トレーダーが解説

リスク管理の取組み

リスク管理の取組み

【終了】【4月25日から5月22日】リバウンド警戒期間における取組 質問と回答

A6: 陰性の検査結果は、医療機関や衛生検査所等の検査機関で発行される、PCR検査や抗原定性検査の結果通知書等で確認してください。書類の形式については、紙の結果通知書等(コピー可)のほか、検査機関から送付された結果を通知するメールの画面など、種類は問いません。
事業者の皆様のほうで、実施しやすい方法・形式、利用者の方とトラブルにならないような方法・形式で確認していただければ結構です。
なお、「本⼈確認」についても、事業者の皆様の取組として、必要に応じて、マイナンバーカード、運転免許証、⾝分証明証、健康保険証等を確認する方法などが考えられます。

Q7:認証店において、同一グループの同一テーブルへの入店案内を9人以上 、滞在時間を2時間超 とする場合、確認する陰性証明書等の有効期限はあるか。

・PCR検査等(※LAMP法等の核酸増幅法、 抗原定量検査を含む):検体採取日(検体採取日が不明な場合は検査日)の3日後まで
・抗原定性検査:検体採取日(=検査日)の翌日まで

Q8: 認証店において、同一グループの同一テーブルへの入店案内を9人以上、滞在時間を2時間超とする場合、陰性の検査結果は8人を超えた部分の来店者のみ確認すればよいのか。

Q9: 認証店において、同一グループの同一テーブルへの入店案内を9人以上、滞在時間を2時間超とする場合、12歳未満の児童についても陰性の検査結果の確認が必要か。

Q10: 認証店において、グループ全員の陰性の検査結果を確認し、同一グループの同一テーブルへの入店案内を9人以上、滞在時間を2時間超としたい場合、「対象者全員検査 実施店舗」の登録やステッカーの貼り付けは必要か。

( 4月25日 からの「リバウンド警戒期間」においては、同一グループの同一テーブルへの入店案内を8人以内 、滞在時間を2時間以内 とする( 全員の陰性の検査結果を確認した場合は、人数、利用時間の制限の対象外 )よう協力をお願いするものであり、3月21日までの「まん延防止等重点措置期間」で法に基づき要請していた人数制限を緩和する「対象者全員検査」制度とは異なります。)

リスク管理の取組み

We believe that climate change is a factor affecting the planet, our activities, our customers and our supply chain.
We will promote リスク管理の取組み climate change measures throughout the company and strive リスク管理の取組み to enhance the quality and quantity of information disclosure based on the recommendations of the TCFD (Task Force on Climate-related Financial Disclosures).

Governance

To manage risks related to the global environment, including climate change, リスク管理の取組み SMK has established the Environmental Conservation Committee to oversee and strengthen environmental protection activities throughout the Group.
Environmental Management

The committee meets quarterly and reports to the CSR Committee, a subcommittee of the Board of Directors and the Executive Committee, which is chaired by the President and Representative Director. The Environmental Conservation Committee is chaired by the Vice リスク管理の取組み President of the Environmental Division and consists of representatives from divisions, Works, and other related departments. The リスク管理の取組み Environmental Conservation Committee manages greenhouse gas and waste emissions, and works to share and laterally spread information on energy conservation and waste reduction measures within リスク管理の取組み the Group.

In 2021, the "Carbon Neutrality Task-Force" was established as a subordinate organization of the Environmental Protection Committee to strengthen cooperation on climate change リスク管理の取組み measures within the Group, especially among Works and with the Group headquarters.

Strategy (Risks/Opportunities)

The Group's risks and opportunities related to climate change are described below.
For scenario analysis, we will confirm detailed information and make estimates based on it リスク管理の取組み to enhance our analysis of risks and opportunities.

●Risks


- Investment burden of high-energy efficiency equipment and renewable energy
power plants.
- Impact on production activities of energy shortages due to the sudden change
in direction to stop the use of リスク管理の取組み fossil fuels, and increased electricity costs.
- Greater obligation to reduce greenhouse gas emissions: Increased electricity
costs リスク管理の取組み リスク管理の取組み due to use of renewable energy menus.
- Changes in market/customer behavior: Decline in revenue due to inability
to keep up with changes in market/consumer リスク管理の取組み リスク管理の取組み preferences.
- Decrease in credit options and increased prices due to reduction of
greenhouse gas emission リスク管理の取組み quotas in line with carbon neutrality
progression.


- Damage to production sites: Decrease in income due to reduced production
capacity.
- Increased costs due to impact on employees (health, safety, etc.).

●Opportunities

リスク管理の取組み
- Reduce greenhouse gas emissions and electricity costs and strengthen
resilience by owning renewable energy power plants.
- Reduce greenhouse gas emissions through the use of highly energy-efficient
equipment and promotion of energy-saving activities.リスク管理の取組み


- Increase revenues by developing and offering リスク管理の取組み products for low-carbon society
and markets. (Renewable energy, telework, EVs, bicycles, etc.)

Risk management

Risk management related to climate change is handled by the Environmental Conservation Committee, which is under the umbrella of the Board of Directors, the Executive Committee, and the リスク管理の取組み CSR Committee.

●To address the aforementioned risks, the company has implemented
the following measures

- Promote energy conservation リスク管理の取組み activities (investment in high-efficiency
equipment, operational improvement activities).
- リスク管理の取組み Promote possession of renewable energy power plants.
- Promote the development and provision of products aimed at a low-carbon
society (environmentally-friendly products).
- Decentralization and optimization of production sites.

●Environmentally-friendly products

In order to develop products for a low-carbon society, the Company has established its own standards for environmentally conscious リスク管理の取組み design in accordance with the ministerial ordinances of the Ministry of Economy, Trade and Industry.
Specifically, they are largely divided into four categories.

1. Energy-saving リスク管理の取組み and high-efficiency products with reduced power consumption
and リスク管理の取組み standby power, and improved durability performance.
2. Resource-saving リスク管理の取組み products that are smaller, lighter, thinner, and have リスク管理の取組み fewer
components.
3. Environmentally friendly products that use recycled materials,
easy to disassemble and repair, solderless, plating-free, etc.
4. Reduction of the load on the manufacturing process, including reduction of
input materials and ease of reuse.

In addition, products used in energy management, renewable energy, energy-saving home appliances, and bicycles are also positioned as products that contribute to リスク管理の取組み the environment, and we aim to contribute to these markets.

Targets and Indices

Each year, we set management リスク管理の取組み indices (environmental indices) related to the environment in リスク管理の取組み order to contribute to climate change countermeasures and business cycles.
The environmental indices are CO2 emissions and waste emissions, which are indicated in terms of total emissions and emissions per unit of production value, respectively. The results are published annually on our website.
Environmental Preservation

In the future, we will work to disclose the occupancy of sales of environmentally friendly products and calculate CO2 emissions in the supply chain.

6月は環境月間です ~みんなで環境を守る取組みを実践しましょう!~

国においては、環境基本法に定められた6月5日の「環境の日」を中心とする6月の一か月間を「環境月間」として設定し、全国各地で様々な行事を行います。
本県でも、6月を「熊本県環境月間」、6月第1日曜日を「熊本県民環境美化行動の日」と定め、様々な取組みを行うことで、県民一人ひとりの環境問題への理解促進、日々の暮らしの中での環境保全行動の促進を図ります。
県民や各種団体の皆様におかれましても、積極的な取組みをお願いいたします。

令和4年度(2022年度)熊本県環境月間等の概要

【熊本県環境月間】
令和4年(2022年) 6月1日(水曜日)から
令和4年(2022年) リスク管理の取組み 6月30日(木曜日)まで

環境月間における取組み

【重点的取組み】
・地球温暖化や気候変動の現状の理解、必要な取組みの周知・実践
・「2050年県内CO₂排出実質ゼロ」に向けた取組促進

・一斉清掃活動(河川や海岸を含む)
・自然観察会等自然に親しむ野外活動
・講演会、シンポジウムなどの開催や、SNS等を活用した情報発信の強化による意識啓発
・展示会や説明会による知識の普及
・リデュース・リユース・リサイクルの取組促進
・廃食油回収 リスク管理の取組み
・食品ロス削減に向けた取組み促進
・飼養動物の愛護と適正管理の普及啓発活動
・環境保全への貢献に関する表彰

くまもとゼロカーボン行動ブックはこちらをご覧ください

ゼロカーボンくまもと大作戦 WEB講座はこちらです

このページに関するお問い合わせ先

環境立県推進課 環境計画推進班
〒862-8570 熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
(行政棟 リスク管理の取組み 新館 5階)
Tel:096-333-2266 Fax:096-383-0314 メールでのお問い合わせはこちら

<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

【開催】夏山のリスクマネジメント講習会 in finetrack TOKYO BASE

尚、イベント開催にあたりまして下記の取り組みを行います。
〇安全・安心への取り組み
・ご来店の際は、マスクの着用をお願いします。
・ご来店の際に検温をさせていただきますのでご協力くださいませ。
・発熱、風邪症状があり、体調に不安のある場合は、ご来店をお見合わせいただきますようお願いします。
・常時外気を取り入れ、換気促進の強化をします。
・アルコール消毒液を設置しています。
・店内の手すり、ドアノブなど共有部分の定期的な消毒を実施しています。
・スタッフの健康管理については十分留意しています。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますようお願します。

〇講師紹介
平川 陽一郎 リスク管理の取組み 氏
(finetrack TOKYO BASE・HIBIYA HUT ゼネラルマネージャー)/ マウンテンガイド協会会長、日本山岳ガイド協会危急時対応技術指導員
高校・大学の山学部で本格的な登山を学び、北アルプスや谷川岳を中心に国内外の山々でクライミングを行なう。卒業後は登山業界に入り、複数社の登山用品店で店長を務める。その後、ガイドとして独立。現在は、(株)finetrack直営店 TOKYO BASEとHIBIYA HUTを拠点に登山技術講座も数多く開催している。並行して、日本山岳ガイド協会正会員のマウンテンガイド協会会長、ガイド協会の危急時対応技術指導員、日本山岳会 埼玉支部国内山行委員や登山クラブ「やま塾」の代表として安全登山関係の啓発活動を行っている。

パーソルホールディングスのコンプライアンスは「心に訴えかける」活動

本稿のテーマは、自発的にコンプライアンスに取り組む企業風土(「ジブンゴトの企業風土」)をどうやって創るのかです。今回は、コンプライアンス活動における企業風土づくりの一例として、パーソルホールディングス株式会社(以下「パーソル」)の取り組みについて、同社グループGRC本部 GRC部 リスク・コンプライアンス室の沼田優子さん、上司のSさん、同社グループコミニケーション本部 広報室の山本千里さんに聞きました。

聞き手・書き手:三浦 悠佑弁護士(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業)
2006年弁護⼠登録。⼤⼿国際海運会社にインハウスローヤーとして出向し、法務・コンプライアンス機能強化プロジェクトに従事した経験を基に、組織論やマーケティングの視点を取り⼊れた企業コンプライアンスプログラム(企業不祥事予防策)を提供している。

感情に訴えかけるコンプライアンス活動

コンプライアンスが、“ただしい” から “たのしい” になるといいと思っています。(沼田さん)

インナーブランディングとコンプライアンス活動

インナーブランディングとは

インナーブランディングとしての「感情に訴えかける」コンプライアンス活動

Re:houmuで沼田さんの “研究” を存分に語っていただいたところ、他の参加企業から大きな反響がありました。 ↩︎

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • 競争法・独占禁止法
  • 訴訟・争訟

2006年弁護⼠登録。投資詐欺会社の破産管財⼈業務、製品データ偽装事件、⾦融商品の不適切販売事件等の⼤型不祥事対応及び社内調査を多数担当。⼤⼿国際海運会社にインハウスローヤーとして出向し、法務・コンプライアンス機能強化プロジェクトを3年間従事した経験を基に、組織論やマーケティングの視点を採り⼊れた企業コンプライアンスプログラム(企業不祥事予防策)を提供している。⼀橋⼤学商学部商学科卒(国際企業戦略論、組織論、交渉論)、日本マーケティング学会員、日本ブランド経営学会監事、週刊エコノミスト 「企業の法務担当者が選ぶ『頼みたい弁護士』13選」The リスク管理の取組み Best Lawyers in Japan 2020~2021 Corporate Governance & Compliance Practice受賞。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる