取引システム

スプレッドやツールを徹底比較

スプレッドやツールを徹底比較
画像参照元:「bubble」公式サイト

グループウェア全サービスを徹底比較!おすすめも紹介!【2022年最新版】

労力やコストをかけてグループウェアを導入したとしても、従業員が積極的に活用してくれないという事態に陥る可能性もゼロではありません。要因としては 「自社に役立つ機能があるかどうか意識せず、料金だけで選定してしまった」 「導入前の試用などを行わずに選定したら、操作しにくく実用的ではなかった」などが挙げられます。価格やイメージだけで選ばず、自社の課題を解決できる機能やお試しプランの有無などを事前に調べてから選定しましょう。

5-4.グループウェア導入時に注意したいこと

自社に合う活用法を検討する

グループウェアには多彩な機能が搭載されていますが、 スプレッドやツールを徹底比較 使い道を誤るとかえって業務に支障をきたします。 たとえば、朝一番で重要な業務連絡を一斉送信する仕組みを取り入れても、朝が最も多忙な時間帯であるなら従業員の確認が漏れてしまうでしょう。自社に適した活用法を事前によく検討する必要があります。

導入そのものをゴールにしない

グループウェアをはじめとする業務ツールの利用開始時に起こりがちなのが、導入そのものが目的となってしまうこと。 多くの部署が協力し合って導入を成功させたのに、全く活用されていないなどという事態は避けなければなりません。

あらかじめ解決すべき社内課題を明確にした上で、導入目的を設定しておきましょう。あわせて、担当部門・担当者の決定など導入後の社内体制も固めておく必要があります。

セキュリティ対策を確認する

クラウド型の製品のセキュリティ対策は、サービス提供元へ一任することがほとんどです。このため、 提供元のセキュリティに脆弱性があって万が一サイバー攻撃を受けた場合、自社の情報が漏洩してしまうリスクも想定できます。 クラウド型グループウェアの導入を検討している場合は、提供元のセキュリティ対策が強固であるかどうかも確認しておきましょう。

6.全サービスをみてわかった!グループウェアの比較ポイント・選び方

6-1.クラウド型かオンプレミス型か?

クラウド型とオンプレミス型では料金形態が大きく異なるため、自社に必要な形態はどちらなのか明確にしておきましょう。アイミツSaaS編集部では、 保守運用の人的リソースの観点からもクラウド型サービスをおすすめ しています。

クラウド版の特徴

社内にサーバーを持つ必要のあるオンプレミス型に対して、 インターネットを利用できる環境であれば導入可能 なのがクラウド型の特徴です。

クラウド版のメリット
・外部のデータセンターを利用しているため、自社内でのメンテナンスが不要
・不具合の修正や、アップデートなども提供企業が行うため、自社での保守運用の手間が不要
・オンプレミス版と比べて、比較的簡単かつ低価格で導入可能

オンプレミス版の特徴

オンプレミス型とは、企業内部で構築されたシステムを指します。サーバーもネットワークもオフィス内にあり、 社内で全システムが完結している ことが特徴です。

オンプレミス型のメリット
・サーバーもネットワークも社内にあるため、セキュリティ面の担保がしやすい
・自由にカスタマイズが可能

6-2.拡張機能はどこまで必要か?

ほとんどのグループウェアに備えられた情報共有機能

情報共有の機能はほとんどのサービスに備えられてます。そのため、 サービスを比較する際、これらの機能の記載の有無は大きな違いとはならない ことに注意しましょう。

スプレッドやツールを徹底比較
社員間のスケジュール共有機能 社員間でスケジュールを共有でき、ミーティングの日程調整などを効率化できる
ファイルの管理機能 ファイルをクラウド上に保存でき、ファイルの属人化などを防げる
社内のポータル作成機能 社内全体に共有できる情報サイトを作成でき、情報共有を効率化できる
ビデオ会議機能 テレワークなどでビデオ会議を行うことができる
メール機能 システム上でメールの送受信ができ、社員の連絡内容を管理することができる
会議室の予約機能 スケジュールに合わせて会議室を予約することができ、調整業務を効率化できる

便利な拡張機能はどこまで必要か?

勤怠管理機能 打刻情報を記録し、残業時間や休憩の一括管理をすることにより、月末の収集時間を効率化できる
労務管理機能 人材情報をベースとして社宅入居者管理などの、対応速度やかける工数を削減できる
ワークフロー機能 社内稟議や事業計画に基づいた支払申請などを管理でき、申請の進捗管理が容易になる
経費精算機能 出退勤に関わる移動費や経費の申請と支払いの管理ができ、集計工数などを削減できる
SFA(営業支援システム) 商談の進捗確認やクレームの管理など顧客対応の管理ができ、営業の管理工数を削減できる
CRM(顧客管理システム) 顧客の担当者情報やプロジェクト情報を一元管理し、社内への共有を簡単にできる
プロジェクト管理/進捗管理 プロジェクトごとのタスク管理・進捗共有の日報などを管理でき、社内共有を効率化できる

6-3.現場社員は直感的に使えるか?

グループウェア選びでは 「現場社員が使う機能が直感的に使えるものか」 を重視することをおすすめします。

情報共有のスピードアップや、正確な情報を記録していけるグループウェアですが、利用シーンはチームへの連絡や、隙間時間での確認ということも多く、 パッと時間をかけずに確認・連絡できることは必須 といえるでしょう。

「使いやすいさ」はベンダーへの利用のデモ依頼、利用者の口コミ、無料トライアルなどで事前に確認しておきましょう。 難しいマニュアルを見なくても直感的に利用できる ツールを導入できるとベストです。

6-4.料金プランは自社のニーズにマッチしているか?データ容量は足りているか?

料金プランは ユーザー数に応じた課金が主流 です。 ユーザー数のボリュームに応じて、一人あたりの単価が安くなるプランもある ため、長期的目線で何人が使うサービスになるのかを想定しておきましょう。

また、 クラウドのデータ容量に応じて追加課金が発生することにも注意 しましょう。グループウェアの運用に当たっては、容量の拡張が予想以上に多く「想定外の費用がかかってしまった」という失敗も多いようです。事前に基本プランの内容にデータ保存容量がどれくらい含まれているか、他社がどれほど容量を使っているのかといった例を確認しましょう。

6-5.アプリ対応はしているか?

6-6.情報漏洩を防ぐセキュリティ体制はあるか?

セキュリティ対策は、専門用語も多く仕組みも難しいため、「大変なもの」として敬遠されがです。しかし、企業にとってセキュリティ対策ほど重要なものはありません。また、 この機能さえあれば安心ということもないため、 しっかりと特性を理解した上で、セキュリティの整ったサービスを選びましょう!

通信の暗号化やログインセキュリティ強化などの技術面でのセキュリティ対策機能に関しては、どのサービスも同じ技術を使っていることが多く、そこまで種類も多くありません。
例えば通信の暗号化としてSSLというものありますが、多くのサービスがこの技術を導入しています。 技術系のセキュリティ対策の充実度は、利用している技術の有無で判断 できるでしょう。

また、 セキュリティの品質保証として、どのような規格を取得しているかも確認 しましょう。有名な規格としては世界基準のISMSがあり多くの企業がこの規格に則った運用をしています。また、業界の専門業社の認証などもあり種類は様々のため、どの機関の認証か確認すると良いでしょう。

6-7.自社課題を解決できる機能が備わっているか?

まず 「なぜ自社にグループウェアが必要なのか」を導入前にはっきりさせる必要があります。 自社が抱える課題を明確化し導入目的を設定することで、自社に適したグループウェアを選定できます。たとえば、社内SNSを導入済みで従業員間のコミュニケーションはすでに円滑なのであれば、進捗管理やワークフローなど業務効率化に特化したサービスを選ぶと良いでしょう。

6-8.社内のニーズや利用人数に合っているか?

社内コミュニケーションに使用するツールは企業ごとに異なります。ビジネスチャットで業務連絡する企業もあれば、掲示板で情報共有する企業もあるでしょう。グループウェアの多くは、メール機能、チャット、掲示板機能のいずれも搭載しています。しかし、 自社でメインとするコミュニケーションツールの質が担保されているかどうかは確認しておきたいところ。 たとえば、メールを使う頻度が多い企業の場合は十分なメール容量が確保されているグループウェアを選ぶ必要があります。

【徹底比較】FXツールで選ぶおすすめFX会社!どの業者が一番使いやすい?

テクニカル指標が豊富に用意されているか

></p>
<p>多くの人が利用しているのか

もし、マイナーなツールを選んでしまうと悩んだ時に前に進めなくなるので注意が必要です。

FXのトレードツールランキング!

ランキング形式に紹介しますので、是非これらの中から使ってみてください。

LIGHT FX:アドバンスドトレーダー

LIGHT FX:アドバンスドトレーダー

FXのツールの中で1番おすすめなのはLIGHT FXが提供するアドバンスドトレーダー です。

このツールの特徴はFXの初心者であっても、直感的に操作して注文することができるのが特徴のツールです。

LIGHT FX:アドバンスドトレーダー

取引画面のレイアウトを自由に変更できる上に、かなり見やすく整えられているのでわかりやすいですね。

LIGHT FX:アドバンスドトレーダー

FXの相場分析に必須なトレンドラインも簡単に引くことができるので、かなり使いやすいです。

これからFXをしようと思っているという方は LIGHT FX のアドバンスドトレーダーを使ってみてください。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

DMMFX:DMMFX PLUS

DMMFX:DMMFX PLUS

次に紹介するのは DMMFXが提供するDMMFX PLUS です。

もちろん、相場分析に使える機能は全て揃っているので使いやすいです。

DMMFX:DMMFX PLUS

使える テクニカル指標も20種類以上用意されている ので、自分の分析手法を再現することができます。

DMMFX:DMMFX PLUS

レイアウトが気になる方は、上記のように変更することができますので試してみてください。

\最大200,000円のキャッシュバック!/

GMOクリック証券:はっちゅう君PLUS

GMOクリック証券:はっちゅう君PLUS

次に紹介するのは GMOクリック証券が提供するはっちゅう君FXプラス スプレッドやツールを徹底比較 です。

このツールの特徴はとにかくスムーズに注文から決済を行うことができるということです。

GMOクリック証券:はっちゅう君PLUS

このように スピード注文機能から、決済機能まで充実しているので複数通貨ペアを取引している場合や大きな資金で投資をしている方には役立ちます。

GMOクリック証券:はっちゅう君PLUS

取引画面は上記のようになっていて、自由に配置やレイアウトを変更できるのでストレスなくトレードをすることができます。

\口座開設&取引で最大300,000円!/

外貨ex byGMO:Cymo NEXT

外貨ex byGMO:Cymo NEXT

次に紹介するのは 外貨ex byGMOが提供するCymo NEXT というツールです。

これはプロの方が使用するような機能を誰でも使うことができるという特徴があります。

外貨ex byGMO:Cymo NEXT

またGMOクリック証券と同じくワンタッチ注文機能がついているので、希望の価格で素早く約定させることができるのは嬉しいですね。

外貨ex byGMO:Cymo NEXT

このように細かい設定もすぐにできるので、初心者の方からプロの方まで幅広く利用できるのが大きなメリットです。

外貨ex byGMO の口座開設をすることで、このツールを使うことができます ので是非活用してみてください。

またこの会社は業界でも有名なFXのスマホアプリを公開しているので同時にチェックしていきましょう。

\口座開設&取引で最大150,000円!/

FXTF:MT4

FXTF:MT4

次に紹介するのは FXTFが提供するMT4 です。

FXTF:MT4

MT4で一番のメリットは外部から入手したテクニカル指標を自由に使うことができるということ です。

そのため、自分だけのトレードツールを作ることができるのです。

FXTF:MT4

また、 世界中の投資家が開発したEAと言われる自動売買ツールを利用することができるので、このツール上でシステムトレードも行うことが可能 です。

MT4は FXTF の口座開設することで使うことができるようになります ので、自分だけのツールを使ってみたいという方は是非利用してみてください。

\【当サイト限定】62,000円もらえる/

FXの取引ツールに関するQ&A

取引ツールを利用するのにお金がかかりますか?

取引ツールを利用するのにお金がかかりますか?

この記事で紹介しているFX会社は無料で口座開設、口座の維持ができますので、取引ツールも無料で使うことができます。

そのため、取引をしていてツールに対してコストがかかることもないので、心配せずに機能性の高いツールを選択することが可能です。

初心者に1番おすすめな取引ツールはどこですか?

初心者に1番おすすめな取引ツールはどこですか?

初心者に1番おすすめなツールはLIGHT FXのアドバンスドトレーダー です。

しかし、このLIGHT FXであれば画面を見ただけで操作方法がわかるように工夫されているので初心者の方でも簡単に相場を分析することができます。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

スマホで1番使いやすい取引ツールはどこですか?

スマホで1番使いやすい取引ツールはどこですか?

スマホで一番使いやすいツールはDMMFX PLUS です。

トレンドラインも自由にスマホから引けますし、ワンタップで注文までできるのでパソコンと変わらないスペックで取引することが可能です。

\最大200,000円のキャッシュバック!/

自動売買にも使えるおすすめなツールはどこですか?

自動売買にも使えるおすすめなツールはどこですか?

EAと言われる自動売買のプログラムを無料で利用できるため、一度設定すれば24時間365日コンピュータが自動で取引をしてくれますので簡単です。

\【当サイト限定】62,000円もらえる/

FXの取引ツールまとめ

FXの取引ツールまとめ

スマホ取引をしたい方にはDMMFXもしくは外貨ex byGMOがおすすめですが、長く使い続けていきたいという場合はLIGHT FXが提供するツールが一番おすすめです。

まだ口座開設していないという方は、この機会に口座開設を済ませて LIGHT FX のアドバンスドトレーダーを使ってみてください。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

▼FXの始め方は以下の記事をご一読ください!

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

FX初心者におすすめの15口座を徹底比較!口座開設キャンペーンをお得に活用


画像引用:外為ドットコム公式サイト

FXは土日は取引できませんが、株式投資など違って 平日なら24時間取引が可能 な点が特徴です。

24時間取引可能な理由は、FXは各国の通貨で取引を行うため、 時差により市場がクローズする時間がない ことが挙げられます。

日中しか取引できない場合でも、日本市場がオープンしている時間なので、戦争や紛争危機が少なく「安全資産」と呼ばれる 日本円での取引が活発 です。

取引時間別おすすめの通貨
日中に時間が取れる人:日本円を絡めた通貨取引
深夜に時間が取れる人:米ドルやポンド、それらの変動で動く通貨取引

FX初心者におすすめの通貨ペアは?

初心者であればまずは メジャー通貨を組み合わせた通貨ペア で取引を始めるのがおすすめです。

メジャー通貨 マイナー通貨
通貨の例 ・米ドル
・日本円
・ユーロ
・英ポンド
・メキシコペソ
・南アフリカランド
・トルコリラ
取引コスト
(スプレッド)
狭い 広い
値動き 比較的安定している 急変する可能性有
情報 入手しやすい 入手しにくい
取引量 多い 少ない

メジャー通貨は 情報の入手しやすさと相場の安定感が魅力 です。

FX初心者におすすめの通貨ペア

金融先物取引業協会の発表によると、国内の店頭FX取引の通貨ペアのシェアは 米ドル/円が5割以上 を占めています。

スプレッドやツールを徹底比較
値動き
(小⇔大)
金利
(低⇔高)
相場が動く要因
米ドル/円

0.00~0.25%
・米国の金利動向
・戦争やテロ
ポンド/円

0.10%
・英国の金利動向
・インフレ率
・ユーロ相場
ユーロ/円

0.00%
・欧州中央銀行の動向
・ ドイツの経済指標
豪ドル/円

0.スプレッドやツールを徹底比較 10%
・政策金利
・インフレ率
・中国の景気動向

スワップポイント投資向きの高金利通貨ペア

スワップポイント目的で投資を行う場合は、比較的値動きが安定している 南アフリカランド/円 や メキシコペソ/円 を選択するのがおすすめです。

値動き
(小⇔大)
金利
(低⇔高)
相場が動く要因
ランド/円

3.50%
・世界景気
・金相場
ペソ/円

4.スプレッドやツールを徹底比較 75%
・資源価格
・ 米国景気
リラ/円

16.00%
・欧米諸国関係
・地政学リスク

FX会社によっては取引のない通貨ペアが合ったり、高金利通貨ペアのみ 最低取引単位 が変わる場合もあります。

FX取引までの流れと初心者におすすめの分析方法

  1. 口座を開設するFX会社を選ぶ
  2. 口座開設の手続きをする
  3. 必要なツールなどのダウンロード
  4. 取引に使用するお金の入金
  5. 通貨ペアや取引金額を決める
  6. 取引を始める

相場の分析の仕方は?何を見ればいい?

相場の分析の仕方には ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類 あり、投資家はこれらの2つの方法によりこれから先のことを予測しています。

ファンダメンタルズ分析

テクニカル分析

FXで取引する前に知っておきたい損益計算方法

  • 購入時レート:120.0円
  • 売却時レート:121.0円
  • 取引数量:10,000通貨

pipsとは?

FX利益を出した時の税金はどうなる?

FXと確定申告の関係

海外のFX業者を利用した場合は?

所得額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超~330万円以下 10% 9万7,500円
330万円超~695万円以下 20% 42万7,500円
695万円超~900万円以下 23% 63万6,000円
900万円超~1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円超~4,000万円以下 40% 279万6,スプレッドやツールを徹底比較 000円
4,000万円超 45% 479万6,000円

FX初心者がやりがちな失敗3選

損切ができずに損失を拡大させた

ロスカットのラインを把握していない

取引スタイルや取引手法を決めていない

FX初心者のためのQ&Aを紹介

FXの口座開設でも審査はあります。基準は非公開ですが、年収や投資経験、資金バランスが見られているようです。
カードローンやクレジットカードのように落ちることが多い審査とは違い、年収や資産額などFXが問題なくできるかを見られることになると予想されます。
「虚偽の申請をしない」「資金を用意する」などFXができる環境を整えれば、初心者でも十分に通過できるでしょう。

FX初心者にはGMOクリック証券がおすすめ!

GMOクリック証券は、スプレッドの狭さや手数料などのサービスの総合力が高いだけでなく、各種取引ツールの利便性も抜群です。ツールを活用することで、自分の 生活スタイルに合わせた手軽な取引 が可能になっています。過去のトレード情報の記録も豊富で、自分の取引を分析しながら、より利益を出すための 投資スタイルを確立 していくことができます。

FX

FXは儲かる?稼ぐ仕組みと儲かる人の特徴を紹介

FX

FXとは?利益が出る仕組みを初心者にも分かりやすく解説!

FX

FXにかかる手数料の種類は?各社の入出金手数料やスプレッドを比較!

FX

GMOクリック証券 FXネオの口コミ評判は?デモ取引も解説

FX

FX自動売買ツールのあるおすすめ口座は?方法を比較した結果を発表

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

ノーコードツール13選を徹底比較!特徴から機能まで詳しく解説

ノーコードツール8選を徹底比較!特徴から機能まで詳しく解説

サスケWorksのスクリーンショット画像

画像参照元:「Saaske Works」公式サイト

<特徴>

  • 作ったアプリは公式アプリストアで販売可能。新規事業にも最適
  • 専門知識不要、ドラッグ&ドロップの直感的操作だけでアプリ開発を実現
  • 目的に合わせた様々なアプリ開発を実現。API機能を使った機能拡張も可能
  • マルチデバイス対応、OSフリーなのであらゆるデバイスで利用可能
  • アプリ登録2つまでなら完全無料で利用が可能

bubble

bubbleのランディングページのスクリーンショット

画像参照元:「bubble」公式サイト

bubbleの魅力は業務システム構築で必須となる「業務ロジック構築」「外部サービス連携」などの複雑な機能実装が可能な点です。

bubbleを活用すれば、従来のエンジニアによる開発の半分以下の工数で実装が可能で、コーディング開発と遜色ない業務システムを開発できます。

<特徴

  • 最も利用者数の多いノーコードツール(2020年8月時点の利用者数51万人)
  • 構築するUI画面はレスポンシブ対応で実装可能
  • 業務ロジックの実装はドラック&ドロップで実装可能
  • 外部サービスとの連携プラグインは1000種類以上
  • 多要素認証やデータバックアップなどのセキュリティー面も万全

PowerApps

PowerAppsのランディングページのスクリーンショット

画像参照元:「PowerApps」公式サイト

PowerAppsは日々の業務の中で活用しているExcelやPowerPointと同じ操作感でシステム開発ができる特徴があります。

PowerAppsはOneDriveにExcelやCSVファイルを格納しておけば、アプリのデータソースとして利用できるため、Excel業務をシステム化することにも適したノーコードツールです。

特徴>

  • マイクロソフトが提供するノーコードツール
  • ExcelやPowerPointと同様の操作感でシステム開発可能
  • Excelデータを簡単にデータソース化
  • 豊富な業務テンプレート
  • 200種類以上の外部連携コネクタ

モバイルアプリ開発の主なサービス

モバイルアプリ開発

Webシステム開発のノーコードツールと比較すると、モバイルアプリ開発のノーコードツールはユーザーの利便性に重点が置かれており、数時間程度でモバイルアプリ開発ができる直感的な操作性を備えています。

Platio

Platio公式サイトのスクリーンショット画像

画像参照元:「Platio」公式サイト

<特徴>

  • 100種類以上のテンプレートから選ぶだけで、誰でも簡単にアプリ開発が可能
  • 作成アプリはオフライン環境でも使えるため、業種問わず幅広く活用できる
  • 初期費用、アプリ登録費用無料。月額2万円〜のリーズナブルな価格設定
  • 飲食店、営業活動、製造現場など、各ビジネスシーンでの活用事例多数
  • 技術面に関する相談や、動作不良時の相談など安心のサポートサービス

Adalo

Adaloのランディングページのスクリーンショット

画像参照元:「Adalo」公式サイト

Adaloは徹底的なユーザー視点で初めて利用するユーザーがドキュメントを読まずとも、アプリ開発ができる簡易性を提供しています。

また、システムの裏側を支えるデータベースも独自の仕組みを構築し、スプレッドシートを扱う感覚で管理・運用が可能です。

特徴>

  • 学習コストが最も低いノーコードツール
  • UIパーツテンプレートが豊富
  • モバイルアプリ開発とWebアプリ開発の両方に対応
  • 1クリックでアプリストアに公開可能
  • 動画コンテンツで学習可能

Glide

Glideのランディングページのスクリーンショット

画像参照元:「glide」公式サイト

Glideはあらゆる企業に存在するスプレッドシートを活用してモバイルアプリを開発することを目的としたノーコードツールです。

Glideは部署ごとのよくある課題を解決するテンプレートを200種類以上用意しているのでテンプレートを呼び出して、スプレッドシートをインポートするだけでアプリ構築が完了します。

特徴

  • スプレッドシートのインポートだけでプロトタイプアプリが自動生成
  • スプレッドやツールを徹底比較
  • 200種類以上のテンプレートアプリ
  • 従来の業務の流れを変えることなくシステム化
  • 50種類のチュートリアル動画
  • チームでの共同開発に対応

Webサイト構築の主なサービス

Webサイト構築

Webサイト構築が可能なノーコードツールが登場したことで、今後のWebサイト制作の在り方は大きく変化することでしょう。

ペライチ公式サイトのスクリーンショット画像

画像参照元:「ペライチ」公式サイト

  • わずか3ステップでホームページ作成が可能。デザインスキルは一切不要
  • 豊富なテンプレートで他社とデザインが被る心配なし
  • オンライン決済・予約機能など、オンライン化に役立つ各種機能が豊富
  • スタートプランは無料で利用可能。ホームページ作成のお試しに最適
  • 解説記事、ヘルプページ、個別サポートなどサポート体制が充実

Webflow

Webflowのランディングページのスクリーンショット

画像参照元:「Webflow」公式サイト

従来のやり方でWebサイトを構築する場合、少なくとも30万円以上の予算が必要でしたが、Webflowを活用すると、月額数千円のランニングコストと数日の開発期間でオリジナルWebサイトの構築・運用が実現します。

コーディング不要でもWebサイトを構築する自信がない方は、クリエイターの作品をコピーして画像や文章を変えて再利用すれば、オリジナルWebサイトを1日で構築することもできます。

<特徴

  • 画面を構築するパーツは全40種類
  • 構築したサイトにCMSを追加可能
  • 他のクリエイターの作品を再利用可能
  • チュートリアル動画が豊富
  • 決済システムと連携可能

STUDIO

STUDIOのランディングページのスクリーンショット

画像参照元:「STUDIO」公式サイト

コロナウィルスの影響で顔を合わせて作業をする機会がなくなった状況でもSTUDIOはメンバー間でURLを共有するだけで同時に開発作業ができるため、アフターコロナの新しいWeb制作の形を体現したノーコードツールと言えます。

ノーコードツールの多くが海外製であるため、ツールを活用する前の英語ドキュメントの理解に苦労しますが、STUDIOの運営会社が日本企業で日本語ドキュメントはもちろん、日本人向け開発コミュニティーが準備されているので、ツールの理解に苦労することはないでしょう。

<特徴

  • 純国産のノーコードツール
  • 日本語のドキュメント・コミュニティーが充実
  • リアルタイムコラボレーション機能で複数人での共同開発が可能
  • CMS機能をWebサイトに追加可能
  • 画像検索機能で欲しい画像を1発検索

ECサイト構築の主なサービス

ECサイト構築

不要不急の外出が制限されている中で、自宅にいながらオンライン上で購入することができるECサイトは消費者にとって利便性の高いものであり、企業の間でECサイトの活用が加速しています。

Shopify

Shopifyのランディングページのスクリーンショット

画像参照元:「Shopify」公式サイト

しかし、Shopifyを活用すれば、HTMLやCSSなどのプログラミング知識がなくても簡単にオリジナルECサイト可能です。

また、ShopifyはSNS連携による集客の強さが特徴で、FacebookやInstagramと連携して顧客をSNS上から誘導する機能が豊富に用意されています。

特徴>

  • 世界175ヶ国100万以上の店舗で利用されている
  • 導入コストが安い(月額2900円〜30000円)
  • 豊富な標準機能(注文管理・商品管理・顧客管理・クーポン管理)
  • 越境ECに対応可能
  • スプレッドやツールを徹底比較
  • SNS連携対応

SpreadSimple

SpreadSimpleのランディングページのスクリーンショット

画像参照元:「SpreadSimple」公式サイト

スプレッドシートからアプリを構築するツールはいくつか存在しますが、スプレッドシートだけでECサイトを構築できるノーコードツール「SpreadSimple」が登場しました。

通常のECサイトは完成した後のコンテンツ追加や更新作業をするには都度、制作担当者に依頼する必要がありますが、SpreadSimpleを使えば、スプレッドシート上で誰でも簡単にECサイトのコンテンツ管理が可能になります。

特徴>

  • スプレッドシートだけでECサイトを構築
  • コンテンツはスプレッドシートで管理
  • チェックアウト機能標準装備
  • SEO対策もツール内で完結

サイト運用・改善の主なサービス

KARTE Blocks

KARTE Blocks公式サイトトップページのスクリーンショット

画像参照元:「KARTE Blocks」公式サイト

従来だと、更新にはCMS、分析にはGoogle Analytics等、テストやパーソナライズには専用のツールを導入する必要があり、複雑になりがちだったサイト運営業務ですが、KARTE Blocksを活用すればコードを触ることなく1つのツールで運用から改善まで完結できるのが特徴です。

  • 導入は、既存のサイトにタグを1行設置するだけ- ノーコードで更新・管理が可能
  • ページ内の要素をブロック単位で効果計測
  • ABテスト、パーソナライズによるコンテンツ出し分け

KARTE Blocksは、BMS(Block Management System)を提唱しています。

OPTIO

OPTIO公式サイトのスクリーンショット画像

画像参照元:「OPTIO」公式サイト

  • ノーコードで動的コンテンツやCTAボタン、アンケートの設置が可能
  • プログラミングやデザインの知識不要なのでスピーディにPDCAを回せる
  • 顧客体験(CX)が向上し、コンバージョン獲得につなげることが可能
  • Googleアナリティクスを活用したユーザーニーズ分析・効果測定が可能
  • 導入後のサポートも充実。アクセス解析に不安がある方も安心して利用可能

【まとめ】ノーコードツールは企業のデジタル化・DXを後押しする存在!

【まとめ】 ノーコードツールは 企業のデジタル化やDXを 後押しする存在!

ツール名カテゴリー料金(1ユーザー当たり)特徴
サスケWorks業務システム開発・フリープラン
無料
・ベーシックプラン
月額500円
・スタンダードプラン
月額5,000円
・プレミアムプラン
月額15,000円
・作ったアプリは公式アプリストアで販売可能
・ドラッグ&ドロップ操作だけでアプリ作成が可能
・API機能を使った機能拡張も可能
bubble業務システム開発・Hobby
無料
・Personal
月額25ドル
・Professional
月額115ドル
・複雑な業務フローを実装可能
・プラグイン活用で簡単に外部連携が実装可能
・利用者数51万人(2020年8月時点)
PowerApps業務システム開発・Per スプレッドやツールを徹底比較 appプラン
月額10ドル
・Per userプラン
月額40ドル
・マイクロソフト社のノーコードツール
・Microsoft365と連携可能
・豊富な業務テンプレート
Platioスマホアプリ開発・スタンダード
月額20,000円
・プレミアム
月額90,000円
・エンタープライズ
・月額200,000円
・テンプレートから選ぶだけで簡単にアプリ開発が可能
・オフライン環境でも使えるため、業種問わず活用可能
・初期費用、登録費用無料のリーズナブルな価格設定
Adaloスマホアプリ開発・Explore Plan
無料
・Pro Plan
月額50ドル
・Business Plan
月額200ドル
・学習コストが最も低いノーコードツール
・モバイルアプリとWebアプリの両方の開発に対応
・直感的な操作性で理解しやすい
Glideスマホアプリ開発・Free app
無料
・Pro app
月額19ドル
・スプレッドシートからアプリを構築
・スプレッドシートのURLでアプリを自動構築
・200種類以上のテンプレートアプリ
ペライチWebサイト構築・スタートプラン
無料
・ライトプラン
月額1,078円
・レギュラープラン
月額2,178円
・ビジネスプラン
月額3,278円
・わずか3ステップでホームページ作成が可能
・豊富なテンプレートで、他社とデザインが被る心配なし
・オンライン決済・予約機能など各種機能が豊富
WebflowWebサイト構築・Starter
無料
・Lite
月額16ドル
・Pro
月額35ドル

・高品質なWebサイトを構築可能
・CMS機能でコンテンツ管理可能
・クリエイターの作品を再利用可能
STUDIOWebサイト構築・FREE
無料
・BASIC
月額980円
・PRO
月額2,480円
・日本企業が運営するノーコードツール
・複数人で同時開発可能
・日本人向けのドキュメントやコミュニティー有り
ShopifyECサイト構築・ベーシック
月額29ドル
・スタンダード
月額79ドル
・プレミアム
月額299ドル
・導入コストが安い
・越境ECにも対応
・SNS連携によるWeb集客に対応
SpreadS
imple
ECサイト構築・Free
無料
・Pro
月額8ドル
・スプレッドシートでECサイトを構築
・商品管理はスプレッドシートで完結
・SEO対策も万全
KARTE Blocksサイト運用・改善29,000円〜(月間PV数に応じて変動)・導入は、既存のサイトにタグを1行設置するだけ- ノーコードで更新・管理が可能
・ページ内の要素をブロック単位で効果計測
・ABテスト、パーソナライズによるコンテンツ出し分け
OPTIOサイト運用・改善要問合せ・動的コンテンツの設置が可能
・専門知識不要なのでスピーディにPDCAを回せる
・顧客体験(CX)が向上し、コンバージョン獲得に繋がる

ノーコードツールを活用できるか否かで企業におけるデジタル化やDXの普及具合に大きな差が生まれることでしょう。

IT人材不足が大きな課題となっている日本にとって、ノーコードを活用すればエンジニアがいなくてもシステム構築が可能なため、今後のデジタル化・DXを後押しする存在と言えます。

ノーコードツールは無料プランを提供している場合が多いので、費用をかけずにノーコードを活用することも可能なので有効活用してください。

ノーコード・ローコードを用いた開発事例の共有ツール選定のサポートから要件定義実際の開発支援まで包括的にサポートさせていただくことが可能です。

システム開発を失敗しないために、弊社が相見積もりの取得までをサポートさせていただくことも可能です。むやみな営業電話などは決して行いませんので、まずは無料のご相談をお待ちしております。

仮想通貨取引における手数料を徹底比較!手数料を抑えるコツや安い取引所を紹介

読者

読者

  • 仮想通貨取引では手数料を支払う必要がある
  • 手数料は各取引所によっても異なる
  • コストを抑えるには手数料が安い取引所を選ぶようにする
  • 手数料が安い取引所はbitFlyer・ coincheck・ DMM Bitcoin

仮想通貨取引で発生する手数料

取引手数料

取引手数料は取引を行う度に発生し、 取引数が多くなれば多くなるほど、取引手数料はどんどん膨らんでいきます ので、注意が必要です。

入金・出金手数料

送金手数料

特に、NFTが近年話題になっているということもあり、 日本の取引所から海外の取引所に送金を行う人も増えている ため、今後別の取引所を利用する可能性がある人は、送金手数料を確認しておくことも大切です。

スプレッド

レバレッジ取引手数料

仮想通貨取引で手数料を抑えるためのポイント

手数料が無料の取引所を選ぶ

例えば、 DMM ビットコインであれば取引手数料だけでなく、日本円の入金・出金、送金手数料などが無料 となっています。

入金・出金の回数を減らす

手数料を抑えるためには、 入金・出金の回数を減らすこともポイント です。

取引所を利用する

仮想通貨を売買する場所は 販売所と取引所の2つの形式 があります。

価格変動が激しい時に取引をしない

特に、価格が 急騰・急落した時や、取引量が少なくなる時には、スプレッドが広がってしまう可能性が高い ため、注意が必要です。

手数料が安いおすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは 「株式会社bitFlyer」が運営する国内大手の仮想通貨取引所 です。

さらに、ビットフライヤーは「 bitFlyer Lightning 」の取引ツールが非常につかいやすく、初心者でも簡単に取引ができる点も特徴の一つです。

coincheck(コインチェック)

また、コインチェックは 2段階認証 と コールドウォレット を採用しており、第三者による不正利用を防いだり、インターネットに繋がっていないウォレットで暗号資産を管理しているため、安心です。

さらに、コインチェックは2021年上半期において ダウンロード数「国内No.1」 の実績を持ち、多くの投資家達から利用されている仮想通貨取引所です。

最低取引額 約500円
レバレッジ取引
取引手数料 無料
送金手数料 無料

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

また、DMMビットコインの取引ツールは 一つの画面で必要な情報を閲覧・管理できる、自由にカスタマイズできる ため、自分に合った取引ツールを作れる点も特徴です。

最低取引額 0.0001BTC
レバレッジ取引 2倍
取引手数料 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
取り扱い通貨数 14種類

GMOコイン

GMOコインのセキュリティ体制は 「顧客資産の分別管理」「コールドウォレット管理」「マルチシグ」「サイバー攻撃対策」 などの対策を実施しているため、大切な資産も守られています。

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクはただ仮想通貨を売買するだけでなく、 貸仮想通貨サービス スプレッドやツールを徹底比較 も用意しています。

Liquid by FTX

Liquid by FTXは 国内取引所の中でもトップクラスのセキュリティ対策が取られている取引所です。

Liquid by FTXは現物取引にかかる手数料が無料となっています。

ETH現物を買うのに日本円で板取引できるところはないかな~?と探したらLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)がありました。住信SBIネット銀行にも対応してるし、ほとんど英語だけど海外取引所の感覚で使えば良いだけだね~
引用:「Twitter」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる