戦略

日本国内の証券取引所一覧とその歴史

日本国内の証券取引所一覧とその歴史
TOKYO PRO Marketとは、「TPM」「プロマーケット」と呼ばれている、東京証券取引所(東証)が運営する株式市場の1つで、2009年に開設されました。大きな特徴は、“プロ向け”の株式市場であること。プライム・スタンダード・グロースのような一般市場の場合は、個人でも法人(企業)でも、誰もが投資家として自由に市場に参加する(株を買う)ことができますが、TOKYO PRO Marketは、参加する(株を買う)ことができる投資家を、株式投資の知識や経験が豊富なプロ投資家(=特定投資家)に限定しています【図:東京証券取引所の株式市場】。プロ投資家しか参加できないようにすることで、多くの人々が参加する一般市場よりも柔軟な上場基準(制度設計)が可能となっており、幅広い企業の皆さまにご活用いただいています。
現在、TOKYO PRO Marketに上場している企業数は、ほかの市場と比べてまだ少ないですが(表:株式市場ごとの上場企業数)、TOKYO PRO Marketに新しく上場する企業の数は、右肩上がりで増加しています(表:株式市場ごとの新たに上場した企業の数)。
多く企業に門戸を開いている株式市場として、TOKYO PRO Marketは、いま、最も注目されています。

日本国内の証券取引所一覧とその歴史

- 4月19日に厚生労働省より製造販売承認を取得した武田薬品の新型コロナウイルス感染症ワクチン
- 特例臨時接種の指定を受け、「ヌバキソビッド ® 筋注」接種に向けた体制が整う

当社ジャパン ファーマ ビジネス ユニット ワクチン事業部の事業部長である今川昌之は、「パンデミックワクチンは我が国の安全保障において重要な施策です。当社として2剤目の新型コロナウイルスワクチンとなるヌバキソビッドは国内製造ワクチンであり、これまでに他のワクチンで接種実績がある組み換えタンパクワクチンです。日本の皆様に新たな選択肢として本ワクチンを提供できることを誇りに思います」と述べています。

本ワクチンおよび接種に関する詳細は厚生労働省の下記サイトをご覧ください。
<新型コロナワクチン接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」>
https://v-sys.日本国内の証券取引所一覧とその歴史 mhlw.go.jp/

<武田薬品の新型コロナウイルス感染症への取り組みについて>
  • ワクチン:当社は、新型コロナウイルス感染症ワクチンの日本への導入と安定的な供給確保のため、日本政府、Novavax社およびModerna社と提携しています。当社は、Novavax社との提携を通じて、これまで培ってきたグローバルレベルの製造・供給能力を活かし、Novavax社の新型コロナウイルス感染症ワクチン候補の開発と商業化の責務を負っていきます。またModerna社および厚生労働省との三者間提携の一環として、Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチンを輸入し、供給しています。また、当社はJohnson & Johnson社グループのJanssen Pharmaceutical社が開発した1回投与の新型コロナウイルス感染症ワクチンを製造するために、当社のデング熱ワクチン候補の製造用に確保していたIDT社の生産施設を3か月間活用することについて契約しました。なお、この3か月の期間は終了しました。新型コロナウイルス感染症対策に効果的な治療薬やワクチンを迅速に研究・開発・提供し、また将来のパンデミックへの対策を備えるという共通の目標に向けて、パートナー企業およびアライアンスメンバーと取り組みます。
  • 高度免疫グロブリン:当社は、CoVIg-19 Plasma Alliance を共同設立し、世界をリードする他の血漿分画製剤企業と共にグローバル試験を実施し、高度免疫グロブリン製剤の評価に取り組んできました。評価項目は達成しなかったものの、この取り組みはウイルスに対する抗体を用いた治療の可能性への科学的理解に寄与し、希少疾患の治療に用いられる血漿分画製剤の科学的な価値と重要性をより広く明らかにしました。
  • その他の治療薬:当社は、COVID R&D Allianceに参画し、既存医薬品について、新型コロナウイルス感染症に対する評価を行っています。加えて、IMI Care Alliance、Accelerating COVID-19 Therapeutic Interventions and Vaccines (ACTIV) partnershipおよびCOVID RED projectにも参画しています。
<武田薬品のワクチンに対する取り組みについて>
<武田薬品について>

本留意事項において、「ニュースリリース」とは、本ニュースリリースにおいて武田薬品工業株式会社(以下、「武田薬品」)によって説明又は配布された本書類、口頭のプレゼンテーション、質疑応答及び書面又は口頭の資料を意味します。本ニュースリリース(それに関する口頭の説明及び質疑応答を含みます)は、いかなる法域においても、いかなる有価証券の購入、取得、申込み、交換、売却その他の処分の提案、案内若しくは勧誘又はいかなる投票若しくは承認の勧誘のいずれの一部を構成、表明又は形成するものではなく、またこれを行うことを意図しておりません。本ニュースリリースにより株式又は有価証券の募集を公に行うものではありません。米国 1933 年証券法に基づく登録又は登録免除の要件に従い行うものを除き、米国において有価証券の募集は行われません。本ニュースリリースは、(投資、取得、処分その他の取引の検討のためではなく)情報提供のみを目的として受領者により使用されるという条件の下で(受領者に対して提供される追加情報と共に)提供されております。当該制限を遵守しなかった場合には、適用のある証券法違反となる可能性がございます。

インドの株式市場 | 上場企業と時価総額から導き出すインドの成長産業

投資有望国

※このアンケート調査は、日本公庫が、海外現地法人の業況、経営課題、今後の展望等を把握するために実施している調査になります。今回のグラフは、2016年・2017年・2018年の3年間を比較する目的で「Digima~出島~」編集部で作成しています

全体の割合の内訳としては、ベトナムが全体の29.5%でトップで、前年の24.9%から4.6ポイント上昇しており、先述のように2位は前年同様に中国(11.9%)。そして前年4位だったインド(9.5%)が3位に上昇しています。 以下、 タイ(7.8%)、 インドネシア(7.7%)の順になっています。

3. インド株式市場の動向と基礎知識

インドの証券取引所の数は約30カ所! 日本国内の証券取引所一覧とその歴史 おもな取引所は「ボンベイ」「ナショナル」の2つ

「ボンベイ証券取引所」【SENSEX】

「ボンベイ証券取引所」の株価指数である「SENSEX(センセックス)」の正式名称は「S&P BSE SENSEX」。インドの時価総額の50%以上を占める大型株30銘柄で構成されています。

「ナショナル証券取引所」【Nifty 50】

1992年に開場。インドのムンバイ(ボンベイ)にある「ナショナル証券取引所」の英語名は“National Stock Exchange of India”。そのため「インド・ナショナル証券取引所」や「インド国立証券取引所」とも呼ばれています。

「ナショナル証券取引所」の株価指数である「Nifty 50」の正式名称は「S&P CNX Nifty」ですが、「CNX Nifty」や「Nifty 50」と呼ばれています。50の銘柄で構成されており、選択基準も時価総額や流動性などを基準に選ばれています。

外国人投資家はインド株式での直接投資できないが…?

4. インド上場企業の時価総額から導き出す成長産業とは?

企業の市場価値を見極めるには「時価総額」が最適

インド_時価総額

【インド上場企業の時価総額 TOP10ランキング】

リライアンス インダストリーズ

【主要業種】石油化学工業

タタ・コンサルタンシー・サービシズ

【主要業種】IT・通信業

「タタ・コンサルタンシー・サービシズ」は、インド マハーラーシュトラ州ムンバイに本社を持つインド最大のIT企業です。先述のリライアンス インダストリーズが含まれる「リライアンス財閥」と並ぶ、インド最大のコングロマリット「タタ財閥」に属しています。

HDFC銀行

【主要業種】金融業 (銀行業)

【主要業種】製造業 (嗜好品・食料品)

ヒンドゥスタン・ユニリーバ

【主要業種】製造業 (嗜好品・食料品)

5. 優良なインド進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのインド進出サポート企業をご紹介します

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ! と思った方はシェア

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

「Digima〜出島〜」編集部・コンテンツディレクター。 雑誌編集・書籍編集・WEB編集を経て現職。 これまでに、アメリカ・イギリス・インド・中国・香港・台湾・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・マレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピン・エジプトなどの国・地域へ渡航。趣味は、音楽・スノーボード・サーフィン・ドローンほか。

この記事をご覧になった方は、こちらの記事も見ています

あなたのインド進出をサポート! インドビジネスコンサルティング企業 まとめ

オススメの海外進出サポート企業

YCP&nbspGroup 

YCP Group 

YCP&nbspGroup 

ご利用企業からの評価

<主要サービスメニュー>
・海外展開完全代行:
事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

ご利用企業からの評価

全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
我々はその課題を

(1)海外事業の担当人材の不足
(2)海外事業の運営ノウハウの不足
(3)海外企業とのネットワーク不足

と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる