通貨オプション入門

値幅の取り方と損切のポイントとは

値幅の取り方と損切のポイントとは
  1. 発行元の当社、株式会社グロースアドバイザーズ注目の銘柄について、5銘柄以上を推奨理由と共に無料公開いたします。正規の投資顧問サービスのアナリストの実力を、まずは実感してください。情報は専用サイトにて閲覧していただけます。
  2. 期限を設けず、購入ユーザー様からの教材手法に関するご質問にお答えいたします。サポート用メールアドレス、またはサポートダイアル(03-6661-6423)にお気軽にお問い合わせください。※サポート期間:無制限、サポート回数:無制限
  3. プロのアナリストが分析した市況ニュースをメールでお届けします。とくに翌日の相場のポイントを解説した、明日の株新聞には定評があります。個人投資家必見のメールマガジンです。

レンジ相場でもトレンド相場でも値幅を取れる!川崎ドルえもん氏が解説する「グルトレ」の真髄

川崎ドルえもん

自称「底辺高校」を卒業後、建築現場などで働き始め、2010年からFXを開始。裁量トレードでの失敗を糧に、2016年に“ほぼ”値幅の取り方と損切のポイントとは ほったらかしで運用できる「グルグルトレイン」を開発。以降、年率10~20%のリターンを安定的に稼ぎ続けている。その手法の詳細は「川崎ドルえもんのFXブログ」や『話題のFX新手法 底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った【1日5分で稼ぐFX】グルトレ完全ガイド!』(ダイヤモンド)などで公開中。
Twitter:@kawasakidoruemo_

レンジ相場でもトレンド相場でも値幅を取っていける手法

川崎ドルえもんさん

――“ほぼ”ほったらかしのトレード手法「グルグルトレイン(通称グルトレ)」は今や多くのFXトレーダーに知られています。どういったきっかけで生まれたのでしょうか?

――そのグルトレの手法を説明してもらえますか?

――トレンドが発生すると売りと買いのどちらかのポジションの含み損が増えていってしまうと思いますが。

――子がグルグル回転してコツコツ利益を稼ぎ出し、トレンド局ではサポートでトレンドに乗って利幅を稼ぐわけですね。

負けトレードを繰り返した後に生まれた「グルトレ」

川崎ドルえもんさん

――よく練られた手法だと思いますが、確立するまでには時間がかかったのでは?

――どういったきっかけでFXを始めたんですか?

――ただ、裁量トレードではうまく増やせなかったため、グルトレを開発するようになるわけですね。

――グルトレ考案後は勝てるようになりましたか?

――そのためにはトレンドを読む必要がありますよね。

――下落トレンドに変わったと判断したらすべて決済して、“売りのグルトレ”に切り替えるわけですね。

トレードで注意すべきは「資金管理」

川崎ドルえもんさん

――グルトレで大負けすることはないんでしょうか?

――どんな相場にも対応できるようトレードを進化させているようですが、実践するうえで気を付けるべきことはありますか?

株式評論家・【株とまとの「株式情報」】

わずか6パターンのチャートを頭に叩き込むだけで、初心者でも急上昇相場をゲットできる!

初心者トレーダーにとって最も即効性の高い方法は何か?

(レンジブレイクのチャート)

重要なことは「買い場に至るまでの流れ」。

なぜ3回なのか? 4回ではだめなのか? 2回だとどうなるのか? なぜ窓を空ける必要があるのか? などなど、初心者には疑問でも、とにかく3回窓を空けて売られたら買い、ということです。

【速効プレミアムチャートDX】は徹底的に「損切り」にこだわりました

・損失を受け入れることができない。

速効プレミアムチャートDX-デラックス-は練習問題付き!

[練習チャート] ADEKA 2012年4月〜2013年4月

「理想のチャート」はこれだ!

(チャート1)(チャート2) (チャート3)

(チャート)

この質問に答えるためには、「理想のチャートパターン」がなければいけません。理想のチャートパターンがある、ということは「理想の買い場がある」、ということであり、「準備」することができる、ということです。

(チャート)

(チャート)

モニター参加者の声01 神奈川県 50代 男性 K.Y 様
第何章のマニュアルが良かったでしょうか?
実践で使えそう(使えなさそう)だと感じた投資法
今まで知らなかった投資の知識があったかどうか

「速効プレミアムチャートDX」目次

    値幅の取り方と損切のポイントとは
  • まえがき
  • 第1章 レンジブレイク
    1. レンジブレイクのときに見るべきポイント
    2. レンジブレイクのパターン1
      • 問題点1
      • 問題点2
      • 問題点3
      1. トレンド転換の兆しを見つける
      2. 下落トレンドの定義
      3. 上昇トレンドに転換する兆し
      4. 買い場はどこか
      5. 買いを決断するポイントとキャッシュ
      6. 買いポイントの決め方1
      7. 買いポイントの決め方2
      8. 派生的な手法
      1. 値幅調整
      2. 日柄調整
      3. 日柄調整の判断ポイント
      4. 日柄調整を加味した良いチャート
      5. 第2のポイント
      6. 第3のポイント
      7. まとめ
      1. 急騰後も下がらない
      2. 損切りポイント
      3. 空売りが可能な銘柄の場合
      1. セリング・クライマックス
      2. 緩やかな下落傾向が続いている
      3. 出来高・売買代金が急増する
      4. 一定期間の安値を下回っていること
      5. どこで買いに動くのか?
      6. 損切りポイント
      7. エントリーポイント
      8. 上級エントリー
      1. タイムカット
      2. エントリー時間
      3. デイトレードに適した日足チャート
      1. 練習問題
      2. レンジブレイク
      3. トレンド転換を狙った買い
      4. 値幅調整と日柄調整
      5. 上昇調整
      6. 突っ込み買い

      【速効プレミアムチャートDX】 商品画像

      購入特典

      1. 発行元の当社、株式会社グロースアドバイザーズ注目の銘柄について、5銘柄以上を推奨理由と共に無料公開いたします。正規の投資顧問サービスのアナリストの実力を、まずは実感してください。情報は専用サイトにて閲覧していただけます。
      2. 期限を設けず、購入ユーザー様からの教材手法に関するご質問にお答えいたします。サポート用メールアドレス、またはサポートダイアル(03-6661-6423)にお気軽にお問い合わせください。※サポート期間:無制限、サポート回数:無制限
      3. プロのアナリストが分析した市況ニュースをメールでお届けします。とくに翌日の相場のポイントを解説した、明日の株新聞には定評があります。個人投資家必見のメールマガジンです。

      関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる