バイナリーオプション取引

テクニカル分析解説

テクニカル分析解説
LION FXの取引ツールには、過去のデータから為替予想をしてくれる「さきよみLIONチャート」やトレンドが一目で分かる「シグナルパネル」という機能が搭載されています。テクニカル指標(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など)の分析結果を一覧表示してくれるため、売買のタイミングが簡単に分かってとても便利ですよ。 出典: ヒロセ通商(LION FX)の特徴・評判

初心者のためのテクニカル分析

初心者のためのテクニカル分析

チャート、チャート、チャート
テクニカル分析を習得しようとするなら、腕まくりをしてチャートと向かい合う準備をしましょう。チャートにはテクニカルトレーダーの主要なツールとなる、正当な理由があります。すべての市場情報が価格に反映されているとすれば(もちろん理論上の話です)、トレーダーが考慮しなければならないのは価格変動だけ、ということになります。チャートにはどんな種類があるのでしょう?チャートの前に、2種類の動物について、お話しましょう。熊と雄牛です。

市場のトレンド

ブル・ベア市場

ブル市場(強気市場)
ブル市場は価格が上昇中、または上昇が見込まれる金融市場のことです。このタイプの市場は「楽観主義」と特徴付けられ、トレーダー間では一般的に自信が感じられます。伝統的には「ブル市場」という場合株式市場を意味していましたが、現在ではこの言葉は商品や通貨取引の描写にも使われています。

ベア市場(弱気市場)
ベア市場はブル市場の反対です。このような市場では、価格は下落中または下落が予測されています。ベア市場は一般的に悲観的でトレーダー間の不安定性と不確実性で特徴付けられます。

もっとチャート

チャートタイプ

ラインチャート

バーチャート

バーチャート

バーチャートの例はこちらです。

ローソク足チャート

ローソク足チャート

支持線と抵抗線

支持線と抵抗線

取引量の概念の理解
これは、オンライントレーダーにとって非常に重要な概念で、特定の取引可能銘柄の取引されている契約の総量を指します。たとえば株式の場合、ある取引日の間に持ち主が変わった株の数が取引量です。なぜ取引量が重要なのでしょう?通常、取引量が多いほど価格はより速く変動し、オンライントレーダーに、より多くの機会を提供します。新商品や買収についてのニュースや、予想外の四半期報告書、主要な発表は、すべて株式取引量の一時的な増加につながる可能性があります。

相対力指数の理解
相対力指数(RSI)はある銘柄または市場が買われすぎているのか売られすぎているのかを測る、興味深い指標です。その方法ですか?実際の計算方法は省きますが、この計算で最近の下げ幅と上げ幅を一定期間で比較します。RSIは一般に運動量指標として分類されます。

ピボットポイント

MACDとは

MACDはMoving Average Convergence/Divergenceの略(移動平均収束拡散法)です。簡単に言えば、株価のテクニカル分析に使われる取引指標です。理論的には、方向、強さ、感覚、トレンドの勢いの変化を見出すとされています。今から数学の講義が始まると思いましたか?必要な計算をマスターしたいと思った方は、その前に他の資料も少し読んでみて、この指標があなたに役立つかどうか考えてみてください。

エリオット波動

ボリンジャーバンド

他にも興味深い要素があります。価格動向の約90%はこのバンドの範囲内に収まっています。このバンドを上または下に突き抜けると、主要なイベントとみなされます。しかしながらこのような突き抜けを取引シグナルと混同しないように注意しましょう。この突き抜けは将来の価格変動の程度や方向を示唆するものではありません。

もちろんこれらはボリンジャーバンドがあなたの取引に役立つということを意味するわけではありません。これはあなたが自由に、使うか使わないか選択できる理論であり、使うことにした場合でも、ボリンジャーバンドは通常は単独では使われず、他の標準的な方法と併用されます。

フィボナッチ戦略

フィボナッチ数列は、最初の2つの数字に続くすべての数字は、その前の2つの数字の和であるという事実によって特徴づけられます。以下は現代のフィボナッチ数列の例です。
0 , 1 , 1 , 2 , 3 , 5 , 8 , 13 , 21 , 34 , 55 , 89 , 144 , …

FXテクニカル分析 6種類!初心者におすすめの組み合わせ術も大公開

FXのテクニカル分析方法

分析方法

投資家

テクニカル分析って、なんだか難しそうな響きだな…初心者でも簡単にできる方法ないかな?

テクニカル分析とは、過去の値動きのパターンから予想する分析方法のこと。過去の傾向が分かれば、ある程度未来の値動きも予測することができるのです。

テクニカル分析とは

ほとんどのFX会社のチャートにはテクニカル分析用の機能(テクニカル指標)が搭載されていますので、初心者でも一度仕組みを理解すれば格段に為替予想がしやすくなります。

FX初心者

テクニカル分析には、 暗記不要初心者でも簡単にできる 方法も存在します。

ヒロセ通商など一部のFX会社では、自動でテクニカル分析をしてくれるツールが無料で利用可能!

FXの代表的なテクニカル分析方法一覧【6種類】

FXの移動平均線とは

ボリンジャーバンドとは

FXの一目均衡表とは?

FXのMACDとは

ストキャスティクス

RSIとは?

テクニカル分析の王道

移動平均線とは、ある期間の平均価格を計算して、相場の方向性を分かりやすくした線のこと。

移動平均線はテクニカル分析の王道で、ボリンジャーバンドやMACDなど他のテクニカル分析にも応用されているため、最初に覚えておくと後で楽になりますよ。

ゴールデンクロスとデッドクロス

エフ男 テクニカル分析って、一体どれから覚えたらいいんかなぁ〜? テクニカル指標にはさまざまな種類がありますが、中でも最も一般的な分析方法がこの移動平均線! 移動平均線とは、ある一定期間の平均価格を線でつな.

ボリンジャーバンドとは

高校などのテストで用いられる偏差値のようなもので、平均からどのくらい値動きがあるかを算出し、値動きが収まるであろうレンジを表示してくれます。

テクニカル分析の種類

統計学の理論に基づくと、レートがそれぞれの線の間に収まる確率は以下の通りです。

ボリンジャーバンドとは、統計学の標準偏差と正規分布に基づいて価格が変動する範囲を予測するテクニカル指標です。 エフ男 小難しい言葉並べてインテリぶってないで、もうちょい簡単に教えてちょ …失礼しました。「偏.

FXの一目均衡表とは?

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、5本線から構成されるテクニカル指標。

一定期間の買い手と売り手の均衡点(パワーバランス)を計算して、現在の価格が買い or 売りのどちらが優勢なのかを分析します。

テクニカル指標の使い方

おすすめテクニカル分析

MACD(マックディー)は短期と中長期の2つの移動平均線を利用し、売買の方向を分析するテクニカル指標です。

MACDとシグナル

基本線であるMACD(指標名と同じ)とシグナルという2本の線で相場の判断をします。

ストキャスティクス

このように買われ過ぎ or 売られ過ぎを判断するテクニカル指標をオシレーター系と言います。

オシレーター系テクニカル指標

ストキャスティクスでは、「%K(パーセントK)」「%D(パーセントD)」「Slow%D(スローパーセントD)」という3本線を利用します。

テクニカル分析初心者

「ストキャスティクス」って、完全に早口言葉みたいですね

エフ男 ストキャスティクスって完全に早口言葉みたいだけど…どんなテクニカル指標なんや? テクニカル分析解説 ストキャスティクスには、ファストとスローの2種類があるのですが、ファストの場合は「ファストストキャスティクス」と呼ばれて.

RSIの分析

RSI(アールエスアイ)は、ある期間の「値上がり幅」と「値下がり幅」から値動きの強弱を判断し、買われ過ぎ or 売られ過ぎを分析するテクニカル指標です。

オシレーター系の指標

一般的には、RSI(右側の数字)が25〜20以下になると売られ過ぎで買い時のサイン、70〜80以上では買われ過ぎで売り時のサインと判断されています。

エフ男 RSIって、一体どんなテクニカル指標なの? RSIとは、一定期間での値動きの強さ or 弱さを数値化し、買われ過ぎや売られ過ぎを判断するテクニカル指標のこと。ストキャスティクスなどと同じく、オシレータ.

おすすめのFXテクニカル分析 組み合わせ術

FX投資家

そんなあなたでも大丈夫!ヒロセ通商(LION FX)では、自動でテクニカル分析をしてくれるチャートを無料で提供しています。

さきよみLIONチャート

LION FXの取引ツールには、過去のデータから為替予想をしてくれる「さきよみLIONチャート」やトレンドが一目で分かる「シグナルパネル」という機能が搭載されています。

テクニカル指標(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など)の分析結果を一覧表示してくれるため、売買のタイミングが簡単に分かってとても便利ですよ。

出典: ヒロセ通商(LION FX)の特徴・評判

FX初心者

通貨ペアごとにテクニカル指標(移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・MACD・ストキャスティクス・RSI)のシグナルを一覧表示してくれるため、最適な売買タイミングも一目でわかります。

テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理

テクニカル分析

株価分析の手法は、ファンダメンタル分析とテクニカル分析の2つに分けられます。 ファンダメンタル分析では企業の適正価格を知ることができ、テクニカル分析では売買タイミングを読むことができます。 テクニカル分析解説 両者を使い .

MACDとは?見方や使い方、注意点をわかりやすく解説

MACD=移動平均収束拡散法はテクニカル指標の一つで、オシレーター系指標に分類されます。 関連記事 ・テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ MACDとは?(移動 .

テクニカル分析「出来高」をわかりやすく解説

出来高は「トレンド追随型指標」や「オシレーター系指標」の補完として用いられるテクニカル指標です。 ⇒テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ 出来高とは出来高の見方 .

RSIとは?見方や使い方、注意点をわかりやすく解説

RSI=相対力指数は テクニカル指標の一つで、オシレーター系指標に分類されます。 ⇒テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ RSIとは(相対力指数)RSIの見方R .

テクニカル分析「オン・バランス・ボリューム」をわかりやすく解説

OBV=オン・バランス・ボリュームは 「トレンド追随型指標」や「オシレータ系指標」の補完として用いられるテクニカル指標です。 ⇒テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 も .

2~18歳まで児童養護施設で育ち、高校卒業後サラリーマンとなる。 銀行で勧められて買った商品がいわゆるぼったくり投資信託だと知り、投資や経済について探求。 お金にまつわる有益な情報を発信していきますので、末永くごひいきに。

バイナリーオプションのチャート分析(テクニカル分析)方法を徹底解説

必勝法

  • テクニカル分析の重要性がわかる
  • どのような分析方法があるのかがわかる

そもそもテクニカル分析とは何なのか?

具体的にどのような分析を行えばいいのか?

バイナリーオプションでは テクニカル分析(チャート分析) を使って取引を行うのが一般的なので、 これからバイナリーオプションで稼ぎたいと思っている方はぜひご覧になってください。

  • 1 バイナリーオプションにおけるテクニカル分析(チャート分析)の基本
    • 1.1 テクニカル分析をすると勝率が上がる理由
    • 1.2 テクニカル分析で相場を読む
    • 2.1 チャートの読み方
    • 2.2 チャートを読むためのツール
    • 2.3 チャートの見方
    • 2.4 バイナリーオプションでは逆張りがメイン
    • 3.1 ダウ理論
    • 3.2 ライントレード
    • 3.3 フィボナッチリトレースメント
    • 3.4 チャートパターン
    • 3.5 マルチタイムフレーム分析(MTF分析)
    • 3.6 ダイバージェンス
    • 3.7 バンドウォーク

    バイナリーオプションにおけるテクニカル分析(チャート分析)の基本

    バイナリーオプションは15分以内の短期取引(長くても1時間)の投資ですので経済指標など世界情勢から価格予測するファンダメンタルズ分析より 過去の値動きを見て価格を予測するテクニカル分析がメインの分析方法 となります。

    テクニカル分析とは?チャートの本質を徹底解説!

    テクニカル分析

    本日のブログは 「テクニカル分析とはそもそも何なのか?」 てなところを掘り下げながら、FXの本質に迫るテーマで書いていきたいと思います。

    最近ではTwitterでもチャートを見ながら分析して戦略的なトレードをしている人たちも頻繁に見かけますし、当ブログで運営しているFX道場でも 「改めてきちんとテクニカル分析を勉強したいです!」 という方が参加してくることがかなーり多くなってきましたねぇ~~

    テクニカル分析を勉強し始めたばかりの方も、すでにテクニカル分析でトレードしてる方も、 「そもそもテクニカルでFXを攻略すること自体がどういうことなのか?」 というのが曖昧なままトレードしてしまっているのではないかと感じてしまうことがあります。

    今回はこれからしっかり勉強してFXで勝てるようになりたい! テクニカル分析解説
    と考えている人たちのために、改めて「 テクニカル分析ってなんですの?」 というところをしっかり書かねばならんなと思った次第です。

    テクニカル分析とは?

    過去に起こった値動きの パターン や相場の 方向感 から、これから起こるであろう未来の値動きを予測しよう!というチャートの分析方法のことです(・∀・)

    この 「過去~現在の比較から未来の動きを予測する」 という点において、天気予報とテクニカル分析はなかなか似ているんじゃないかなーと思います。

    テクニカル分析では過去の値動きはチャートのローソク足を、値動きの統計とか平均値とかは視覚的に分かりやすくグラフ化した インジケータ― という指標を主に使って、過去の値動きと現在の値動きを比較しながら将来の値動きを予測します。

    インジケーターには主に 「トレンド系」 と 「オシレーター系」 の2種類があり、それぞれ異なる特徴を持っていますので、簡単に説明いたしましょう♪

    トレンド系は方向感が分かるインジケーター

    トレンド系の主な役割は、現在の相場が買い傾向にあるのか?それとも売り傾向にあるのか?といった相場全体の方向感であったり、過去の値動きと比べた時に現在のトレンドはどれくらい勢いが強いか?といった相場の勢いを視覚的にわかりやすくすることです。

    オシレーター系は過熱感が分かるインジケーター

    どこかで 「上がり過ぎだ!」 「下がり過ぎだ!」 と考える人がいて、逆張り(価格が高くなったこところで売り・安くなったところで買う)する人が多数になり、価格は遅かれ早かれ「戻って」くる可能性が高いのであります。

    agarisugisagarisugi

    rsi-ex

    なぜテクニカル分析でFXが攻略できるの?本質に迫る

    為替レートというは、トレーダーの「買いたい・売りたい」という 需要の変化(心理状況の変化)と、実際の売買行動が相場に影響を与えて価格を動かしているから なのです(・∀・)

    熱狂的なトレンド

    割高・割安感による反発

    人の心理が影響している為替市場だからこそ 「相場の方向感・傾向」 が生じてくる、というわけですね(・∀・)

    テクニカル分析を利用して、こうした多くの市場参加者の心理を先取りして予測たり、過去のパターンを考慮しながら、 今の相場の中でエントリーするなら最も最適なポイントはどこか? という視点でFXを攻略できるのがテクニカル分析の強みなのであります。

    ORZコラム:
    利益を出したい&損したくない心理が相場を作る!

    これは何も個人投資家に限った話ではなく、 国も、銀行も、民間企業など多くの市場参加者が過去の価格変動 というものを意識しています。

    なぜなら 相場を意識しないと損をしてしまうかもしれないから です!

    例えばTOYOTAとかは 1円円安になれば、利益が400億増えると テクニカル分析解説 か言われてます。
    「為替レートが114円なら何兆円の営業利益」 という感じで業績の見通しを投資家向けに発表しています。

    テクニカル分析の「パターン」や「型」を過信しすぎるのも注意!

    ウキウキなひよこ

    FXを始めたばかりの頃ってついつい 「負けないトレード手法!」 とか、 「無敗のトレード論!」 みたいなものの誘惑に負けてしまいそうになります。

    なぜ安定して稼ぎ続けることができなかったのかというと、それは 相場が天気のように様相を変えることが多々あるから なのです。

    実際、天気にも 「今年は異常気象です!」 みたいな例外があるように、相場においても必ずしも同じパターンやクセが続くわけではなく、場合によっては相場の方向感がファンダメンタルズ的な要因によって大きく変わったりすることもあります。

    すると 晴れの日には効いていた手法も雨の日には効かなくなる・・・
    みたいなことになってくるわけですね。

    手法における「勝率」もあてにならん!

    例えば、ここに 勝率80% といわれる手法があったとして、 テクニカル分析解説
    仮にその手法で100回トレードした結果、20回失敗したけど80回は成功したということであればそれは確かに過去のデータでは勝率は高いといえるかもしれません。

    んがしかし。
    それが1万回、10万回と未来の相場でトレードした結果勝率を8割キープできているかは 無限回数試してみないとわかりません。

    ですので、ちまたで言われている勝率がものすごい高い手法!というのは、未来からやってきた未来人が「この手法は80%で勝てる手法だったぜ!!」と言い切るのならわかるのですが、過去に実践してきた人が勝率について言及するのであれば、正しくは80%の確率で過去の相場で”勝てた”手法であって、あくまで過去形なんです。

    同じパターンや型を繰り返していくために、テクニカル分析するのではなく、その時々の相場環境をしっかり観察し、最も最適なエントリーポイントや決済ポイントを見つけるために過去の値動きやパターンを参考にするのが テクニカル分析 であり、FXの本質だと思うのです。

    テクニカル分析ができる「2つのこと」

    こんな感じで現在の価格から相場が動いていった先に、どんな展開が待っているのかを 先回りして考えていく のです。

    そして、この環境認識〜シナリオ立てを行う上で大切なのは、
    現在の相場で 「最も理想的なエントリーポイントはどこか?」 という視点を持つことと、「ここでエントリーしたい!」という最適なポイントが見つかったら、しっかりとその価格まで相場がやってくるのを 「待つ」 こと。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる