Web取引ガイド

レベルや使い方、違いを徹底解説

レベルや使い方、違いを徹底解説

自動運転レベル2(部分運転自動化)の口語的定義は「運転自動化システムが動的運転タスクの縦方向及び横方向両方の車両運動制御のサブタスクを特定の限定領域において持続的に実行。この際、運転者は動的運転タスクのサブタスクである対象物・事象の検知及び応答を完了し、システムを監督する事が期待される」とされている。

自動運転レベルとは?定義・呼称・基準は?


自動運転レベル1(運転支援)の口語的定義は「運転自動化システムが動的運転タスクの縦方向又は横方向のいずれか(両方同時ではない)の車両運動制御のサブタスクを特定の限定領域において持続的に実行。この際、運転者は残りの動的運転タスクを実行する事が期待される」とされている。

■自動運転レベル2:「部分運転自動化」


自動運転レベル2(部分運転自動化)の口語的定義は「運転自動化システムが動的運転タスクの縦方向及び横方向両方の車両運動制御のサブタスクを特定の限定領域において持続的に実行。この際、運転者は動的運転タスクのサブタスクである対象物・事象の検知及び応答を完了し、システムを監督する事が期待される」とされている。

トヨタ:Toyota Safety Sense

Toyota Safety Senseは、高速道路や夜間の走行、駐車・発進・停車など多彩な運転シーンに合わせた予防安全の機能パッケージだ。

レクサス:Lexus Safety System

レクサスに搭載されているLexus Safety Systemは、クルマのさまざまな安全システムを連携し、安全性を高めていくという「結合安全コンセプト」に基づき開発された「予防安全パッケージ」。全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールやレーントレーシングアシスト、レーンチェンジアシスト機能などを備えている。

レクサス:Teammate

レクサスに搭載されているTeammateは、自動運転に対するトヨタ自動車独自の考え方「Mobility Teammate Concept」に基づき開発された、AI技術搭載の高度運転支援技術だ。

「Advanced Drive」では自動車専用道路での速度調整や車線維持、車間維持や分岐などの運転支援が安全に行われ、ドライバーはその間ハンドル操作から解放される。「Advanced Park」は高度駐車支援技術であり、直感的なスイッチ操作で高度駐車支援を行ってくれる。駐車時のアクセルやブレーキ、シフトチェンジなどが全て自動で制御されるという。

日産:プロパイロット
ホンダ:Honda SENSING
スバル:アイサイトシリーズ
マツダ:i-ACTIVSENSE
■自動運転レベル3:「条件付き運転自動化」


自動運転レベル3から自動運転を担う主体は一定条件下で「システム」側に移る。

市販化モデルでは独アウディが「A8」で先陣

市販化モデルにおけるレベル3は、独アウディが2017年に発売したフラッグシップセダン「Audi A8」が先陣を切った。高速道路や中央分離帯のある片道2車線以上の道路で、時速60キロメートル以下の低速で交通が流れている場合に、ドライバーに代わってシステムが全ての運転操作を引き受ける「Audi AIトラフィックジャムパイロット」を搭載可能としている。

日本メーカーではホンダがレベル3搭載車で先陣

レベル3の市販化モデルではアウディのA8が先陣を切ったが、2021年3月にホンダが日本で初めてレベル3の搭載車両として新型レジェンドを発売し、話題となった。この新型レジェンドには国土交通省からレベル3の型式認定を受けた「Traffic Jam Pilot」機能が搭載されている。

中国におけるレベル3車両の先陣は?

中国では、レベル3搭載車の一般市場参入への競争が加速している。中国のEV(電気自動車)スタートアップであるHuman レベルや使い方、違いを徹底解説 Horizonsは、2020年末から生産を開始する完全電動車両「HiPhi X」に自動運転レベル3を搭載すると豪語している。2017年に創業したHuman Horizonsの自動運転技術については未知数な部分も多いが、OTA(Over The Air)によるソフトウェアアップデートで、最新のソフトウェアを保てることが特徴のようだ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる