取引プラットフォーム

バイナリーオプションってなあに

バイナリーオプションってなあに
【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。 バイナリーオプションってなあに
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

バイナリーオプションってなに? 新規制でこう変わる

通常のFXでは、為替がどれくらい動いたかによって、損益の額も違ってきます。予想に反して大きな値動きがあったときは、当然ですが損失も大きくなります。バイナリーオプションでは、為替が大きく動いても、小さく動いても、基本的に損益の額は変わりません。一見、大損はしないような取引に思えますが、予想が外れると投資資金が全額没収されるという点は、やはりギャンブル的な要素を強く感じさせます。 確率的には50%で的中し、当たるとお金が2倍弱になる。この2倍弱という倍率がポイントで、たとえば1.8倍のペイアウトを設定している業者を利用した場合、50%の的中率では投資を重ねるごとに損失が膨らんでいきます。当たる確率が半々なら、ペイアウトは2.0倍でチャラということになりますが、僅かな倍率の差から生まれる損失が積み重なり、FX業者にとって大きな利益となるわけです。 もちろん、為替はさまざまな要素によって変動するので、超短期の取引でも、ある程度値動きの方向を読むことはできるかもしれません。実際に、的中率が50%を超す例も多いといいます。しかし、各社が公表している6月のバイナリーオプションの取引実績を見ると、払い戻し率はいずれも100%を切り、損失が発生した口座の数は、約7割から8割にのぼります。裏を返せば、利益が出ている口座、つまり儲かっている人は、全体の2割から3割にすぎないということです。

ギャンブル性を低減する自主規制

こういった面から「バイナリーオプションはギャンブル性が高い」という指摘があり、金融先物取引業協会は自主規制をおこなうことを公表しました。 自主規制のひとつに、数分後といった超短期の騰落を予想させるのをやめ、バイナリーオプションの購入開始から損益が確定する判定時刻までの時間を、2時間以上にすることが挙げられています。この2時間の間に、ある程度の負担でポジションを解消することが可能になれば、投資金額を全額没収されるような事態は減るでしょう。また、ホームページなどを通じて、バイナリーオプションの取引に必要な知識を学習できるコンテンツも提供される予定です。 新規制は8月1日から適用開始となりますが、既存業者については11月30日まで「経過措置期間」が設けられており、期間中に対応していくことになりそうです。 (Sherpa/編集プロダクション)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる