最新情報

チャートで練習問題

チャートで練習問題
以前発表したように、ページ エクスペリエンスの更新では、3 つのウェブに関する主な指標、LCP、FID、CLS(および CLS に対する チャートで練習問題 Chrome の最近の修正)を含む、いくつかのページ エクスペリエンス シグナルが考慮されます。さらに、Google 検索のトップニュース カルーセル機能は、Google ニュースのポリシーを遵守している限り、すべてのニュース チャートで練習問題 コンテンツを含むように更新されます。つまり、AMP 形式を使用する必要がなくなり、ウェブに関する主な指標のスコアやページ エクスペリエンスのステータスに関係なく、どのページもトップニュース カルーセルの表示対象となります。

オンライン大学受験コーチング塾「スタディチェーン」ブログ難関大志望の受験生向けに役立つ勉強法、受験戦略、勉強計画、おすすめの参考書を徹底解説

オンライン大学受験コーチング塾「スタディチェーン」ブログ

スタディチェーンで受験指導をしていて、担当生徒は京都大学法学部,教育学部,慶應商 、早稲田政経 、北海道大教育、大阪大経済に合格しました!

青チャートで難関大には合格できる?

大学受験で数学の青チャートって重要なの?

大学受験数学で長年親しまれる青チャートとは?

青チャートが人気の理由とは

たった一冊で基礎から応用までを網羅

青チャートの魅力といえばまず第一に 網羅性 と答える人が多いでしょう。

数IA、ⅡB合わせて 2000題 を超える問題量があります。さらに皆が苦手としている「三角関数」、「微分積分」などをより多く取り扱っています。

一冊をやり終えることで成果が必ず出る

その点青チャートはこの一冊を 完璧 にすると太刀打ちできない数学の問題はありません。青チャートの使い方を理解することで、理系文系に限らず吸収できる知識は参考書の中でも随一だと感じます。

青チャートを使う上での心がけ

数学は時間を測りながらやろう!

スピード勝負 の共通テスト、 正確さ の二次試験常に時間に気を付けなければならないのが数学です。

ですから、青チャートは一題につき大体 15分 を目安に解き終える使い方を意識しましょう。私自身時間を気にすることで共通テストの数学は常に 8~9割 をキープしていました!

青チャートは計画を立ててより着実に

莫大な問題数をもつ青チャートを終わらせるためには計画立てが欠かせません。計画立ては三日坊主で終わってしまうことが多いですよね。それは理想を計画に反映させているからです。計画立てにおいて大切なのは 自分で考えた計画 + 客観的な意見 です。自分の気持ちではなく客観的にみて効率的な使い方を実践しましょう。

スタディチェーンでは難関大合格者のチューターが生徒さん一人一人に適した計画立てやそれぞれの参考書の使い方や勉強法の指導をマンツーマンで実施して、一緒に合格を目指しています!!

青チャートを使う際のノートの使い方と進め方

青チャートを使う際一番最初に悩むのがノートの取り方と問題の進め方です。ノートを取るのが面倒になり途中で青チャートをやめてしまった人は多くいらっしゃると思います。ですのでここでは青チャートが最短で身につくための青チャートの使い方と進め方を詳しく解説していきます。

青チャートの例題の使い方と進め方

ここで青チャートの特徴に注目すると、例題にはすぐ下に長めの解説が書いてあります。ですから例題に関しては「 頭の中で解法を立ててペンは動かさず、解法があっていればOK 」という解き方で大丈夫です。なぜなら下の解説ですぐに答え合わせができ、効率的に進められるからです。

青チャートの練習問題の使い方と進め方

次に青チャートの練習問題のノートの使い方です。ノートの使い方で迷っている人は多くいると思います。結論を言うと 人それぞれ になります。と言うのも、殴り書きで計算するのが得意な人、丁寧に順序立てて解いていくのが得意な人など人それぞれだからです。

しかしどんな人でも絶対に 15分 という時間は守ってほしいです!!先程も述べたように数学は時間との勝負ですので常に時間は意識して取り組むべきです。

効果が倍増する青チャートの使い方

今までは最短を意識して青チャートの使い方を解説してきましたが、より最強に身につく青チャートの使い方を紹介していきます。

青チャートの使い方で一番大事なのは「復習」

数学の勉強を進める際に演習量が多ければ多いほど数学の偏差値が伸びると勘違いする受験生がいます。しかしそれは間違いで、もちろん演習量もとても大事ですが数学の偏差値が上がるときはいついかなる時も 復習 をした時なのです。

復習をすることでその問題が鮮明に頭に残り同じ問題で間違える確率が各段に下がります。そして青チャートには 別解 が数多くあるので、より数学への理解が深まると思います。特に青チャートの使い方としては復習と例題だけに取り組めるのかどうかはとても重要です。

青チャートの使い方の『極み』

私は高校時代に数学で伸び悩んでいるときに、ある有名な数学教師から 受験数学の9割は暗記 であると告げられました。私は驚いて思わず聞き返したら , 演習の積み重ね=暗記 だと答えてくれました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる