FXトレーダーブログ

流動性の定義

流動性の定義
シェア

DCMSのセンサー 2028年までに目撃者の驚異的な成長への市場

DCMSのセンサー市場の主要なグローバル参加者は次のとおりです。
Omron Corporation
Pasco
Process-Sensors
Banner
Turck
LumaSense
Keyence
FSG Sensing 流動性の定義
Proxitron
Micro-Epsilon
IFM Electronic
HTM
FLUKE
OPTEX Group
Calex Electronics
Melexis
Eluox Automation
OMEGA
Honeywell

用途に基づくセグメンテーション:
BFSI
ITおよびテレコム
小売
製造
その他

タイプの概要:
温度センサー 流動性の定義
パッシブ赤外線センサー(PIRセンサー)
ガスセンサー
電源および機器の障害センサー
水センサー
その他

目次
1 レポート概要
1.1 製品定義と範囲
1.2 DCMSのセンサー市場についてPEST (政治、経済、社会および技術)分析

2 市場動向および競合情勢
3 DCMSのセンサー市場セグメンテーション‐タイプ別
4 DCMSのセンサー市場セグメンテーション‐エンドユーザー別
5 市場分析‐主要地域別
6 主要国のDCMSのセンサー市場の製品商品
7 北米DCMSのセンサー情勢分析
8 欧州DCMSのセンサー情勢分析
9 アジア太平洋地域DCMSのセンサー情勢分析
10 ラテンアメリカ, 中東/アフリカDCMSのセンサー情勢分析
11 主要メーカー概要

内訳DCMSのセンサー市場レポート:対象オーディエンス
DCMSのセンサーメーカー
下流サプライヤーとエンドユーザー
DCMSのセンサーの貿易業者、販売代理店、リセラー
DCMSのセンサー業界団体および研究機関
プロダクトマネージャー, DCMSのセンサー 業界管理者, Cレベルの業界幹部
市場研究およびコンサルティング会社

TCFD提言に基づく開示について

当社グループでは、「サステナビリティ方針」で公表して いるとおり、気候変動をはじめとするサステナビリティ への取組みを、重要な経営課題と認識しています。また、 「十六フィナンシャルグループSDGs宣言」では、「環境 保全と気候変動対策」を重点課題の1つとしています。 この課題に適切に対応するため、取締役社長を議長と し、グループ経営会議の構成員、統括部長、サステナビ リティ統括室長等により構成される「サステナビリティ 会議」を設置しています。 同会議は、原則として3か月に1回以上開催し、気候変 動を含むサステナビリティに関する取組方針の策定、目 標の設定および取組状況の確認といった重要事項につ いて審議しており、その結果を経営戦略やリスク管理に 反映しています。また、同会議における審議事項につい ては、取締役会へ年1回以上定期的に報告し、適切に監 督される体制を整備しています。

サステナビリティ経営体制 ガバナンス TCFD提言に基づく開示 気候変動がもたらす機会とリスク 当社グループでは「短期」「中期」「長期」の時間軸を設定し、気候変動に伴うリスクと機会を分析して います。シナリオ分析結果等を活用し、脱炭素社会に向かうお客さまをサポートする能動的な対話 (エンゲージメント)の実施や、サステナブルファイナンス、トランジションファイナンス等の金融支援 の強化により、事業機会の創出やリスク低減につなげていきます。 戦略 評価項目 主な機会やリスク 時間軸

機 会 資源の効率性  お客さまの脱炭素社会への移行を支援する投融資やコンサル ティング提供等、ビジネス機会の増加  省資源、省エネルギー化による事業コストの低下  気候変動に対する適切な取組みと開示による企業価値の向上  災害対策のための公共事業やお客さまの設備資金需要の増加 短期~長期 短期~長期 短期~長期 中期~長期 エネルギー源 製品・サービス 強靭性 リ ス ク 物理的 リスク 急性 リスク  異常気象の増加・深刻化に伴うお客さまの業績悪化、担保価値 の毀損による貸出資産価値の低下  当社グループ拠点の被災に伴う業務の中断

短期~長期 短期~長期 慢性 リスク  平均気温の上昇、海面上昇に伴うお客さまの業績悪化、担保価 値の毀損による貸出資産価値の低下 中期~長期 移行 リスク 政策・法律  気候変動に関する規制強化、低炭素技術への投資失敗、消費者 行動の変化などに伴うお客さまの業績悪化による貸出資産価 値の低下  気候変動問題に対する適切な取組みや開示が他社比劣後する ことによる企業価値の低下 中期~長期 短期~長期 技術 市場 評判

※ 「短期」:5年程度、「中期」:10年程度、「長期」:30年程度 気候変動に関するリスクが当社グループに及ぼす影響を把握するため、「物理的リスク」「移 行リスク」についてシナリオ分析を実施しています。 物理的リスク 雨が多い日本では、毎年大雨による河川の氾濫などにより、水害が発生しています。また、近年は、 局地的に短時間で激しい雨が降るゲリラ豪雨が増加傾向にあり、当社営業エリアにおいても大きな 被害が発生しています。 物理的リスクでは、気候変動による大規模洪水の発生頻度の上昇を想定し、「RCP8.5シナリオ (4℃シナリオ)」を前提に、岐阜県内において、気候変動に起因する大規模水害が発生した場合の、 与信関係費用への影響を試算したところ、約31億円の増加が見込まれるという結果となりました。 移行リスク 与信エクスポージャーが大きいセクターやTCFD提言が推奨するセクター等を対象に定性的な分析 を行った結果、当社グループにおいて移行リスクの影響が大きいセクターとして「電力セクター」「自 動車セクター」を選定しました。 移行リスクでは、「RCP2.6シナリオ(2℃シナリオ)」、「NZEシナリオ(1.5℃シナリオ)」を前提に、 炭素税の導入など脱炭素社会への移行に伴う費用増加や売上高減少、市場の将来動向などを勘案 のうえ、与信関係費用への影響を試算したところ、約22億円の増加が見込まれるという結果となり ました。 物理的リスク 移行リスク シナリオ IPCC/RCP8.5シナリオ (4℃シナリオ) IPCC/RCP2.6シナリオ (2℃シナリオ) IEA/NZEシナリオ (1.5℃シナリオ) リスク事象 大規模水害 脱炭素社会への移行 分析対象 岐阜県内の貸出先 岐阜県内の不動産(建物)担保 (保証付住宅ローンは除く) 電力セクター 自動車セクター 分析内容 お客さまの事業停止・停滞に伴う業績悪化 当社不動産(建物)担保の毀損 お客さまの費用増加や売上高減少に伴う 業績悪化 分析期間 2050年まで 2050年まで 分析結果 与信関係費用増加額 最大約31億円 与信関係費用増加額 累計約22億円 分析結果は、一定の前提条件のもとに試算しています。 今回の分析範囲においては、当社グループの財務への影響は限定的なものとなりましたが、引き続 きシナリオ分析の高度化に努めていきます。 シナリオ分析 ※ IPCC (Intergovernmental Panel on Climate Change) : 気候変動に関する政府間パネル ※ IEA (International Energy Agency) : 国際エネルギー機関 リスク管理 当社グループでは、統合的リスク管理の枠組みを整備しており、グループ全体の金融リスクを「信用 リスク」、「市場リスク」、「流動性リスク」、「オペレーショナル・リスク」に分類のうえ、管理しています。 気候変動リスクについては、トップリスクの1つと認識し、金融リスクのリスクドライバーであるとの 考えのもと、信用リスクやオペレーショナル・リスクなどのリスク管理の枠組みで管理していきます。 当社グループでは、「持続可能な社会の形成に向けた投融資方針」を定めています。 リスク管理の考え方 流動性の定義 投融資方針の策定 基本方針 当社グループは、環境・社会的課題解決に向けた取組みを、投融資業務を通じて積極的に支援する ことにより、お客さまの中長期的な企業価値向上や持続的成長に寄与するよう努めます。一方、 環境・社会に対する重大なリスクまたは負の影響を与える可能性のある投融資については、慎重に 判断することで、その影響を低減・回避するよう努めます。 特定セクターに対する方針 石炭火力発電 石炭火力発電所の新設および既存発電設備の拡張を資金使途とする投融資等は 行いません。ただし、災害時対応や日本政府のエネルギー政策に沿った案件等を 例外的に検討する場合は、慎重に対応します。 兵器 クラスター弾、対人地雷、生物・化学兵器の非人道性を踏まえ、資金使途にかかわ らず、こうした兵器を製造する企業に対する投融資等は行いません。 流動性の定義 森林伐採 違法な伐採や焼却が行われている事業に対して投融資等を行いません。また、森林 伐採を伴う資金使途に対する投融資等については、地域経済や環境への影響を 考慮したうえで慎重に対応します。 炭素関連資産 TCFD提言が定義する炭素関連資産のうち、ユーティリティセクターおよびエネルギーセクター向け の貸出残高が、貸出残高全体に占める割合は1.4%となります。その他の炭素関連資産につきまし ては、対象業種を精査したうえで、今後の開示に向けて検討しています。 十六銀行の貸出残高に占める 炭素関連資産の割合 (2022年3月末) ※ 貸出残高=貸出金、外国為替、支払承諾等の合計 ※ ユーティリティには、電力、ガス供給セクターを含み、水道、再生可能エネルギー発電セクターは除く (単位:百万円) 貸出残高 割合 ユーティリティ 45,936 1.0% エネルギー 19,110 0.流動性の定義 4% 合 計 65,047 1.4% 指標と目標 CO2排出量(SCOPE1、2) CO2排出量削減目標 CO2排出量(SCOPE3) (単位:t-CO2) 2021年度 【カテゴリー6】 出張 49 【カテゴリー7】 雇用者の通勤 3,135 その他のカテゴリーにつきましては、今後の開示に向けて算出方法を検討していきます。 2021年度は、11月より十六銀行本店ビルにて岐阜県産CO2フリー電気を導入した効果もあり、 流動性の定義 前年度比852トンの削減となりました。これにより、2021年度のCO2排出量は、2013年度比 ▲34.4%となっています。 当社グループのエネルギー使用に伴って発生するCO2排出量について、以下の削減目標を設定し、 脱炭素社会の実現に向けて取り組んでいきます。 目 標 2030年度のCO2排出量を2013年度比50%削減し、2050年度までにカーボン ニュートラルを目指します。 当社グループでは、お客さまの環境課題の解決に向けた取組みを本業を通じて支援し、脱炭素社会 の実現に貢献するため、サステナブルファイナンスの実行額について以下の目標を設定しています。 サステナブルファイナンス実行額目標 目標額 2兆円 ( うち環境分野 8,000億円 ) 期間 9年間 ( 2022年度 ~ 流動性の定義 2030年度 ) 対象投融資等  サステナブルファイナンス 持続可能な社会の実現に資するSDGs ( 持続可能な開発目標 ) ・ ESG ( 環境・社 会・ガバナンス )への取組みに向けた投融資等  環境分野 環境への負荷を軽減する取組みに向けた投融資等

Professional Studioがものづくりのエンジニアとスタートアップ企業の人材マッチングサービス「Hardtech Talent Studio」をリリース

Hardtech Talent Studio 事業責任者 大庭 崇史
自身が大企業からスタートアップ業界に転身して強く感じた、スタートアップ業界でビジネスや開発がドライブする時、その根底にあるのはいつも「人」だという実感があります。
大企業では当たり前、普通扱いのエンジニアのスキルがスタートアップではとても重要、その人たちをもっとスタートアップに流動させて、ものづくりのスタートアップ業界を活性化させたい、という思いからこのサービスを立ち上げました。

流動性の定義
近年、ハードテックスタートアップ業界は資金増加を背景に活発化しいます。
それを背景に、優秀なエンジニアがより求められていて、活躍できる場がこれまで以上に増えている状況です。
一方で、優秀なものづくりエンジニアのスタートアップ挑戦は以下のような課題から、他業種スタートアップに比べてまだまだ活発とは言い切れないのが実情であると感じています。

ものづくりエンジニアのスタートアップ挑戦における課題感
・エンジニアのスキル理解は当事者以外には難しく、自社や今いる業界以外での自身の価値を測りにくい
・エンジニア自身が自分のキャリアが活きる企業、ポジションの情報がとれない、見極めができない
・ハードテックスタートアップではいつ、どのようなエンジニアが自社に必要で有用なのかの見極めが難しい

そこで、実際に大企業とスタートアップで製品開発を経験してきたエージェントや、製造業向けのエンジニア支援を長年経験してきたエージェントがエンジニアのポテンシャルを正しく理解し、活躍できるスタートアップへの挑戦を支援するサービスと、ハードテックスタートアップの技術や開発要件を理解し、必要なエンジニア要件の定義や人材紹介を行うサービスとして、「Hardtech Talent Studio」をリリースいたします。


「Hardtech Talent Studio」に関して

■エンジニア向けキャリア支援
従来のスタートアップ向け転職エージェントとは異なり、特にものづくりが介在するハードテックビジネスに特化し、製品開発の知識・経験が豊富なエージェントがエンジニアに寄り添ったキャリア支援を行います。
[画像3: リンク ]


<特徴>
01.エンジニア出身のエージェントによるキャリア相談
・ご相談者様のスタートアップでの価値やポテンシャルなどについて、大企業とスタートアップ双方での製品開発を熟知したエージェントによるキャリア相談が可能です。 流動性の定義
・スタートアップ業界とエンジニアリングに精通したエージェントがビジネス面、技術面の双方の視点から、ご相談者様の志向にマッチした企業・ポジションをご提案します。

02.独自の業界ネットワークとビジネス視点でのご提案
・スタートアップスタジオ / VCを運営するXTechグループが持つスタートアップ経営層との独自ネットワークから、成長性の高い企業を厳選してご紹介します。
・エンジニア to エンジニアというキャリアパスだけでなく、ご経験をもとに経営陣に近い位置で事業の開発に携わっていただくようなポジションのご提案なども可能です。


■スタートアップ企業向け組織構築支援
単純な採用代行、人材支援だけでなく、技術開発体制の構築やエンジニアの要件定義、採用支援など、組織と人の面で開発をドライブさせるためのご支援をさせていただきます。
開発要件から、どのようなエンジニア人材がいつ必要かなど、製品開発エンジニアにしかできない組織構築のご支援が可能です。
[画像4: リンク ]


<特徴>
01.開発組織構築の計画策定・実行支援
・ビジネス視点と技術視点の両面で、製品開発のために必要な組織構築の計画策定から実行をご支援します。
・製品化実現に必要な要件定義と、そのために必要な製造・品質・生産技術などの人材まで含めた採用計画策定から実行までをご支援します。

02.エンジニア人材の要件定義と採用支援
・ベースの技術や開発する製品に最適なエンジニアの要件定義と、それにあった人材の採用までをご支援します。
・エンジニア候補者との面談の代行や同伴による、マッチング判断のご支援も行います。

Professional Studioではスタートアップ幹部人材紹介を行っており、ハードテックスタートアップへのCxOレイヤー、ビジネスサイドのポジションのご支援も可能です。
ハードテックスタートアップ向けに、エンジニア以外の幹部人材紹介にも注力してまいります。


Professional Studio 代表取締役 市川 龍太郎
東京大学教養学部卒業後、2014年Rettyに新卒1号社員(7番目社員)として入社し、グロースハッカー、メディア広告事業部立ち上げ、人事を経験。
その後、ボストン・コンサルティング・グループに入社し、国内大手企業を対象とした事業戦略策定・営業組織改革、M&A支援などに従事。
2020年1月にXTechに入社し、4月に当社代表取締役に就任。


Hardtech Talent Studio 事業責任者 大庭 崇史
大学卒業後、ヤマハ発動機に入社しモーターサイクルの開発に従事。
その後、スタートアップ業界に転身し、ispaceにて月面着陸船や探査機の開発、A.L.I.Technologiesにて副本部長として事業/製品開発、組織マネジメントなど事業部運営に従事。
アクセンチュアのシニアマネージャーを経て、2022年4月より当社に参画


■Professional Studio株式会社
設立:2020年4月
本社所在地:〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1Daiwa麻布テラス4F
代表取締役:市川 龍太郎
取締役:多治川 友之
URL: リンク
事業内容:スタートアップ企業向け幹部人材紹介、採用支援サービスの運営

■XTech株式会社
設立:2018年1月
本社所在地:〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-20 東京建物八重洲さくら通りビル3階
代表取締役:西條 晋一
URL: リンク
事業内容:インターネット関連事業、Startup Studio(スタートアップスタジオ)の運営

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

【意外】ジョブ型の落とし穴?5つの誤解を解く

The Wall Street Journal 日本版が読み放題

今すぐ無料トライアル

KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英語: KDDI CORPORATION)は、携帯電話事業などを手掛ける日本の大手電気通信事業者。本社は東京都千代田区飯田橋。日経平均株価およびTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。ブランドスローガンは「Tomorrow, Together」(2019年5月15日 - )。 ウィキペディア

シェア

株式会社三菱ケミカルホールディングス(みつびしケミカルホールディングス、Mitsubishi Chemical Holdings Corporation)は、東京都千代田区丸の内一丁目1番1号に本社を置く日本の共同持株会社で、日本最大の化学会社企業。東証一部上場。 ウィキペディア

シェア

株式会社リコー(英語: RICOH COMPANY,LTD.)は、事務機器、光学機器などを製造するメーカー。主な製品は複写機、ファクシミリ、レーザープリンターやそれらの複合機、カメラ(デジタルカメラなど)である。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア

シェア

シェア

富士通株式会社(ふじつう、英語: Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカー、総合ITベンダー。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。日経平均株価およびTOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア

シェア

川崎重工業株式会社(かわさきじゅうこうぎょう、英語: Kawasaki Heavy Industries, Ltd.)は、東京都港区と兵庫県神戸市中央区に本社を置く日本の企業である。オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶・軍事ヘリコプターなどの輸送機器、その他機械装置を製造している。三菱重工業(MHI)・IHI(旧石川島播磨重工業)と共に三大重工企業の一角を成す。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア

シェア

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる