムにおける財務諸表の組替及び調整する方法 - Google Patents

Publication number JP2005099904A JP2005099904A JP2003329844A JP2003329844A JP2005099904A JP 2005099904 A JP2005099904 A JP 2005099904A JP 2003329844 A JP2003329844 財務分析システム 財務分析システム A JP 2003329844A JP 2003329844 A JP2003329844 A JP 2003329844A JP 2005099904 A JP2005099904 A JP 2005099904A Authority JP Japan Prior art keywords financial accounting adjustment financial statements account Prior art date 2003-09-22 Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has 財務分析システム not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.) Pending Application number JP2003329844A Other languages English ( en ) Inventor Toshiharu Hidaka 高 敏 晴 日 Original Assignee Pro Vision Kk プロ・ビジョン株式会社 Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.) 2003-09-22 Filing date 2003-09-22 Publication date 2005-04-14 2003-09-22 Application filed by Pro Vision Kk, プロ・ビジョン株式会社 filed Critical Pro Vision Kk 2003-09-22 Priority to JP2003329844A priority Critical patent/JP2005099904A/ja 2005-04-14 財務分析システム Publication of JP2005099904A publication Critical patent/JP2005099904A/ja Status 財務分析システム Pending legal-status Critical Current

公認会計士の目線で財務諸表を分析の出来るクラウドシステム「Ratio<レシオ>(仮)」を開発します!

【コンセプト】
「Ratio<レシオ>(仮)」では財務諸表をデータベース化し、管理会計の組み換えを加えることで公認会計士での目線での財務諸表分析を支援します。

【こんな課題を解決します】


予算を作成しているけど、予実差異の結果から具体的な経営アクションにつなげられていない
財務データから経営上のリスクや課題を見つけるにはどのような視点で見ればよいかわからない
経営目標に対してどのような指標をKPIにすればよいかわからない
会計データの分析に時間がかかっていてシステム化したい
決算のための会計は行っているが、管理会計に役立てる情報収集ができていない


また、すでにリリースしているクラウド株主管理システム「Shares<シェアーズ>」(https://shares.qurebook.com/)と組み合わせることでより効率的な経営管理が可能になります。
投資家への業績報告等のシーンにおいて「Ratio<レシオ>(仮)」にて財務分析を実施し、「Shares<シェアーズ>」にて投資家に向けて発信することができます。
これによりタイムリーかつ丁寧な業績報告が可能になり、投資家とより強固な関係を作ることで、単に資金面での援助だけでなく投資家のコネクションやアイデア提案といった支援も期待できるようになります。

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。私たちはこの夢の実現を本気で目指しています。

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

三井情報、沖縄銀行に取引可視化システム「CIVA」を導入(共同通信PRワイヤー)

civaimage

三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 三井情報)は、株式会社沖縄銀行(本店:沖縄県那覇市、代表者:山城 正保、以下 沖縄銀行)に、取引可視化システム 「CIVA※1(シーヴァ、以下 CIVA)」を提供し1月より運用開始しました。CIVAは銀行が保持する顧客の入出金データを可視化し、資金状況をもとにした営業活動を支援するシステムです。三井情報は今後、地域金融機関にCIVAの提供を開始します。

CIVAは顧客の資金移動を可視化することで渉外営業を支援する以下の機能を提供します。
① 入出金データを月次集約し、商流の変化を視覚的に表示
② 取引先の入出金データの動きをアラート検知し、提案タイミングやリスク上昇の予兆を通知
③ 融資残高や預金残高を連携させることで顧客の資金移動の流れを月次毎に比較
④ 相手先別の入出金割合をランキング形式で表示
⑤ 蓄積したデータから入出金や残高の推移を提供
⑥ 地域間や業種間の資金の流動量を可視化

※1 「Customer Innovative Visible Assistシステム」の略称
※2 出典:「利用者を中心とした新時代の金融サービス~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(令和元事務年度)」(金融庁) https://www.fsa.go.jp/news/r1/190828.財務分析システム pdf
※3 決算書等の財務情報を分析し、金融機関が融資判断のための資料を作成する財務分析ソリューション
※4 2021年2月15日現在・三井情報調べ

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)はキャッチコピー『ナレッジでつなぐ、未来をつくる』を掲げ、ICTを基軸とした事業戦略パートナーとしてお客様のIT戦略を共に創り、デジタルトランスフォーメーションを支援しています。半世紀にわたり培った技術や知見の結実である“KNOWLEDGE”を活かし、お客様と共に価値を創造する「価値創造企業」として絶え間ない挑戦を続けていきます。
ホームページ: https://www.mki.co.jp

【沖縄銀行について】
株式会社沖縄銀行はウィズコロナ・アフターコロナを見据え、2020年6月に「沖縄みらい元気応援室」を新設し、ファイナンスによる支援だけでなく、ビジネスマッチング、非対面での販路拡大、働き方改革、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取組支援など、事業者さまの新しいビジネスモデル構築に向けサポートしてまいります。
そして、事業者さま並びに全ての沖縄県民と一緒になって沖縄を元気に盛り上げていきたいと考えております。
ホームページ: https://www.okinawa-bank.co.jp

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社
金融営業本部 金融第一営業部
TEL : 03-6376-1114 E-mail : [email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる