テクニカル分析の基礎

確率論で取引する

確率論で取引する
そう、矛盾を抱えながら根拠も無くFXはギャンブルで無いと書く

妄言、虚言しか書かない

それがFXはギャンブルではないって言う人たちです

今までにまともな根拠を書いた人を知らない

【 確率論で取引する 】


おはようございます、トレーダーの久保です♪


写真はメンバーさんからの日給報告です。

+135万円と圧倒的に結果を出されていますね。

しかし投資に、
トレードの世界に100%!絶対!ということはありません。

そんなことを予測出来るのは
神様くらいのことでしょう。


では、なぜ私達が安定的に利益を上げることが
出来ているのかについてお話ししていきます。

株、FX、先物などのチャートが存在するものは、
テクニカルというチャート分析をすることが出来ます。

そのテクニカルを使い、優位性のある、
勝率の高いポイントを探し出します。


特に為替の世界は2分の1、
目をつぶって取引したとしても勝率は50%になります。

ただ、勝率が50%だと手数料分を引かれると
どんどんマイナスになってしまいます。


そこで、先ほどお話ししたテクニカル分析を用いて
優位性のあるポイントを検証し、
勝率の高いポイントを探し出します。


私達も過去10年分を検証し、
もっとも勝率が高く、
普遍性のあるところを完全にノウハウ化しております。

それを使い今現在も利益を上げている方が
多数いらっしゃいます。


私達のノウハウを使いバイナリーオプションで
取引したことを具体例としてあげてみましょう。


仮定

・取引は10回

・1エントリー1万円(同額でのエントリー)

・ペイアウト0.8(手数料)

・ノウハウでの勝率80%

だとすると、

勝ちは、10,000 確率論で取引する 8 0.8=64,000

負けは、10,000 2=20,000

になるので、

勝ち分64,000負け分20,000=44,000

利益44,000

ということになります。


お分り頂けたでしょうか?


我々の取引は勝率を7割、
8割と上げていくことが可能です。

しっかりとノウハウを理解し、
優位性のあるポイントを確率論で
取引することで着実に利は残ります。


難しく考えず、
ただノウハウに従いエントリーするだけ。

もちろん、負けるエントリーはありますが、
それは確率論で負けに当てはまっただけのこと。

気にせずエントリーし続けることが重要です。


そうすることで確率は収束され、
利益もどんどん生まれます。


もし、これから株やFX、
先物やバイナリーなどを始められる方は、
お話しした

"確率論"

を念頭において取引してみて下さい。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

ファッションは好きですかね?
好きでなくとも今年の流行というのはマスコミとかで聞いたことはありませんか?
流行ってどうやって起きていると思っていますか?
あれは流行を起こす前に2年前から構想を考えて戦略的に広告宣伝を行って2年後に売るんですよ
モデルとかがファッションショーとかやっていますが基本あれは半年先に販売する服です
つまり、夏に冬服をきて、冬に夏服を着るのがモデルの仕事
こういう細かく心理学的に正しい戦略のもと流行は起きます

それでは他の分野は絶対に起きないのですか?
オプジーボという薬がノーベル賞を取りましたが、その論文は何年も前に発表されています
もちろん、医薬品が発売される前ですよね?
つまり、どんな分野でも下積みの研究や戦略、デザイン、開発は行われているのです

そうなると、会社が取った戦略によって株価が影響するのは当然の結末
もしあなたが言う通り株が運や勘ならば経営者はなんのためにいて、なぜあれだけ高給取りなのかちょっと説明してみてくださいよ

投資を確率論という奴は勉強不足

魚釣りや漁と一緒

天候(地合)、季節(時期)、潮(トレンド)、仕掛け(トレード手法)等々・・

その時に合わせてやればプラスになる。年月を重ねるごとに言葉では説明できない釣り師の勘が冴えてくる。


何も知らないで海に船を出したら釣れるか釣れないかは「運」のみ。

20世紀の中盤ごろまで、いわゆる金融市場はまともな市場とは見なされていなかった。

つまり、君同じ見方のただのカジノだというわけで、株価の動きには経済学の理論が当てはまる余地はほぼないと考えられていたのだ。


だがしかし、ファイナンス理論の祖の1人であるハリー・マーコウィッツは1952年シカゴ大学博士論文のテーマに株式を選び、株価の動きは、ルーレットやサイコロのように、確率論的にランダムに決まると結論づけたことは誰もが知る史実だ。

株が上がる確率と下がる確率はまったく同じだと考えは、サイコロが10回連続で1の目になったとしても、11回目に1が出る確率は高くも低くもならないことと同じように、株価の将来の動きも、過去の動きには一切影響を受けずランダムに推移する。

このでたらめな動きこそ、Random Walk(ランダムウォーク)と呼ばれる。日本語では酔歩と訳され、酔っ払いがどこに行くかの予想がつかない状態と同じとされる。

この背景には、19世紀のイギリスの植物学者Robert Brown(ロバート・ブラウン)が提唱したブラウン運動があることを知る者は少ない。

この運動の正体は、媒質の熱運動による物理学的事象にあることをアインシュタインが発見したのだが、ハリー・マーコウィッツは株価の動きもこのブラウン運動と似たようなものではないかと考えたのだ。

株価のリスクを標準偏差として表現するという発想は、それほど古くからある考え方ではなく、ファイナンス理論はその経済学の中でも最若手の分野だと言える。

株取引もギャンブルも確率論であることには変わりない

株取引のほうが、運や勘が重要

他人が気づいていないことに気づくことが重要だから

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる