FX初心者

グローバル株式インパクト投資戦略

グローバル株式インパクト投資戦略

経済安全保障・地政学リスクフォーラム2022

グローバル株式インパクト投資戦略

[経歴]
1985年日本経済新聞社に入社。国際報道畑が長く、ワシントン、フランクフルト、シンガポールに駐在。2004年~2021論説委員。現在は東京を拠点に、主に外交、通商、イノベーションをテーマに取材活動をしている。ダボス会議など国際会議での講義、講演、モデレーションのほか、TVキャスターとしても活動してきた。ニュース報道のほか、2005年から10年間にわたり、執筆陣の一人として日経新聞の1面コラム「春秋」を担当した。北大理学部で物理化学を専攻し、1985年に入社後、米国MITに留学。中国の「一帯一路」構想などに関する報道で2017年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。著書に「プラナカン~東南アジアを動かす謎の民」、「2030半導体の地政学」などがある。 日本の伝統文化に関心を持ち、能楽シテ方観世流の仕舞と謡を稽古している。

PwC Japan合同会社
地政学リスクアドバイザリーチーム
リーダー
ピヴェット 久美子

ファシリテーター

PwCコンサルティング合同会社
経済安全保障・地政学リスク対策支援チームリードパートナー
齋藤 篤史

2. グローバル経営におけるデータガバナンス

東海大学
情報通信学部長・教授
三角 育生 氏
牛島総合法律事務所
弁護士
影島 グローバル株式インパクト投資戦略 広泰 氏

[経歴]
世界各国の情報の利活用に対するアドバイスや、企業グループのグローバルなデータ・ガバナンス体制の構築等の案件に従事。「法律家・法務担当者のためのIT技術用語辞典」(商事法務)ほか著書・論文多数。Thomson Reuters「ALB Asia Super 50 グローバル株式インパクト投資戦略 TMT Lawyers 2021」、日本経済新聞社「2019年企業が選ぶ弁護士ランキング」データ関連部門で第1位に選出。

ファシリテーター

PwC コンサルティング合同会社
パートナー
山本 直樹

[経歴]
リスクコンサルティング事業部パートナー。2019-2021年はPwC中国(上海事務所)に出向し中国における日本企業支援コンサルティングリーダー。主に、新規性に富むデジタル領域の対応、グローバル企業のガバナンス構造の最適化、中国サイバーセキュリティ法などのコンプライアンス対応、COVID-19発生後の事業継続計画(BCP)などの領域を担当。コンサルティング業界で20年以上の経験を持ち、中国赴任前はPwC Japanグループにおけるサイバーセキュリティ事業の統括責任者。入社以前は、外資系コンピュータメーカーの日本法人にて情報セキュリティ統括責任者を務めた実務経験も有する。

3. 今後サプライチェーンで考慮すべき重要な観点~輸出入規制・関税、ビジネスと人権

慶應義塾大学 名誉教授
中央大学 総合政策学部 教授
庄司 克宏 氏

[経歴]
慶應義塾大学法学部を卒業し、同大学院法学研究科博士課程を単位取得退学した後、二松学舎大学国際政経学部専任講師、横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授、慶應義塾大学法科大学院教授等を経て現職。専門はEUの法と政策。 主な著書に『新EU法基礎篇』『新EU法政策篇』『トランスナショナル・ガバナンス』(岩波書店)などがある。

PricewaterhouseCoopers WMS Pte. Ltd.
芦野 大

[経歴]
PricewaterhouseCoopers WMS Pte. Ltd.において、関税・貿易に関するアドバイザリーを担当。関税評価、関税分類、通関実務、FTA、輸出規制などの関税・貿易に関する幅広い分野について豊富な知識と経験を有する。関税コスト削減を視野に入れた調達戦略の策定サポート、各国における輸出入規制の動向に関する情報提供、FTA活用のための原産判定自動化システムの導入など、戦略から実行まで、法令面、体制面、プロセス面のさまざまな視点から関税・貿易に関するアドバイスを提供している。

PwC弁護士法人
日比 慎

[経歴]
国内法律事務所において各種バンキング取引をはじめとする金融取引分野、M&Aのほか東南アジア法務を含む一般企業法務などに従事。大手証券会社法務部にて社内弁護士として国内外の金融規制対応、証券取引に関連する法律問題全般を担当。2017年より、PwC弁護士法人に参加。サステナブルファイナンスを含む各種企業取引のほか、海外子会社の管理などを含めた事業会社および金融機関のグローバルコンプライアンス態勢の構築支援、贈収賄規制などの対応支援、日本企業の地政学リスク対応などを扱う。ESG/サステナビリティ・人権の領域においては、ESG/サステナビリティに関連する経営アジェンダに係る法務、各国のサプライチェーン規制に関する助言などを含むビジネスと人権問題に関する対応支援を扱う。2005年 弁護士登録。

米国株下落でレバナス民の退場ラッシュへ。証拠金取引の個人投資家が市場から駆逐されていく=今市太郎

NASDAQ 日足(SBI証券提供)

アフターコロナに急成長する3大テーマとは?注目株を無料公開 (PR:マーチャントブレインズ投資顧問株式会社)

なぜサラリーマンの副業は挫折する? 副業「必須」時代を前に最初にやるべきこと=俣野成敏

日本は「時代遅れ」で滅ぶ。高齢者の半数がネット使えず、少子高齢化で衰退へ=鈴木傾城

「個別株はヒントが多いから簡単」元為替ディーラーの投資顧問が注目される理由 (PR:ファイネストアドバイザリー)

「彼氏にしたい職業」上位はぜんぶ地雷、玉の輿に乗りたいなら○○な男を選べ=午堂登紀雄

迷惑系YouTuberはアホか天才か?逮捕されずサクサクと金を稼ぐ方法=午堂登紀雄

4代目ロスチャイルド卿に直接会って、戦争で儲ける手法を聞いた時の話=房広治

米国株下落でレバナス民の退場ラッシュへ。証拠金取引の個人投資家が市場から駆逐されていく=今市太郎

編集部のオススメ記事

人気コーナー

シェアランキング

マネーボイスをほどよくメールで。

専門家と個人投資家の本音でつくる、
総合金融情報メールマガジン。
マネーボイス受信はこちらから

広告募集・お問い合わせ

タグクラウド

最新の記事

  • 欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、材料難で131円付近は上値が重い
  • 東京為替:ドル・円は下げ渋り、円売りが下支え
  • 東証グロ−ス指数は続伸、下落スタートも切り返す展開
  • 日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は続伸、ファーストリテと東エレクの2銘柄で約89円押し上げ
  • 売り先行スタートも経済活動の再開への期待感などから28000円に迫る【クロージング】

【免責事項】
「MONEY VOICE」で提供している記事は、情報の提供を目的としており、投資やその他の行動を勧誘、または推奨する目的としたものではありません。
銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる