弱気相場での取引

レバレッジ効果

レバレッジ効果
初心者

■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。 レバレッジ効果 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

レバレッジ

テコの原理で収益拡大を狙う レバレッジ(leverage)とは「テコ」を意味し、「レバレッジ効果」「レバレッジ率」の略としても使われる言葉です。経済用語としては「借入金などを用いて少ない資本でも高い利益率を実現すること」を意味します。例えばFX取引では最大25倍のレバレッジをかけることができます。つまり10万円しか持っていなくても、最大250万円まで取引に投入できるということです(国内の個人口座の場合。ただしレバレッジが25倍になる代わりに損する可能性も25倍になるので、ハイリスク・ハイリターンな取引となります)。
自己資金では手が出ない物件も狙える 不動産投資においてもレバレッジは効果を発揮します。例えば自己資金1,000万円で物件を購入して60万円の年間収益を得れば、利回りは6%です。一方、1,000万円の自己資金に2,000万円の借入金をプラスして年間収益180万円を得られる物件を買ったとすると、やはり利回りは6%。ところが、借入金2,000万円の年間利息額が60万円かかったとしても(金利3%)、得られる実質収益は120万円になります。つまり、自己資金のみで物件を購入した場合と比較して倍の収益が得られることになるのです。利回りは12%に上昇します。
不動産投資を行う人の多くは借り入れた資金で物件を購入します。レバレッジは自己資金からの出費を節約するだけでなく、大型物件の入手も可能にしてくれます。このため物件を即金で支払う余裕があったとしても融資を受けて投資することが正解とされることが多いのです。レバレッジは投資先として不動産を選択する大きな理由になるでしょう。 金利には注意が必要 不動産投資では物件をよく吟味して購入し、一定の入居者を確保できるように努めます。概ね計画通りに行けば、長期的にはFXよりも安全な投資になるでしょう。しかし、金利は個人の努力とは関係なく変動します(変動金利の場合)。例えば先の例で金利が3%から6%に上がったとすると、年間利息額は120万円。すると年間収益180万円から利息を差し引くと60万円しか儲からないことになり、自己資金で物件を購入した場合と変わらなくなってしまいます。借入金の返済を考えると「自己資金で購入していたほうが良かった」ということになります。
固定金利にする手もありますが、固定金利は一般的に変動金利より金利が高く、繰上返済や解約ができないというデメリットがあります。ただし金利が変わらない固定金利は計画的に運用するという点では変動金利より有利です。
不動産投資においてはレバレッジ効果や借入金額、金利などを熟考して運用することが重要だと言えるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる