オンライン外国為替取引

移動平均線についても解説

移動平均線についても解説
<「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」>

筆者が作成

株価移動平均線の見方・使い方(1)~移動平均線の基礎

移動平均線とは、当日から遡ったある一定期間の終値平均値を、1日ずつずらし、グラフ化し、日々の株価の傾向をみようとする指標です。
特徴は株価の動きを一つの流れとして捉えることです。
作成方法は極めて簡単で、10日移動平均線であれば10日分の終値を合計して10で割ります。考え方からいえば、その期間の平均株価です。
移動平均線の方向性から中長期の判断を、移動平均線に対する株価のカイリから目先の判断をします。
また、その期間に売買した投資家の平均コストを示しているので、日々の株価と比較して「プラスかマイナスか」がわかります。株価が移動平均線より上なら買い方に評価益があり、相場は上昇指向になっていると見れます。

移動平均線の使い方は?動画でご紹介

★他にも移動平均線を活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→移動平均線の使い方・売買手法(株の達人・動画解説)

移動平均線で見る買いと売りの基本パターン

移動平均線を投資実践時に使用する目安

25日移動平均線 ・・・・・・・短期と中期的な株価動向をさぐる
75日移動平均線 ・・・・・・・中期的な株価動向をみる

25日移動平均線と75日移動平均線の2線を合わせて使うことが、基本的活用法です。
2線のゴ-ルデンクロスからデットクロスまでの期間は、相場人気の物差しになります。
25日移動平均線と75日移動平均線の価格差が広がると、株価は調整に近づき、2線の幅が均等なまま上昇すると相場の息は長くなります。
また75日移動平均線が上向きで25日移動平均線が接近すると押し目になります。

株価の長期のトレンドを見ます。
基本的には下向きで株価の上にあれば中期的に下降基調、上向きで株価の下にあれば上昇基調、横バイか上向きで株価とのカイリがなくなれば底として見ることができます。

移動平均線の作成方法(計算式)

移動平均線についても解説 移動平均線についても解説
終値 5日間の平均
1 A1 500
2 A2 510
3 A3 520
4 A4 530
5 A5 540 N1 520
6 A6 550 N2 530
7 A7 560N3 540

5日間の移動平均線

一般的に使う移動平均線の日数

◆執筆者紹介◆
伊藤正之 移動平均線についても解説
株式会社ストック・データバンク新宿事業所代表
手掛けた株価分析ソフト「株の達人」は、25年以上、延べ1万人以上の個人投資家の方々にご愛顧いただいています。(2021年1月現在)
同会員向けサイトでは、「日経平均株価の動き」等のチャート分析を活かした市況解説などでも会員の方々にご好評をいただいてます。

青木智
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)保持者
元・株式会社ストック・データバンク新宿事業所の投資コンテンツ担当。
現在はフリーランスで投資関連のコンテンツ等を手掛け、株の達人の会員サイト等にも動画や相場解説などのコンテンツを提供。
登録者数2.25万人以上(2021年1月現在)の株の達人Youtubeチャンネルの動画も手掛ける。

「移動平均線大循環分析」の基本解説

小次郎講師直伝!究極の移動平均線「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」の基本解説

移動平均線大循環分析

移動平均線大循環分析の構成

移動平均線大循環分析の構成

エッジを発見する

買いにエッジがある状況の発見

  • 3本の移動平均線の並び順が上から短期線・中期線・長期線の並び順となる。
  • 3本の移動平均線が全て右肩上がり。

売りにエッジがある状況の発見

  • 3本の移動平均線の並び順が下から短期線・中期線・長期線の並び順となる。
  • 3本の移動平均線が全て右肩下がり。

上昇トレンドの発生・下降トレンドの発生

帯について

帯について

移動平均線大循環の法則

  • 短期・中期・長期・・・ステージ1
  • 中期・短期・長期・・・ステージ2
  • 中期・長期・短期・・・ステージ3
  • 移動平均線についても解説
  • 長期・中期・短期・・・ステージ4
  • 長期・短期・中期・・・ステージ5
  • 短期・長期・中期・・・ステージ6

移動平均線大循環分析まとめ

  • (1) 移動平均線の並び順(ステージ)は基本的に順行で動き一段階ずつ動く。
  • (2) 一時的に逆行することもある。
  • (3) 順行約7割、逆行約3割。逆行も1段階ずつ推移。
  • (4) 逆行は一時的。必ず最終的に順行に戻る!

大循環MACD分析

MACD解説

移動平均線大循環分析とMACDの関係

大循環MACDの構成

  • MACD1=短期移動平均線-中期移動平均線
  • MACD2=短期移動平均線-長期移動平均線
  • 帯MACD=中期移動平均線-長期移動平均線
  • シグナル=帯MACDの9日移動平均線

大循環MACDの構成

大循環MACDで分析

MACD1は短期移動平均線と中期移動平均線がクロスすることを先読みします。
MACD2は短期移動平均線と長期移動平均線がクロスすることを先読みします。
帯MACDは中期移動平均線と長期移動平均線がクロスすることを先読みします。

投資家が注目している移動平均線の期間とは?移動平均線の組み合わせ例も解説!

投資家が注目している移動平均線の期間とは?移動平均線の組み合わせ例も解説!

テクニカル指標・チャート分析

FXが取引されている日数と移動平均線の関係

この200日ですが、世界中の投資家は200日移動平均線をトレンド転換点としての判断に極めて重要視しています。

移動平均線でよく使われている期間

グランビルの法則を唱えたジョセフ・E・グランビルは、 研究により200日移動平均線がもっとも信頼性が高い と判断し、後に世界中に広まりました。

足種別、移動平均線でよく使われている期間
足種期間
日足5日、10日、20日、21日、25日、
50日、75日、100日、200日など
週足13週、26週、52週など
月足12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月など

FX各社が採用するデフォルトの期間

FX会社名デフォルトの期間
10日、25日、75日
5日、20日、90日
(200日、350日)
25日、50日、75日
10日、20日、75日
10日、25日、75日
5日、25日、75日
5日、25日、75日
25日、50日、75日
15日、45日、75日
25日、50日、75日
5日、13日、21日
10日、25日、75日
5日、21日、90日
5日、13日、21日

なおFXプライム byGMOのスマートフォンアプリ・PRIMEアプリSは、 デフォルトは3本の移動平均線ですが、設定変更で最大5本まで表示させることが可能 です。

移動平均線の期間はどの組み合わせがベスト?

移動平均線についても解説

期間の組み合わせ例
短期派(日足)「5・10・25」
「5・20・40」
中期派(日足)「5・20・75」
「10・25・75」
「20・40・200」
「25・75・200」
長期派(週足)「13・26・52」

移動平均線は長期線から見ていこう!

長期足種から短期足種の順番でトレンド判断

トレンド判断のイメージ

「20SMA」と「21SMA」

20SMAや21SMA、20EMAや21EMA、どれが優れているということでもなく、1ヶ月の営業日は日数と祝日によって変わってきます。
20日〜25日の中で、あまり神経質にならずに自分が使いやすい期間で設定するのがいい でしょう。

そのため流動性が低いクロス円で移動平均線の設定を考えるよりも、 流動性が高い通貨ペアの中長期チャートで移動平均線の推移に注目するのがおすすめ です。

移動平均線についても解説

EMA(Exponential Moving Average)指数平滑移動平均線

【加重移動平均WMA :Weighted Moving Average】
加重移動平均は、個々の価格データへの加重を「線形的」に減少させて、平均値を計算します。
10日加重移動平均は、直近の価格データを10倍し、その前日の価格データを9倍し、10日前の価格データは、1倍し、合計を55で割ることで算出します。

特徴1
最新の価格を2倍することで重視し、N日間の価格の影響も約86%を残ります。それ以前の過去の数字の影響は、単純移動平均線では、全く無くなりますが、わずかに残っており、徐々に消滅していきます。
特徴2
単純移動平均線に比べて、振幅が小さく、反応が早いため、トレンドの分析では、転換点を早めに認識することができます。

使い方のポイント

指数平滑移動平均線では、当日の平均値は、「前日の平均値」と「当日の終値」の間にあります。
指数平滑移動平均線が上向き⇒価格は指数平滑移動平均線の上に位置している
指数平滑移動平均線が下向き⇒価格は指数平滑移動平均線の下に位置している

指数平滑移動平均線は「MACD」「ATR」に応用されています。
チャートは、赤線が「指数平滑移動平均線」、青線が「単純移動平均線」です。
「指数平滑移動平均線」の方が、相場変動に対する感応度がやや高くなっています。

また、文言、データなどの著作権は、株式会社フィスコにあります。 これらのコンテンツは著作権法などの法律、規制により知的所有権が 保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

テクニカル分析辞典

※「テクニカル分析辞典」は、あくまで情報提供を目的としたものであり、 投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、掲載される情報は信頼できると判断した情報源をもとに (株) フィスコが作成したものですが、 その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、 (株)フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

また、本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的 所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

移動平均線についても解説

株価のトレンドを表す「移動平均線」

※EVERチャートの初回ご利用時にはインストールが必要となります。
※auカブコム証券に口座をお持ちでない方はインストールしていただいてもEVERチャートをご利用いただけません。
※スマートフォン等からご覧の場合はこちらからはEVERチャートを開けません。

売買のシグナルではあるけれど注意点も!?

画像01

<「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」>

筆者が作成

※EVERチャートの初回ご利用時にはインストールが必要となります。
※auカブコム証券に口座をお持ちでない方はインストールしていただいてもEVERチャートをご利用いただけません。
※スマートフォン等からご覧の場合はこちらからはEVERチャートを開けません。

ご注意事項

高橋浩史

高橋浩史

FPライフレックス 代表
日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP®
1級ファイナンシャル・プランニング技能士 移動平均線についても解説
グラフィックデザイナー、書籍編集者を経て、2011年、ファイナンシャル・プランニング事務所「FPライフレックス」開業。住宅購入実現のため、資金計画・家計改善の面から応援する「住まいの相談FP/家計の赤字V字回復アドバイザー」として活動中。金融機関出身のFPとは違う「業界用語やカタカナ言葉を使わない、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の話しの分かりやすさには定評がある。
その他、金融機関でのセミナー・研修講師、書籍・雑誌、webでの執筆業務も行う。
著者に「災害に備えるライフプランニング」(近代セールス社)、「老後のお金安心ガイド」「最新保険ランキング」(イースト・プレス)他。
趣味はランニング、バイクツーリング、ギター、落語。
FPライフレックス ホームページ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる