FXニュース

取引チャネルを刷新

取引チャネルを刷新
その他、ご意見・ご要望・ご質問などがございましたら、以下のメールアドレス宛にご連絡をお願いします。
IPA 社会基盤センター
DX推進部 運営・経営DX推進グループ
E-mail:

インフォテリア、Handbookのパートナー制度を刷新

Handbookは、モバイルデバイス向け文書管理市場でシェア第1位 ※1 を獲得しているサービスで、700件以上(2014年9月末現在)の企業・団体に導入されています。文書や表計算、プレゼンテーションから画像や音声、動画までのあらゆる電子ファイルをクラウドに保存し、タブレット端末で持ち運んで、指先でめくって表示できるようにするソフトウェアです。一般的なクラウド・ストレージ・サービスやタブレット向けのビューアー・アプリケーションと異なり、閲覧者ごとの配信設定や端末紛失時の情報の漏えいを防ぐための機能、あるいはネットワークに接続できない場所でもファイルを予めダウンロードしておけば表示できる機能など、タブレットをビジネスで活用する上で欠かせない機能が搭載されています。
→ Webサイト handbook.jp/

インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に4,633社(2014年9月末現在)の企業に導入されています。また、パソコン上のデジタル文書を、クラウド経由でiPhone/iPad/Android/Windows 8などのスマートフォン、タブレットに配信するサービス「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料など、あらゆる業務文書をタブレットで持ち歩くツールのスタンダードとして多くの先進企業や公共機関で採用されています。
→ Webサイト www.infoteria.com/

※1 ITR発行「ITR Market View:取引チャネルを刷新 エンタープライス・モバイル管理/スマートアプリ開発市場 2014」
※ Infoteria およびインフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。
※ Handbookはインフォテリアの登録商標です。
※ 本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

日本ユニシスグループ 日経BP社「第10回クラウドランキング」において、 2部門2サービスが「ベストサービス」に選出

日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:黒川 茂、以下 日本ユニシス)とユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰)の日本ユニシスグループは、日経BP社のIT系 取引チャネルを刷新 総合メディアである「日経コンピュータ」と「ITpro」が共同で実施する「第10回クラウドランキング」において、本日、2部門2サービスが「ベストサービス」に選出されました。なお、「ベストサービス」選出は、今回で9回連続となります。

★クラウド基盤サービス(IaaS (注1) /PaaS (注2) )部門

「U-Cloud IaaS Select ® 」(日本ユニシスグループ)
(企業向けエンタープライズ・クラウドサービス)

★特定業種業務向けSaaS (注3) 部門

「TRADEBASE ® for FX」(日本ユニシス)
(外国為替証拠金取引(FX)市場向けSaaS型インターネット取引システム)

■各サービスの概要

「U-Cloud(ユークラウド) IaaS Select」
企業情報システムの基盤となるサーバー、ストレージ、ネットワークリソースを「必要な時に、必要なだけ」利用していただく企業向けエンタープライズ・クラウドサービスです。2008年10月から提供している「U-Cloud ® IaaS」のサービス体系を刷新し、お客さまのニーズに合った、サービスレベル指向型の選べるクラウド「U-Cloud IaaS Select」の提供を、2014年11月から開始しました。

「TRADEBASE(トレードベース)for FX」
日本ユニシスが独自開発した金融商品の総合的なトレーディング基盤「TRADEBASE」をSaaSとして展開しています。急激な取引量増加にも耐える安定的な処理性能に加えて、スマートフォンやタブレットなど取引チャネルの多様化にも対応できる標準的なインターフェースを備え、お客さまが独自サービスを提供しやすいサービス設計になっています。

■第10回クラウドランキングの概要
ベストサービスはベンダー243 社に依頼したアンケート調査から、クラウド関連サービスの仕様を詳しく調べた結果に基づいて選びました。評価は「クラウドらしさ」と「既存システムからの移行のしやすさ」「情報公開の程度」などを重視して一定の基準で実施しました。「ベストサービス」には①クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)、②汎用業務系SaaS、③汎用情報系SaaS、④特定業種業務向けSaaS、⑤パブリッククラウド導入支援サービス、⑥プライベートクラウド構築支援サービス、⑦データセンターの7部門で39サービスを選出しました。

注1:IaaS (イアース:Infrastructure as a Service)
コンピューターシステムを構築および稼働させるための基盤(仮想マシンやネットワークなどのインフラ)そのものを、インターネット経由のサービスとして提供するものです。

注2:PaaS (パース:Platform as a Service)
アプリケーションの開発・実行に必要な環境や機能(メールサーバーやユーザー管理機能など)をサービスとして提供するものです。

注3:SaaS(サース:Software as a Service)
ネットワークを介したオンラインサービスで、お客さまが必要とする機能だけを利用し、それに応じた分の料金を支払うソフトウエアの利用形態のことです。

※U-Cloud、U-Cloud IaaS Select、TRADEBASEは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※その他記載の会社名、商品名およびシステム名は、各社の商標または登録商標です。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進

別ウィンドウで開く

  • 2019年7月に経済産業省が公開した「DX推進指標 取引チャネルを刷新 」の普及啓発を行い、各企業の自己診断結果を収集しています。
  • DX推進指標ベンチマークデータ説明資料

ITシステムに特化した評価指標の策定(プラットフォームデジタル化指標)

「プラットフォームデジタル化指標(評価表)」は,広く活用していただけるように「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス」の条件のもとで公開します。
利用方法の詳細は、上記資料に記載の利用許諾を参照してください。

ITシステム構築のための手引書の作成(DX実践手引書 ITシステム構築編)

  • DXを推進する企業への実践的なガイドラインとして「DX実践手引書」を公開しています。
    DXを推進するための「あるべき姿」、それを実現するための「方法論」からなり、経済産業省のDXレポート2、2.1やIPAによるDX先進企業の調査結果を反映しています。
    本手引書案は、以下の章から構成されています。
    • 第1章:DXを実現するための考え方
    • 第2章:DXを継続的に進めるための考え方
    • 第3章:DXを実現するためのITシステムのあるべき姿
    • 第4章:あるべきITシステムとそれを実現する技術要素
    • DX実践手引書 ITシステム構築編(暫定第2.取引チャネルを刷新 0版)(PDF形式:5.82MB)
    • DX実践手引書 ITシステム構築編 レガシーシステム刷新ハンドブック(PDF形式:2.4MB)
    • DX先進企業へのヒアリング調査 概要報告書(PDF形式:760KB)
    • DXの継続的な取り組み事例に関する調査 概要報告書(PDF形式:5.41MB)

    非競争領域における共通的なプラットフォームの検討

    • 製品やサービスの競争力に寄与しない非競争領域について、業界内外を含めて業務の共通化やシステムの共通化を図り、複数の企業が共同でシステムを構築することで、コストや失敗リスクを下げることを検討します。

    関連リンク

    DXってなんだ

    なぜ今デジタルトランスフォーメーション?

    本件に関するお問い合わせ先

    メールアドレス

    その他、ご意見・ご要望・ご質問などがございましたら、以下のメールアドレス宛にご連絡をお願いします。
    IPA 社会基盤センター
    DX推進部 運営・経営DX推進グループ
    E-mail:

    Yappli、ノーコードのアプリプラットフォームを刷新〜プラットフォームの核となる新CMSをリリース〜

    ■Yappliについて(https://yapp.li/)
    「Yappli」はアプリ開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するアプリプラットフォームです。導入企業は400社を超え、店舗やEコマースなどのマーケティング支援から、社内や取引先とのコミュニケーションをモバイルで刷新する社内DX(デジタルトランスフォーメーション)、バックオフィスや学校法人の支援まで、幅広い業界の課題解決に活用されています。
    《アプリプラットフォーム「Yappli」の6つの特徴》
    ①スピード開発:ノーコードでiOSとAndroidのネイティブアプリを高速開発。
    ②カンタン運用:直感的な操作で、更新可能。プレビューで事前確認もできる。
    ③多彩なプッシュ通知:エリアや属性などターゲットに合わせた多彩なプッシュ配信。
    ④高度なデータ分析:ユーザー行動やアクションに基づきデータ分析が可能。自社データとの統合も。
    ⑤クラウドで進化:年間100回以上の機能改善。最新OSにも即座にアップデート対応。
    ⑥サクセス支援:専門チームが集客や活用方法などを支援し成功へコミット。

    ■株式会社ヤプリについて
    本社 :東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー41階
    大阪支社:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ27階
    福岡支社:福岡県福岡市中央区大名1-1-29 WeWork大名
    代表者 :代表取締役 庵原 保文
    事業内容:アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」の開発・提供
    URL :https://yappli.co.jp

    【Yappliに関するお問い合わせ先】
    株式会社ヤプリ 広報 原田
    MAIL:[email protected] TEL:050-1745-4529

    2016.取引チャネルを刷新 05 新取引システムリリースに関するQ&A

    • Windows 7(32/64bit)
    • 取引チャネルを刷新
    • Windows 8.1(32/64bit)※
    • Windows 10(32/64bit)※
    • ブラウザ:
      Internet Explorer 11.0以上
    • DISK容量:
      アプリ用として200MB以上の空き容量
    • 解像度:
      1024×768以上の解像度
    • CPU:
      Core 2 Duo 2.00Ghz相当以上
    • メモリ:
      32bit OSでは 1GB以上、64bit OSでは 2GB以上
    • 通信環境:
      インターネット常時接続環境
      (光/ADSL/CATV以上のインターネット常時接続環境)
    • フォント:
      メイリオ(必須条件)
      当フォントがインストールされていない場合、アプリケーションが
      起動いたしません。アプリケーション起動時に必要なフォントが
      インストールされていないとの案内が表示された場合は、
      Microsoft WEBページよりメイリオフォントのダウンロード、
      インストールを実施してください。
      Microsoft 取引チャネルを刷新 - 検索「メイリオ」
    • PDF閲覧:
      PDF閲覧ソフトウェアがインストールされていない場合は、以下のボタンよりAdobe Acrobat Readerをダウンロード、インストールしてご利用ください。

      Windows10の環境でAdobe Acrobat Readerをインストールしても四季報やマニュアル(ヘルプ)等のPDFが表示されない場合は、以下の設定をお試しください。
      立花トレードリッチからPDFが表示できない場合

    Q3.新取引システム移行後、証券口座ログイン画面のURLは変更になりますか?また、お気に入りの再登録が必要になりますか?

    • ※「モバイル版(携帯WEB)」は、2021年1月29日でサービス提供を終了いたしました。

    Q4.新取引システム移行後、立花くりっく365ログイン画面のURLは変更になりますか?ユーザーID・パスワードは変更になりますか?

    Q5.新取引システム移行後、証券口座ログイン時の暗証番号は何回間違えると制限がかかりますか?暗証番号を忘れた場合の手続きは?

    Q6.新取引システム移行後、証券口座へ同時に複数のブラウザ/パソコン等、端末でログイン・操作できますか?

    • PC標準WEB取引画面とモバイル版取引画面
    • PC標準WEB取引画面を2画面以上
    • モバイル版取引画面を2画面以上

    【新取引システム移行後】 標準WEB(パソコン版)、携帯WEB(モバイル版)のログイン・・・2時間
    立花トレードリッチ、立花トレード株アプリ・・・無制限
    ※但し、翌朝バッチ処理開始時(午前3:30)セッションが切断されます。

    【新取引システム移行前】
    標準WEB(パソコン版)のログインとストックハウスRichの注文入力・照会・・・2時間
    立花株アプリ・・・24時間
    携帯WEB(モバイル版)のログイン・・・ドコモは2時間、ドコモ以外は30分

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる