初心者でもめざせ

主要12通貨の通貨インデックスを見る方法

主要12通貨の通貨インデックスを見る方法
それでは、最後に先ほどのクロス円チャートに矢印を入れたものを作成してみましたので、実践的にチャートから読み取れる相場状況を一緒にご想像していければと思います。先ずは、以下のチャートをご覧ください。

主要12通貨の通貨インデックスを見る方法

リスクオンの動きがドル安に

大統領選挙を通過して待機していた資金はリスク資産に向かいました。
結局は選挙結果にかかわらず(正式には12月の選挙人の投票まで大統領は決まっていませんが)資金は株式、新興市場などに向かいました。
大統領選挙以降、日経平均は23,000円台中盤から26,000円台後半に3,000円以上上昇しました。
そしてドルインデックスは94から90.50付近まで下落しました。
サポートされていた92付近を下抜けして2018年4月以来のドル安水準に低下しました。
それではドルから資金はどこに向かっているのでしょうか?

画像1

先進国通貨ではユーロ、豪ドル、ニュージーランドの上昇が目立ちました。
また新興国市場にも資金が流れ込みました。

IIF(国際金融協会)の発表によると11月に新興国の株式は398億ドル、債券は367億ドルの買い越しとなり765億ドルと月間では過去最大の資金流入となりました。
原油価格など資源価格の上昇なども新興国にとっては追い風となりましたが東アジアの国への資金流入もありました。
オフショアのドル人民元は6.51元と2018年5月以来の元高レベル、韓国ウォンも1,083ウォンと2018年5月以来のウォン高レベルになっています。
ヘッジファンドなどの短期資金もこれらの通貨を買っていたようです。
ドル安の受け皿だったゴールドは1,800ドル割れまで下落する一方で、ビットコインは20,000ドル近くまで上昇しドルの下落により様々な資産が上昇しました。

今月は金融政策が注目材料に

月末を控えて12月10日にECB理事会、12月15~16日にFOMC、12月17日に英中銀金融政策委員会、12月17~18日に日銀金融政策決定会合が行われ来週は中央銀行の週になります。
これ以外にも12月17日にスイス中銀、ノルウェー中銀、メキシコ中銀の会合も開かれます。
ECBは追加緩和、FOMCでも何らかの緩和姿勢が打ち出されるのではないかとの予想があります。
まずFOMCですが、量的緩和に関しての指針を強化するのではないかと予想されています。
ここら辺もドルが下落する材料になっています。

11月下旬に公表された11月4日5日に開催されたFOMCの議事要旨で量的緩和に関して多くの時間を割いて討議し、先行きを示す指針をかなり早期に強化することがコンセンサスになりました。
米議会で追加経済対策の決定が遅れる中で感染の再拡大で経済活動が鈍化すると金融政策による対策が求められます。
しかし株価が史上最高値に上昇する米国で、ここからさらに緩和を強化する必要があるのかという意見もあります。
一方で米長期金利はじわりと上昇し10年債利回りは0.97%と1%に迫っています。
せっかく金融緩和を行っているのに経済が回復する前に長期金利が上昇してしまっては経済にとっても株価にとっても悪い材料になります。
長期金利の上昇を抑えるためには量的緩和を強化する指針を出したり、あるいはより積極的に債券買い入れを復活させるなどの政策を取り入れるかもしれません。
いきなり債券買い入れの増額はないでしょうが、FOMCにとっては強い株価と上昇する長期金利の間で難しいかじ取りを迫られています。

一方でECBは11月11日にラガルトECB総裁は追加緩和を示唆しています。
予想される緩和策としてはPEEP(パンデミック緊急購入プログラム)の規模の拡大と期間の延長です。
現状は1兆3500億ユーロ規模で6月までとなっています。
予想では5000億ユーロの増額、期間に関しては年末までから1年延長というものもあり様々な予想がでています。

もう一つの緩和策としてはTLTRO(貸出条件付き長期資金供給オペ)の期間(来年6月まで)の期間延長が予想されます。
すでにここまでの緩和予想が出ており、予想通りであればユーロ高をけん制する材料にはならないかもしれません。
緩和の規模や期間が予想を上回ったり、ラガルトECB総裁が会見で強くユーロ高をけん制するようであればユーロドルが1.2付近まで下落する可能性はあります。
しかしそれがなければユーロ高は続行するものと思われます。

ドルの下落は続く

結局はFOMCでもECBでも緩和姿勢が示されればドルの下落は継続するものと思われます。
ただECBは緩和がほぼ織り込まれていますがFOMCではまだそこまで緩和姿勢を示せるかは微妙なところです。 主要12通貨の通貨インデックスを見る方法
ラガルトECB総裁がユーロ高を強くけん制した場合は1.2割れを試す動きになるかもしれませんが、ユーロドルは節目の1.2がサポートとされれば1.2~1.22のレンジ、1.22を上抜けする場合は1.25付近への上昇が予想されます。

画像2

オセアニア通貨も堅調に推移していますが豪ドルはGDPや住宅建設許可件数などが強い数字が出ています。
0.7付近がサポートされ0.74付近まで上昇しています。
0.74付近は5年の移動平均線が位置し長期的に重要なレベルです。
0.74を完全に抜けると0.7650付近までの上昇を予想しますが、抜けなければ0.72~0.74のレンジを予想します。

主要12通貨の通貨インデックスを見る方法

そこで、下のチャートをご覧ください。

上のチャートの並べ方は、 超短期で売買を行う『スキャルピングトレード』 をされているトレーダーさんたちによって良く使われるチャートの並べ方です。

どうして同じ通貨で並べるの?

そこで、もう一度、先ほどご案内したチャートをご覧ください。

時間軸を変えて居場所を確認

クロス円・ドルストレートなど1つの通貨を軸とする

クロス円・ドルストレートと少し表現が専門的になってしまったのでご説明させて頂きますと、クロス円は「ユーロ/円」や「オーストラリアドル/円」と言った通貨ペアで「○○/円」と表記されるもので、ドルストレートとは「ユーロ/米ドル」や「オーストラリア/米ドル」と言った「○○/米ドル」と表記される通貨ペアの事になります。

【パターン1】全てのチャートの動きがバラバラ

【パターン2】1つのチャートだけが他と違う

【パターン3】全部の通貨ペアで同じ動き

クロス円チャートで実践トレーニング

それでは、最後に先ほどのクロス円チャートに矢印を入れたものを作成してみましたので、実践的にチャートから読み取れる相場状況を一緒にご想像していければと思います。先ずは、以下のチャートをご覧ください。

強さを頭の中で作る

次に、もう一度画像を先ほどの画像を見て頂きたいのですが、続いては矢印の角度についても意識して頂き、今度は「どの通貨が強くて、どの通貨が弱いのか?」を並べて頂きたいと思います。

さて、「どの通貨ペアが強いか?」想像できたでしょうか?

口座開設

【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。

この記事をシェア

新しい記事

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

ドルインデックスをMT4に表示する無料インジケーター

ユロドル(EUR/USD)にドルインデックスを表示 ケーブル(GBP/USD)にドルインデックスを表示

サイキックス

ドルインデックスは複数の通貨を対象にした指標なので、どの通貨ペアに表示させても同じ表示になります。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

おすすめ通貨相関性インジケーター集

FX通貨ペアの相関関数がみれるインジ

サイキックス

相関関数(任意の2つの通貨ペアがどれくらい連動して動いているか)をヒストグラムにして表示

FX2通貨ペアを1画面に表示させるインジ

サイキックス

ローソク足を1つの画面に表示させることでより詳細な通貨相関性を見ることができます。

ドルインデックスインジケーターまとめ

サイキックス

ドルインデックスがわかると、急騰急落があった時も「どの通貨が原因で動いたのか」が理解できるようになります。機関投資家、プロのトレーダーは必ずと言ってほど見ている指標であり、入れておくだけ損はないインジケーターです。

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。

指定した日時へ瞬間移動できるMT4無料インジケーター

上げ三法と下げ三法でシグナルを表示する無料MT4インジケーター

暗号通貨だけじゃない!ビジネスに活用できるブロックチェーンの技術とは?

ブロックチェーンのイメージ図

図1.ブロックチェーンのイメージ図

ブロックチェーンの主要な要素

一般的に、ブロックチェーンは次の3つの要素で構成されています。
- 台帳
- スマートコントラクト
- 合意形成

台帳とは

図2.ブロックのイメージ

図3.台帳のイメージ

ハッシュ値とは?

Python 3.7.3
>>> import hashlib
>>> 主要12通貨の通貨インデックスを見る方法 print(hashlib.sha256("transaction20210828atob".encode("主要12通貨の通貨インデックスを見る方法 utf-8")).hexdigest())
d8c423c33fff789627fc99eb2ece36a44558d2b47f98e062654e0f3e943a6d86
>>> print(hashlib.sha256("transaction20210829atob".主要12通貨の通貨インデックスを見る方法 encode("utf-8")).hexdigest())
cfe0965bbbd33a8f1af3caa25b7851c969816f817b09d4ef64e14e360c1938db

スマートコントラクトとは?

合意形成とは

ブロックチェーンの特徴

情報の共有とトレーサビリティ

無停止

図4.無停止のイメージ

図4.無停止のイメージ
ノードAが停止しても、B・Cが動いていれば、ブロックチェーンとして機能する。

改ざん不可

ここまでのまとめです。

まとめ

ブロックチェーンの利用シーン

ブロックチェーンの種類と利用できるサービス

種類
主な特徴
パブリック型
参加自由。参加者全員で管理する
プライベート型
単一の組織で管理し、参加には許可が必要
コンソーシアム型
複数の組織で管理し、参加には許可が必要
サービス/フレームワーク
提供元
概要
Hyperledger Fabric
Hyperledger
もっとも人気のあるエンタープライズ向けのオープンソースのフレームワーク
GoQuorum
EEA
仮想通貨のイーサリアムに使われているブロックチェーンをエンタープライズ向けに拡張したもの
Corda
R3コンソーシアム
金融取引に応用するために開発されたオープンソースのフレームワーク
Amazon Managed Blockchain
AWS
Hyperledger Fabric や Ethereum を使用するフルマネージドサービス
Quorum Blockchain Service
(旧Azure Blockchain Service)
Microsoft
コンソーシアム型のブロックチェーンを簡単に構築管理できる
IBM Blockchain Platform
IBM
オンプレミスとクラウド環境の両方にまたがって稼働できる

図5.3層アーキテクチャの概要

図5.3層アーキテクチャの概要

出展:※外部サイト:応用情報技術者試験ドットコム

図6.AWSのブロックチェーンを利用したアーキテクチャ

図6.AWSのブロックチェーンを利用したアーキテクチャ

出展:※外部サイト:Building a blockchain application in Java using Amazon Managed Blockchainを参考に筆者作成

実装してみました

図7.ブロックチェーンデモ実装の概要

図7.ブロックチェーンデモ実装の概要

台帳1

ソース例

台帳2

台帳3

ノード例

技術者の方へ全体を通して

問い合わせボタン_230x43

当サイトの内容、テキスト、画像等の転載・転記・使用する場合は問い合わせよりご連絡下さい。
コラムの感想やリクエスト、セキュリティに関するお悩みも受付中!

ドルインデックスとは?チャートの見方と通貨・主要指数との相関性

投資の知識

ドルインデックスとは

ドルインデックスとは?上がるとドル高?

ドルインデックスの数値が上昇していればドルの相対的価値が上がっていることを示しているので市場ではドル高、ドル買い方向に進行している。
反対に数値が低下していればドルの相対的価値が下がっていることを示しているので市場ではドル安、ドル売り方向に動いていることになります。

ドルインデックスの構成通貨と算出方法

ICEが提供するドルインデックスは6つの通貨をすれぞれ異なる重みをつけて平均化して算出します。
計算に使用する通貨はユーロ、日本円、ポンド、カナダドル、スウェーデンクローナ、スイスフランの6つ。 ちなみに、ユーロが作られる前は代わりに西ドイツマルク、フランスフラン、イタリアリラ、オランダギルダー、および ベルギーフランを含む10の通貨から構成されてました。

ドルインデックスの構成通貨

引用元:https://www.theice.com/publicdocs/futures_us/ICE_Dollar_Index_FAQ.pdf

ICEのドルインデックスは以下の計算式で算出されます。

ドルインデックス = 50.14348112 × EURUSD -0.576 ×USDJPY 0.136 × GBPUSD -0.119 ×USDCAD 0.091 ×USDSEK 0.042 主要12通貨の通貨インデックスを見る方法 × USDCHF 0.036

Trading Viewで見るドルインデックスのリアルタイムチャート

ドルインデックスのリアルタイムチャートはTrading Viewで見ることができます。
シンボルは「DXY」で検索するとチャートを表示できます。

ドルインデックスと通貨・株価・主要指数との相関性

相関係数とは
2つのデータ間にある線形関係の強さを測る指標。つまり、2つのデータがどの程度一緒に動いているか、連動しているかを表しています。
相関係数の値が+1に近いほど正の相関(同じ方向に連動)、-1に近いほど負の相関(反対方向に連動)があります。0に近い場合は相関性がないことを示します。
金融市場において各銘柄、通貨、指数が独立した値動きをしていること少なく、他の銘柄と相関、逆相関関係をしめす場合が多くみられます。したがって、複数銘柄との関係性を把握できればトレードの勝率を高めることができます。

ユーロドルは相関性が高いがドル円はそれほど相関性がない

ドルインデックスとドル円、ユーロドルとの相関性

ドルインデックスとダウ、S&P500、ナスダックも相関していない?

ドルインデックスと米国主要指数との相関性

ドルインデックスと金、銀、原油は相関性が高い期間が存在する

ドルインデックスと金、銀、原油との相関性

ドルインデックスは相場の方向性を見極める指標

ドルインデックス以外の通貨指数

IG証券のCFDならドルインデックスを直接取引できる

ドルインデックスは指数なので本来それ自体を取引することはできません。しかし、IG証券ならCFDでドルインデックスを取引することができます。

IG証券 ではドルインデックス以外にも日経平均、ダウ平均、S&P500などの主要指数から金、原油などのコモディティまで12,000以上もの銘柄を取り扱っています。CFDはレバレッジを使って取引できるので資金効率が高く、売り取引からもスタートできるため下落相場でも利益獲得チャンスがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる