FXのおすすめ勉強法

レンジとは

レンジとは
2018.05.レンジとは 23 家電

予熱と余熱の使い分けできてる?意外と知らないオーブンレンジの正しい使い方

[作り方]
1.じゃがいもは皮を剥いて、ラップをして600W電子レンジで3〜4分温め、柔らかくなったら2cm角に切ります。
2.フライパンにオリーブオイルを入れて温め、玉ねぎがしんなりするまで炒めたあと、(1)・うすくちしょうゆ・こしょうを入れます。
3.鍋にバターを溶かしてから小麦粉を入れて炒め、さらっとしてきたら火を止めて牛乳を加え、泡立て器で混ぜます。中火にかけて木べらで底からかき混ぜてとろみをつけたあと、塩・こしょうで味を調えて濃いめのホワイトソースを作ります。
4.グラタン皿にバターを少々塗り、(2)と(3)の半量を合わせ入れたあと、残りの(3)をかけてチーズを散らします。
5.180℃のオーブンで10分ほど焼き、焦げ目が付いたら完成です。

オーブンレンジの「予熱」を使った肉料理レシピ

[材料]
○鶏もも肉:150g ○じゃがいも:1個 ○玉ねぎ:1個 ○完熟トマト:1個
○酒:小さじ2 ○砂糖:小さじ1/2 ○こしょう:お好みで
○やさしお(味の素商品):小さじ1/4 ○味の素70g瓶(味の素商品):7ふり
○ドライローズマリー:小さじ2 ○にんにくのみじん切り:1片分
○赤唐辛子の輪切り:1本分 ○AJINOMOTOオリーブオイル:小さじ1

[作り方]
1.じゃがいもは食べやすい大きさに切って茹でておき、玉ねぎはくし形に切り、トマトは8等分に切ります。オーブンは180℃に「予熱」しておきます。
2.鶏肉は一口大に切りビニール袋に入れ、酒・砂糖・やさしお・味の素を加えてよく揉み込んだあと、ドライローズマリー小さじ1をすり込みます。
3.フッ素樹脂加工のフライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくのみじん切り・赤唐辛子の輪切りを入れて炒め、香りがでたら玉ねぎを加えてアメ色になるまで炒めます。
4.耐熱皿に炒めた玉ねぎを敷き、(2)・じゃがいも・トマトを散らし入れ、ドライローズマリーを小さじ1ふりかけ、先ほど予熱しておいた180℃のオーブンで20分ほど焼き、お好みでこしょうをふって完成です。

おやつにもピッタリ! オーブンレンジを使ったお菓子レシピ

[材料]
○ロイヤルバターロール(山崎製パン商品):1個 ○きなこ:小さじ1
○ココナッツオイル:小さじ2と1/4 ○グラニュー糖:小さじ1

[作り方]
1.湯煎で液体にしたココナッツオイルときなこをボウルに入れ、混ぜ合わせます。
2.天板にクッキングシートを敷き、パンを並べてオーブンを100℃に設定して15分から焼きします。
3.(2)に(1)を塗り、グラニュー糖を均等にふりかけ、さらにカリッとするまで15〜20分ほど焼いたあと、冷まして完成です。

※データは2019年10月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

オーブンレンジで省エネできる?電子レンジとの違いや選び方のコツも

バス・トイレ

2021.09.08 家電

バス・トイレ

2021.08.25 家電

バス・トイレ

2021.08.11 家電

バス・トイレ

2021.07.07 家電

バス・トイレ

2021.06.23 家電

浴室暖房乾燥機 ガス式 VS 電気式!

バス・トイレ

2021.05.26 家電

バス・トイレ

2021.05.12 家電

バス・トイレ

2021.01.13 家電

バス・トイレ

2020.10.21 家電

バス・トイレ

2020.05.13 家電 レンジとは

バス・トイレ

2020.03.25 家電

バス・トイレ

2020.01.15 家電

バス・トイレ

2019.12.25 家電

バス・トイレ

2019.09.25 レンジとは 家電

バス・トイレ

2019.08.08 レンジとは 家電

バス・トイレ

2019.06.05 家電

バス・トイレ

2019.04.17 家電

バス・トイレ

2019.01.09 家電

バス・トイレ

2018.10.03 家電

バス・トイレ

2018.09.19 家電

バス・トイレ

2018.レンジとは 07.04 家電

バス・トイレ

2018.06.20 家電 レンジとは

バス・トイレ

2018.05.23 家電

バス・トイレ

2018.02.21 家電

バス・トイレ

2017.12.15 家電

バス・トイレ

2017.11.30 家電

バス・トイレ

2017.11.02 家電

バス・トイレ

2017.10.11 家電

バス・トイレ

2017.08.23 家電

バス・トイレ

2017.08.03 家電

バス・トイレ

2017.06.07 家電

レンジとは

-----------

-----------

-----------

-----------

アツアツ245

電波の一種であるマイクロ波を用いる加熱方法です。
電子レンジでご飯があたたまることがまさにマイクロ波加熱。みなさまの身近な存在でお手軽 な加熱方法ですが、じつはまだ解明されていない領域のある奥深い加熱方法です。
そんなマイクロ波加熱について紹介します。

加熱方法にはいくつか種類があります。
マイクロ波加熱と他の加熱方法の
長所と短所をご紹介します。

そもそもマイクロ波ってなんだ?
みえるの?匂いは?なにか感じるの?
マイクロ波の基本的な情報をご紹介します。

熱伝導

対流

輻射

熱伝導

熱源でフライパンや鍋を温めて、そこから伝わる熱で物を温める加熱方法です。
熱伝導の加熱方法は『フライパン』を使った加熱以外にも床暖房, 使い捨てカイロなども熱伝導ということになります。また熱源にはガスコンロの他にIHや電熱線を使うこともあります。

長所 シンプルフライパンや鍋などの道具があれば、それを火などの熱源にかけるだけのシンプルな方法です。
安価簡単な構造だから安価に加熱することが出来ます。
短所 効率が悪いフライパンや鍋を経由して加熱するので、熱源からの熱が逃げやすく、物に伝導するまでに熱が失われてしまいます。
不均一な加熱熱源に近い場所と遠い場所で、熱の伝導具合が異なるので、均一な加熱が出来ません。

対流

ヒーターで熱した高温の空気を対流させることで加熱する方法で、物を油で揚げるのと同じ状態にすることが出来ます。

ヘアードライヤーやエアコンも同じ種類の加熱方法となります。

長所乾燥が得意物の周辺を熱風が対流するので、ヘアードライヤーで髪を乾かすのと同様に物を乾燥させることが出来ます。
短所温度コントールが困難熱した空気を経由して加熱するので、精確な温度設定をすることは困難です。

輻射

マイクロ波を照射することで物質の分子を振動させて、その摩擦熱で物の温度を上昇させる加熱方法です。

暖房器具に使われているハロゲンヒーターも輻射による加熱方法です。

長所加熱が速い急速加熱で加熱開始後すぐに温度上昇するので、短時間で加熱することが出来ます。
内部まで
加熱出来る
物の中に含まれる水分を温めるので外部と同じように内部まで温めることが出来ます。(内部加熱)
精密な温度
コントロール
物自体の温度をコントロールすることが出来るので、精確な温度調整が可能です。
短所構造が複雑マイクロ波を発生させるマグネトロンや電子回路が必要なので構造が複雑になってしまいます。

マイクロ波は電波のひとつです。
電波は空間を伝わる波動なので、直接目で見ることも触ることもできません。もちろん匂いもありません。 しかし、テレビ・ラジオ放送(地上波/衛星)から、携帯電話の通信に至るまで現代の生活には欠かせないものとなっています。
マイクロ波(300MHz~3THz)の一般に広く知られている用途は電子レンジです。
反対に身近にありながら携帯電話やGPS、地デジ等の通信にマイクロ波が使われていることはあまり知られていません。
下記のように電波は波長によって呼び名や用途が異なります。
電子レンジに使用されるマイクロ波は、UHF(極超短波:レンジとは 300MHz~3GHz)と呼ばれる帯域です。

レンジとは レンジとは レンジとは
区 分周波数主な用途
マイクロ波
以外の電波
極超長波(ELF,SLF,ULF) 3~3000Hz地表通過/水中無線(鉱山/潜水艦通信)等
超長波(VLF)3~30kHzIH調理器、水中無線(対潜水艦通信)等
長波(LF) 30~300kHz電波時計(標準電波)、長波ラジオ放送、無線(鉄道誘導,航空/船舶無線)等
中波(MF) 300~3000kHz中波ラジオ放送、無線(船舶気象通報,航空/海上無線)等
短波(HF) 3~30MHz短波ラジオ放送、無線(船舶,ラジコン,トランシーバー玩具)等
超短波(VHF) 30~300MHzFMラジオ放送、地上アナログテレビ放送、無線(アナログ電話子機)等
マイクロ波極超短波(UHF) 300~3000MHz電子レンジ、テレビ放送(UHF、地デジ)、無線(携帯,PHS,GPS,無線LAN)等
センチメートル波(SHF) 3~30GHz衛星(BS・CS)テレビ放送、ETC、無線(衛星通信,無線LAN[5GHz帯])等
ミリ波(EHF) 30~300GHzレーダー、プラズマ診断、電波望遠鏡(ミリ波観測)、無線(衛星通信)等
サブミリ波(SHF) 300~3000GHz非破壊検査、電波望遠鏡(テラヘルツ波観測)等

マイクロ波とは、300MHz ~ 300GHz (波長=0.1 ~ 1m) の周波数の電磁波を指します。
マイクロ波は主に無線通信用に利用されているのですが、無線通信の目的以外で利用できる周波数としてISMバンドが割り当てられています。
電子レンジや弊社マイクロ波装置は、割り当てられたISMバンドのひとつである周波数2.45GHz (波長=約12cm) のマイクロ波を加熱のために利用した装置です。

電子レンジ、マイクロ波装置による加熱は、マイクロ波が誘電体と直接作用して発熱する誘電加熱です。誘電加熱には急速加熱、内部加熱、選択加熱の特長があります。
ご家庭で冷やご飯を温めるケースを例にとって誘電加熱の特長について考えましょう。
次のグラフは、容器に入れた冷やご飯を電子レンジとオーブンで120秒間、温めた時のご飯の中心付近(内部)と表面(外部)の温度変化を比較したものです。

電子レンジVSオーブン

比較図

コップ一杯の水の中には、10の24乗(一抒(じょ)と言うらしい)個程度の水分子(H 2 O)が有りますが、その一個を見てみると、プラス(+)とマイナス(-)の電気的な偏りが有ります。
電気的な偏りと、偏りの様子を矢印で示した、水分子のイメージは下図の様になります。

原理

原理

原理

水分子が電気的な偏りを持っている事、マイクロ波がプラスとマイナスが高速で変化している事、この2つの条件がマイクロ波加熱のキーとなります。
水分子にマイクロ波が照射すると、電気的な偏りによって、マイクロ波のプラスとマイナスの向きに追従した動きを水分子はすることになります。
下図は単純なモデルで、水分子1個にマイクロ波が照射され、マイクロ波の向きに水分子が従う様子です。


マイクロ波がコップの水に照射されると、それまで自由な方向を向いていたコップの水は、高速で変化するマイクロ波のプラスとマイナスの向きに従おうと向きを変えようとします。 レンジとは
コップの中には大量(10の24乗個)の水分子が有り、満員電車の状態です。
さらに水分子は高速で向きを変える激しい動きをしているので、水-水の摩擦熱によって“おしくら饅頭”の要領で熱が発生します。

「電子レンジの上手な使い方と注意点」加熱方法や種類の違いも解説

「電子レンジの上手な使い方と注意点」加熱方法や種類の違いも解説

SOCIAL MEDIA Lideaでは各種SNSでも
最新情報をお届けしております

MAIL MAGAZINE Lideaの記事更新情報や、お得なキャンペーン情報を
いち早くメールマガジンでお届けします!

Lideaに登録して
いいね!すると
ポイントがたまる!

コメント投稿を受付けました。
コメントは、検閲後、
「みんなのコメント」に反映されます。

下記のコメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを削除しました。

「いいね!」でLideaポイントをGET!
ためたポイントをつかうと
プレゼントに応募できます!
ぜひご登録ください。

【お口のケア】予防歯科のためのセルフケアをはじめよう

おすすめプレゼント

【お風呂】毎日のお風呂習慣をもっと快適に

【キッチン】夏のキッチン掃除をもっとラクに

【衛生ケア】大切な家族のために

  • 記事へのコメント
  • ログイン
  • Lidea診断コンテンツ など

「いいね!」でLideaポイントをGET!
ためたポイントをつかうと
プレゼントに応募できます!
ぜひご登録ください。

【お口のケア】予防歯科のためのセルフケアをはじめよう

おすすめプレゼント

メラミン食器は電子レンジで使えるの?

ブログ

さて、先日お客様から「メラミン食器は電子レンジで使用できますか?」というお問い合わせをいただきました。結論から申し上げると、残念ながらメラミン食器は電子レンジでは使用できません。なぜかというと、食器自体が熱せられ、焦げたりヒビ割れができて、最悪の場合破裂することもあるからです。
電子レンジはもともと、マイクロ波という電磁波を発生させ、食材に含まれる水等の分子を振動させることによって温度を上昇させ、食材を内側から温めるものです。外側から加熱する通常の調理(焼く・煮る・蒸すなど)とは全く異なる仕組みになっています。そのため、耐熱性があることと電子レンジで使用できるかどうかは別の問題となってきます。

困った女性


また、お客様によってはホルムアルデヒドが溶けだすからレンジで使用できないのでは?と思っている方もいらっしゃるでしょう。確かに、メラミンにはホルムアルデヒドが含まれています。そして、加熱によりごく微量ですが溶けだすことが確認されています。
このことについては東京都健康安全研究センターが2010年研究年報第61号で調査結果を公表しています。(インターネット上で閲覧できますのでご興味のある方は調べてみて下さい)
それによりますと、食器洗浄機による高温のすすぎ水使用や乾燥操作によっても電子レンジ同様に熱が加えられ、メラミン樹脂が劣化し、ホルムアルデヒドの溶出量が増加します。逆に、主原料であるメラミンの溶出量は食器洗浄機で繰り返し使用することにより減少するそうです。電子レンジ、食器洗浄機をそれぞれ使用した場合についてメラミンの溶出量を測定し、それが食品に移行した場合の量についても試算がされていますが、定量限界値の半分以下であり、人体には害のない量しか溶けださないそうです。
また、ホルムアルデヒドについては、魚や野菜などごく普通の食品の中に、メラミン食器から流出する量の何倍もが含まれています。国の食品衛生法では、食器のホルムアルデヒドの含有量を4マイクログラム/ml以下にするよう定めていますが、メラミン食器には0~2マイクログラム/mlしか含まれておらず、その安全性が確認されています。また、仮に経口摂取したとしても、短時間で水と二酸化炭素に分解され体外に排出されるため、蓄積されることはなく無害だそうです。(メラミン食器製造メーカー発表による)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる