FX戦略編

ダークプールの定義

ダークプールの定義
商品・サービス

ダークプールとは何か?わかりやすく解説

通常の株式取引は、証券会社を通じて、東証などの証券取引所へ注文が執行されます。
そのため、取引参加者は板情報から注文状況などを把握することができます。
ですが、 ダークプールは証券会社内部で注文を付け合せて取引されるので、板情報から注文状況を把握することはできず、価格や数量などの流動性が外部から見えにくい仕組み となっています。
このように匿名性が確保されていることから「ダークプール(見えない流動性)」と呼ばれています。

ダークプールは、もともと機関投資家などが取引を行うために誕生した仕組みです。
機関投資家などは大口の注文を行うことも多いですが、それを証券取引所に出してしまうと市場に大きな影響を与えてしまいます。
例えば、大量の売り注文を出した場合、株価が下落するリスクが生じてしまうわけです。
そういうリスクを回避する目的や、市場に影響を与えずに売買するためにダークプールが利用されていました。

・ダークプールとは証券会社内部で顧客同士の注文を付け合せて行う取引のこと
・ダークプールの特徴は匿名性が確保されていること
・価格や数量などの流動性が外部から見えにくい仕組みとなっている
・もともとは機関投資家などに利用されていたが、現在は個人投資家向けのダークプールも広がっている

ダークプールとPTSの違い

ダークプールとPTSは、 ダークプールの定義 東証などの証券取引所を通さずに取引をするという共通点 もありますが、明確な違いもあります。

それは ダークプールの定義 外部から注文状況が見えるかどうか という点です。

ダークプールのメリット

・有利な条件で売買できる可能性がある
・手数料が安くなる可能性がある

有利な条件で売買できる可能性がある

一般的な株価は、東証などの証券取引所の価格をもとにしていますが、株価の形成は取引をする場所(証券取引所、PTS、ダークプール等)ごとに行われています。
そのため、 東証は3,000円、ダークプールは2,980円といったように価格差が生じる こともあります。

例えば、上記価格のときにダークプールで100株の取引が成立した場合、 東証のみで取引するよりも「2,000円(差額20円×100株)」安く株を購入できた ことになります。
このようにダークプールを利用することで、有利な条件で売買できる可能性があるのです。

基本的にダークプールは、SOR注文(松井証券は執行条件「最良」を選択)による取引が対象となっており、ダークプールのみを指定した発注はできません。
つまり、SOR注文を利用し、有利な条件にある場合のみダークプールで約定する仕組みとなります。

手数料が安くなる可能性がある

例えば、 SBI証券のダークプールでは、ランクに応じて手数料が割引される仕組み となっています。
最上位の「プラチナ」ランクの場合は、現物スタンダードプラン手数料の100%割引となっているため、手数料が無料になります。

ダークプールのデメリット

・利用条件がある
・成功報酬がかかる

利用条件がある

利用条件の内容は、証券会社によって違いはあるものの、 「現物取引の投資経験が1年以上」という条件が設けられていることが多い です。

成功報酬がかかる

例えば、松井証券では「改善約定代金×30%」の手数料がかかります。
改善約定代金は、簡単に言うとお得に取引できた差額のことです。

ですから「5,000円×30%」で1,500円の成功報酬がかかることになります。

ダークプールを利用できる証券会社

・SBI証券
・楽天証券
・マネックス証券
・松井証券

上記は ダークプールを利用できる一部の証券会社 となります。

SBI証券のダークプール

SBI証券のダークプールは、SBIプライム証券が提供するマッチングシステムを用いたもので、サービス名称は「SBBO-X(SBI Best Bid Offer)」となります。
利用条件を満たした上で、申込を行うことで利用可能になります。

利用条件は「20歳以上かつ国内現物株式の取引経験が1年以上」となります。

楽天証券のダークプール

利用条件は「国内株式の投資経験が1年以上の方」もしくは「信用取引口座開設済みの方」となります。

マネックス証券のダークプール

利用条件は「信用取引口座開設済み」または「先物・オプション取引口座開設済み」となります。

松井証券のダークプール

利用条件は「20歳以上かつ現物株式の投資経験が1年以上」となります。
「2019年2月2日以降に口座開設し、現物取引の投資経験が1年以上あることを選択した場合」や「信用取引口座を開設済み」の方は利用申込することなく利用可能となります。

ダークプールとは何か?

バークレイズがニューヨーク検事総長事務局(NYAG)から召喚された事件で、ダークプールという概念が注目を集めています。 そこでダークプールとは何か?を説明します。 その前に断わっておくと、ダークプールは善でも、悪でもありません。 ダークプールとは略さ.

バークレイズ(英語: Barclays PLC)は、イギリス・ロンドンに本拠を置く国際金融グループ。リーテル、ホールセール、投資銀行部門のみならず、ウェルスマネジメント、モートゲージ、クレジットなど幅広いサービスを提供する。現在は4つのコアビジネスにより構成される。 ウィキペディア

シェア

ダークプール 匿名注文をマッチングする株式取引プラットフォーム

従来、株式取引の独占的な場所は、ニューヨーク証券取引所やナスダックなどの取引所だった。ここ数十年で、より安価で強力なコンピュータが利用できるようになり、少なくとも2つのSEC規制(Regulation ATSとRegulation NMS)によって、ダークプールを含む代替取引会場が数多く登場した。SECは、ダークプールが株式の価格発見のプロセス全体を阻害するとの懸念を表明した。しかし、ダークプールの支持者は、ダークプールが取引コストを下げ、より速い取引や優れた技術を提供し、投資家が市場を動かすことなく、より大きな塊の株式を売買できるようになる可能性があると指摘している。

Dark Poolとは?

この取引前の不透明性は、当初、不利な値動きを誘発することなく、匿名で大量の株式を取引したいと考える機関投資家を惹きつけた。2005 年に SEC が採用したルール、Reg Regulation National Market System(Reg NMS)がダークプールの成長を後押ししたとの見方が広まっている。Reg NMS は、証券市場全体で効率的かつ公正な価格形成を促進することで、個別市場間、個別注文間の競争を促進することを目的としたものである。

現在、米国市場で取引されているダークプールは約 40 社ある。ダークプールは、今日の株式市場の分断化に貢献してきたが、その中には約11の取引所と200以上のブローカー・ディーラーが含まれており、自社の在庫を使ってリテール取引を執行している。ダークプールと内部化取引 (Internalization、このプロセスは一般的に取引前の気配値を表示するための要件から免除されている)を合わせて、ダークトレーディング、非上場取引、取引所外取引と呼ばれるものの大部分を構成している。推定では、内部化取引がダークトレードの約60%を占めているのに対し、ダークプールは約40%を占めています。

ダークプールの種類

  1. ブローカー・ディーラー所有のダークプール。いくつかの大規模なブローカーディーラーは、クライアントのために、独自のプロプライエタリなトレーダーの利益のために、時にはダークプールを作成している。これらのダークプールは、ブローカーディーラーの注文フローから株価を導き出していると言われている。クレディ・スイスの「クロスファインダー」、ゴールドマン・サックスの「シグマ X」、モルガン・スタンレーの「MSプール」などがその例であると言われている。ダークプールのビジネスは証券会社が独占している。他にも、クレディ・スイス・グループAG、UBS、バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションのメリルリンチ、ドイツ銀行、モルガン・スタンレーが最大級のダークプールを所有している。
  2. ダークプールの定義
  3. 代理店ブローカーまたは取引所が所有するダークプール。これらのダークプールは、プリンシパルではなく、エージェントとして機能します。彼らが行う取引は、取引所から派生した証券価格に基づいている。そのため、価格発見機能はない。代理店ブローカーダークプールの例としては、リキッドネットとITGポジが含まれていますが、取引所所有のダークプールは、BATSとNYSEによって提供されるものが含まれている。
  4. 電子マーケットメーカー。これらのダークプールは、Getco や Knight などの独立系証券会社と提携しており、これらの証券会社は自らの口座をプリンシパルとして運営している。前述のブローカー・ディーラー所有のダークプールのように、プール内の取引価格は、ナショナル・ベスト・ビッド・アンド・オファー(NBBO)から計算されていない 。

エコノミストは、非規制的要因と規制的要因が混在していることが、ダークプールの人気を高める役割を果たしていると考えています。そのうちのいくつかについては後述するが、2008 年の取引高全体の約4%のシェアから2013 年には約 15%に増加したと報告されている。2017年春には米国の全株式取引の推定40%を占めると報告されている。

価格発見

多くの銘柄の取引の大部分を占めるダークプールは、取引前のデータを公表していないため、上場市場の株価が実際の市場価格を反映していない可能性があり、価格発見(Price Discovery)の妨げになることが懸念されている。これに関連して、ダークプールで執行される注文の多くは、価格発見がないか、または制限されているという事実がある。全体的な価格発見においてダークプールが果たす潜在的な有害な役割は、ダークプールを取り巻く公共政策の中心的な関心事である。

ダークプールの定義

口座開設口座開設

現物取引

信用取引

商品・サービス

各所お手続き

サポート

なぜSTREAMは手数料をずーっと無料にできるのですか?

なぜSTREAMは手数料をずーっと無料にできるのですか?

STREAMでは、ダークプールを利用した取引『SMART取引』を採用しています。ダークプールでは取引所よりも有利な価格で取 引が成立する場合があり、その際 に有利となった差額の半分を手数料として頂きます。(当社の収益となります)

media img

media img

media img

media img

ソーシャルステータスのクラスSSSABCD
買方金利
一般信用/(制度信用)
1.84%
/1.89%
2.24%
/2.29%
2.74%
/2.79%
2.94%
/2.99%
3.24%
/3.ダークプールの定義 29%
3.44%
/3.49%
売方金利0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%0.00%
貸株料1.15%1.15%1.15%1.15%1.15%1.15%

※クラスの変動は、他のユーザーとの取得ポイント優劣により決まります。
他のユーザーがより多くのポイントを得ることによりクラスが降格することがあります。またその場合、信用金利が割高になることがありますのでご了承ください。
※一般信用取引では、前月の一般信用建玉月中平均残高に応じて、信用金利の優遇がございます。 詳細はこちら。

media img

※クラスの変動は、他のユーザーとの取得ポイント優劣により決まります。
他のユーザーがより多くのポイントを得ることによりクラスが降格することがあります。またその場合、信用金利が割高になることがありますのでご了承ください。
※一般信用取引では、前月の一般信用建玉月中平均残高に応じて、信用金利の優遇がございます。 詳細はこちら。

ダークプールを解説。個人投資家は使うべきか?

ダークプールを解説。個人投資家は使うべきか?

株を楽しむサラリーマン


ダークプールは機関投資家やヘッジファンドがよく使ってきたと解説しましたが、最近では 個人投資家向けにも整備されてきています 。個人投資家がダークプールを使うメリット・デメリットを考えていきましょう。

1. 時間外でも取引できる
2. 取引手数料が低い
3. 細かい刻みで約定できる

時間外でも取引できる

ダークプールは いつでも取引ができる ので、証券取引所が開いている時間に売買ができないトレーダーにも使えます。

東京証券取引所の場合、 平日の9時から11時半、12時半から15時まで が取引できる時間です。サラリーマンの方など、この時間は仕事が忙しくて株の取引なんてできない、と言う方も多いですよね。

取引手数料が低い

細かい刻みで約定できる

証券取引所での取引は、 基本的には1円単位 です。一方、 ダークプールの取引では0.1円単位に設定している証券会社もあります 。より細かく約定価格を設定できるので、自分に有利な価格で取引できる可能性が高くなります。

個人投資家がダークプールを使うデメリット

口座を確認して渋い顔をする夫婦


メリットがある反面、個人投資家がダークプールを使う場合はデメリットもあります。主なデメリットを3つ解説していきましょう。

1. 利用するための条件が厳しい ダークプールの定義
2. 成功報酬がかかる場合がある
3. 参加者が少なく約定しにくい

利用するための条件が厳しい

とはいえ、最近は条件が緩和されてきているので、誰でも使えるサービスになりつつあります。例えば、SBI証券でダークプールを活用できるサービス「SBBO-X」(SBI Best Bid Offer)を利用する場合の条件は、2019年4月末に変更され、かなり緩くなりました。

【変更前】
以下のどちらかを満たすこと。
・月末時点の預り資産が1,000万円以上
・月末時点の預り資産が500万円以上で、月末を含む月内に現物株式の取引が1回以上ある

成功報酬がかかる場合がある

手数料が安くなるのがダークプールのメリットだと解説しましたが、 成功報酬がかかって手数料が高くなる ケースもあります。

それでも、 結果的に証券取引所での売買よりも高くなる、という本末転倒なことは基本的には起こらないです 。ただし、成功報酬がかかることもあると理解はしておきましょう。

参加者が少なく約定しにくい

個人投資家はダークプールを使うべきか?

ダークプールが向いている人

ダークプールが向いているのは、 長期投資を前提として、決めた価格で購入したいケースです 。銘柄分析などを通じて最適な理論株価を導いたら、その価格で注文を入れておきましょう。

ダークプールが向いていない人

ダークプールを解説。個人投資家は使うべきか?

株初心者〜中級者のうちは通常の取引方法で

株式投資セミナーに参加する若者たち


ダークプールについて解説してきました。 外部には見えないところで取引する方法 があることを、覚えておいていただければと思います。

株式投資の世界には、さまざまな証券用語が存在します。難しそう…と構えることなく、どんどん覚えて知識を増やしましょう。 初心者向けのセミナー に参加すると、理解が深まるのでおすすめです。人気トレーダーの解説YouTubeなども、用語を把握していた方がよく理解できて楽しめますよ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる