為替ニュース

バイナリー オプション クーリング オフ

バイナリー オプション クーリング オフ
  1. 訪問販売(キャッチセールス、アポイントメントセールス等を含む):8日間
  2. 電話勧誘販売:8日間
  3. 連鎖販売取引:20日間
  4. 特定継続的役務提供(エステティック、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービス):8日間
  5. 業務提供誘引販売取引(内職商法、モニター商法等):20日間
  6. 訪問購入(業者が消費者の自宅等を訪ねて、商品の買い取りを行うもの):8日間

2013年7月18日に一般社団法人金融先物取引業協会が「個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則」等を制定しました(完全施行は2013年12月1日)。
同規則等では、バイナリーオプションの取引期間は2時間以上に設定し、取引期間中は原則として自由に取引できるようにすることが定められています。
また、判定時刻の間隔を原則として2時間以上とすることや、FX取引と同様にアスク価格(お客様の買付価格)とビッド価格(お客様の売付け価格)を同時に提示すること(2WAY方式)などが規定されています。

最低取引時間

取引期間中の売買・ポジション解消機会の提供

2WAY方式による価格提示

価格の表示および決定方法

あらかじめ定められた権利行使価格に基づき、オプション価格を表示し、お客様と取引します。
取引期間開始後のオプション価格は、判定時刻までの間、原資産となる通貨ペアの価格変動やオプションの残り時間などを反映して変動します。
なお、取引画面などにおいて、ペイアウト倍率(ペイアウト額をオプション価格で除した値)を中心に表示し、お客様と取引することは禁止されています。

取引中断のご報告

取引結果の公表

クーリングオフ

課税について

オプションのリスク

買い手のリスク

売り手のリスク

プレーンオプションのリスク

買い手のリスク

売り手のリスク

バイナリーオプションのリスク

買い手のリスク

売り手のリスク

その他のリスク

『選べる外為オプション』取引に係る留意事項

『選べる外為オプション』は期日のある取引です。また、相対取引であるため、お客様全体のオプション購入金額とペイアウト受取額の差額は当社の損益となります。
『選べる外為オプション』取引では、合理的な投資判断をもって取引を行うために、オプション取引の理論的根拠等の専門知識が必要です。
また、『選べる外為オプション』でのお取引では、以下の場合には投資元本をすべて失うリスクがあります。

・満期まで保有したオプションが、以下の判定結果となった場合
ラダーコールオプション:判定価格<権利行使価格
ラダープットオプション:判定価格≧権利行使価格

【クーリングオフ】バイナリーオプションでも適用/返金されるのか?

【クーリングオフ】バイナリーオプションでも適用/返金されるのか?

バイナリーオプション基礎知識集

バイナリーオプション基礎知識集記事一覧はこちら

この記事では【 バイナリーオプションでもし詐欺業者等に騙されたから”クーリングオフ”バイナリー オプション クーリング オフ が使えないのか 】解説している記事になります。

koara

koara

クーリングオフとは?

クーリングオフとは?

特定商取引法におけるクーリング・オフができる取引と期間

  1. 訪問販売(キャッチセールス、アポイントメントセールス等を含む):8日間
  2. 電話勧誘販売:8日間
  3. 連鎖販売取引:20日間
  4. 特定継続的役務提供(エステティック、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービス):8日間
  5. 業務提供誘引販売取引(内職商法、モニター商法等):20日間
  6. 訪問購入(業者が消費者の自宅等を訪ねて、商品の買い取りを行うもの):8日間

通信販売には、クーリング・オフ制度はありません。
返品の可否や条件についての特約がある場合には、特約に従うことになります。
特約がない場合には、商品を受け取った日を含めて8日以内であれば返品することができますが、その場合、商品の返品費用は消費者が負担します。

普通に取引しただけではクーリングオフは不可能でしょう

普通に取引しただけではクーリングオフは不可能でしょう

業者側に何も問題がなく、なおかつ自分の意思で取引して【 思うように勝てないから返金して欲しい! 】というのは、間違いなく通りません。

バイナリーオプション(BO)業者側に問題があれば可能性あり

バイナリーオプション(BO)業者側に問題があれば可能性あり

入金した業者側が運営をやめる事になった 】なんて場合であれば、確実に返金に応じてもらえるでしょう。

詐欺ツールの購入であれば弁護士に相談するのがおすすめ

詐欺ツールの購入であれば弁護士に相談するのがおすすめ

現在も詐欺手法は存在しているため、【 絶対に勝てるツール! 】なんて宣伝は絶対に無視すべきです!

もし【 ツール購入後に相手の指示通りに取引した 】場合は違法行為も含まれるので、弁護士に相談しながら返金手続を進めるといいでしょう。

バイナリーオプションのクーリングオフまとめ

記事まとめ


やはり調べてみると、バイナリーオプション業者で取引を行うだけではクーリングオフの適用は難しいかもしれません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる