の収益源

現物取引手数料

現物取引手数料
auカブコム証券(旧カブドットコム証券)は、ネット証券の中でも歴史ある会社の1つで、三菱UFJフィナンシャル・グループやKDDIといった大手企業の資本を有しています。

現物取引手数料

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、スマホ投資サービス「LINE証券」において、サービス開始から1周年を迎えるにあたり、お得なキャンペーンが続々始動する“「LINE証券」1周年記念キャンペーン”の第2弾として、「現物売買手数料&信用金利・貸株料“3つの0円”キャンペーン」 *1 を8月3日(月)より開始いたしますので、お知らせいたします。

「LINE証券」は、8月20日(木)でサービス開始から1周年を迎えるにあたり、1周年記念としてお得なキャンペーンが続々始動する“「LINE証券」1周年記念キャンペーン”を開催中です。第1弾は7月15日(水)より、総額4億円を用意した「“最大8,000円 *2 もらえる”キャンペーン」( https://line-sec.co.jp/contents/1st/1stanniv.html )を開催し、これまで以上に多くのユーザーにご利用いただいております。まだまだお得に、より多くのユーザーにご利用いただきたいという想いから、続く第2弾は、「現物売買手数料&信用金利・貸株料“3つの0円”キャンペーン」 *1 を開催いたします。

「LINE証券」の現物取引(取引所取引)の買い付け手数料は通常、約定代金に関わらずいつでも無料で、売却手数料のみがかかります。買付手数料と売却手数料のトータルで、業界最低水準 *3 の手数料となっています。今回のキャンペーンでは、現物取引(取引所取引)の売却手数料もキャンペーン期間中は、誰でも何度でも0円でお取引いただけます。また、売買手数料がいつでも0円の信用取引 *4 についても、8月3日(月)から10月30日(金)までの3ヶ月間で発生した信用取引の金利・貸株料を、全額キャッシュバックすることで、“実質0円”で現物取引(取引所取引)と信用取引 *4 をお楽しみいただける特別ご奉仕キャンペーンとなっています。

さらに、8月3日(月)から8月17日(月)の期間限定で、「現物売買手数料&信用金利・貸株料“3つの0円”キャンペーン」 *1 の詳細ページをTwitterにてシェアすると、抽選で10名様にLINE Pay残高10,000円分をプレゼントする、Twitterキャンペーンも同時開催いたします。

すでに「LINE証券」の口座をお持ちのユーザー方はもちろん、口座をお持ちでない方は、第1弾キャンペーンでお得に口座開設し、さらに今回のキャンペーンと併せてぜひ現物取引(取引所取引)および信用取引 *4 をお楽しみください。

■「現物売買手数料&信用金利・貸株料“3つの0円”キャンペーン」 *1 概要

▼概要
1.キャンペーン開始中、すべてのお客様の現物取引の売却手数料が0円になります。
2.キャンペーン開始中、すべてのお客様の信用取引で発生した金利と貸株料を全額キャッシュバックいたします。

▼キャンペーン期間
・2020年8月3日(月)9:00〜2020年10月30日(金)15:00※キャンペーン期間は約定日基準です。

▼キャンペーン対象者
1.証券口座を開設されているすべてのお客様
2.信用口座を開設されているすべてのお客様

▼特典の付与時期
・キャッシュバック金額は、11月下旬を目途にお客様の証券口座へ入金いたします。

■Twitterシェアキャンペーン概要

▼内容
「現物売買手数料&信用金利・貸株料“3つの0円”キャンペーン」 *1 の詳細ページをTwitterでシェアすると、抽選で10名様にLINE Pay残高10,000円分をプレゼントします。

▼期間
2020年8月3日(月)〜2020年8月17日(月)

▼賞品
LINE Pay残高10,000円分

▼参加条件
下記条件①、②を満たしている人
① キャンペーン期間中にLP内のシェアボタンからシェアする
② 「LINE証券」公式Twitterをフォローしている

■LINE証券サービストップ画面:(※スマートフォンでのみ閲覧可能です)
https://lin.ee/c9vIlh6/yvrk
■LINE証券株式会社コーポレートサイト:https://line-sec.co.jp/corp
■LINE公式アカウント: LINE ID:@linesec
■公式サイト:https://line-sec.co.jp/
■公式Twitter:https://twitter.com/linesec_jp
■公式note:https://note.mu/line_sec

■「LINE FX」専用アプリ
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id1492856569
Google play store:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.line_sec.fx
■LINE 現物取引手数料 FX 公式アカウント: LINE ID:@linefx
■LINE FX 公式サイト:https://line-fx.com/
■LINE FX 公式 Twitter:https://twitter.com/linefx_jp
■LINE FX 公式 note:https://note.com/line_fx

■LINE証券株式会社の概要
(1) 名称 LINE証券株式会社
(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者 代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金 400億円(2020年4月10日時点)
(6) 設立年月日 2018年6月1日

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
国内株式等※の相対取引は、市場価格に取引コストを適用した価格でお取引いただきます。
国内株式等の取引所取引は、売付の場合、約定代金に対して最大1,771円(税込み)の取引手数料をご負担いただきます。買付の場合、取引手数料はかかりません。なお、電話による受注の場合は約定代金に対して最大5,500円(税込み)の取引手数料をご負担いただきます。詳細についてはLINE証券の取引ルールをご確認ください。
国内株式等の信用取引にあたって取引手数料はかかりません。ただし、電話による受注の場合は約定代金に対して最大5,500円(現物取引手数料 税込み )の取引手数料をご負担いただきます。また、別途管理費および名義書換料をご負担いただきます。加えて、買付の場合、買付代金に対する買い方金利を、売付けの場合、売付け株券等に対する貸株料および品貸料をご負担いただきます。詳細についてはLINE証券の取引ルールをご確認ください。
投資信託のお申込み(一部の投資信託はご換金)にあたっては、購入手数料(換金時手数料)はかかりません。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価額に対して最大0.5%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、国内投資信託の場合には、信託財産の純資産総額に対する運用管理費用(信託報酬)(最大2.09%(税込み・年率))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。外国投資信託の場合も同様に、運用会社報酬等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。なお、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合があります。

ネット証券、現物株式の取引手数料が安いのは?主要7社を比較

SBI証券

>SBI証券の国内株式の現物取引は、1注文の約定ごとに手数料が決まる「スタンダードプラン」、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」の2種類の手数料が用意されています。とくに1日定額プランは1日100万円まで売買手数料0円で取引できます。

3.楽天証券の現物株手数料

楽天証券の国内株式手数料は、「超割コース」「いちにち定額コース」の2つのコースから選ぶことが可能です。超割コースでは、1回の取引金額で手数料が決まります。さらに超割コースなら取引に応じて楽天ポイントが貯まり、国内株式現物取引手数料は5万円以下の場合、55円からと比較的安価になっています。

4.LINE証券の現物株手数料

LINE証券

LINE証券のサービス開始時は単元未満株取引だけでしたが、2020年5月から1単元単位(100株単位)で売買する現物株取引がスタートしました。

5.DMM株の現物株手数料

DMM株

DMM株は、2018年4月にスタートした国内株のオンライントレードサービスです。国内株式のトレードに特化したネット証券で、売買手数料の安さが強みです。

6.松井証券の現物株手数料

松井証券は、1918年に創業された歴史のある証券会社です。1998年に国内初の本格的なインターネット取引「ネットストック」を開始しました。

7.岡三オンラインの現物株手数料

岡三オンラインは、岡三証券を母体とするネット証券で、トレードツールと手数料の安さが魅力です。岡三オンラインの定額プランの取引手数料は、現物100万円まで株式手数料が0円です。

8.auカブコム証券

auカブコム証券(旧カブドットコム証券)は、ネット証券の中でも歴史ある会社の1つで、三菱UFJフィナンシャル・グループやKDDIといった大手企業の資本を有しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる