バイナリーオプション取引

投資信託のおすすめ人気ランキング24選

投資信託のおすすめ人気ランキング24選
おすすめの無料保険相談所5つ目は「 保険無料相談ドットコム 」です。

投資信託のおすすめ人気ランキング24選

iDeCo(イデコ)の概要

iDeCo(イデコ)は「個人型確定拠出年金」といい、 20歳~原則60歳まで(2022年5月からは65歳まで)の間に毎月決まった額(5,000円以上1,000円単位)を積み立てて運用し、その成果を60歳以降に受け取る「私的年金制度」 です。

「拠出時」「運用中」「受給時」の3つの局面で税制優遇を受けられ、 老後資産を作る方法の一つとして、加入する人が増えています。

2. iDeCoの金融機関(証券会社・銀行)の選び方

iDeCoの金融機関(証券会社・銀行)の選び方

投資信託のおすすめ人気ランキング24選 iDeCoは1人1口座しか作れないため、最初の金融機関選びが重要になります。

■iDeCoの金融機関を選ぶポイント3つ

  1. 毎月の「運営管理手数料」が無料かどうか
  2. 「信託報酬」が低い商品を多く取り揃えているかどうか
  3. 安心してお金を預けられるかどうか(サポート体制)

2.投資信託のおすすめ人気ランキング24選 1. 毎月の「運営管理手数料」が無料かどうか

このiDeCoの手数料には「金融機関に関係なく必ずかかるもの」と「金融機関によって異なるもの」があります。そして、後者の 「金融機関によって異なる手数料」のうち、「毎月の運営管理手数料」が無料の口座を選ぶことが最大のポイントです。

2.1.1. 必ず発生するiDeCo手数料

■加入時手数料(初回のみ)

■口座管理手数料(毎月)

■給付時手数料

2.1.2. 金融機関によって異なるiDeCo手数料

■運営管理手数料(毎月)

iDeCo口座を開設した金融機関に毎月払う手数料で、最も差がつく項目。高いところでは毎月440円かかり、年間で5,280円、 投資信託のおすすめ人気ランキング24選 30年間加入すると158,400円もかかります。

■移換時手数料

2.2.「信託報酬」が低い商品を多く取り揃えているかどうか

そのため、 iDeCoの金融機関選びでは、信託報酬が低い投資信託、つまりインデックスファンドをなるべく多く扱っている金融機関を選ぶことが大切です。

2.3. 安心してお金を預けられるかどうか(サポート体制など)

iDeCoは長期にわたって運用するので、金融機関との付き合いも長くなります。そのため、口座数が多くて投資家に支持されていたり、土日祝日も電話によるサポート対応をしていたり、 安心してお金を預けられる金融機関を選ぶことも大切です。

3. iDeCoおすすめ金融機関ランキングTOP10

iDeCoおすすめ金融機関(証券会社・銀行)ランキング

それではここで、iDeCoを取り扱っている100以上の金融機関のなかから、「毎月の運営管理手数料」が無料で、商品ラインアップ、サポート体制などの項目から総合的に判断した、iDeCoでおすすめの証券会社と銀行をランキング形式で紹介します。

■iDeCoおすすめ金融機関ランキング

投資信託のおすすめ人気ランキング24選
順位 口座 iDeCo
口座数
取扱い
銘柄数
インデックス
ファンドの数
解説を
読む
1位 SBI証券
(セレクトプラン ※ )
53万 37本 18本 解説へ
2位 楽天証券 42万 35本 15本 解説へ
3位 松井証券 1万 40本 25本 解説へ
4位 マネックス証券 非公表 27本 16本 解説へ
5位 auカブコム証券 0.2万 27本 10本 解説へ
6位 LINE証券 0.2万 24本 7本 解説へ
7位 大和証券
(ダイワのiDeCo)
非公表 22本 10本 解説へ
8位 イオン銀行 8万 24本 10本 解説へ
9位 三井住友銀行
(みらいプロジェクトコース)
非公表 24本 8本 解説へ
10位 投資信託のおすすめ人気ランキング24選 auアセットマネジメント 非公表 5本 2本 解説へ

①「SBI証券」は低コストで人気の『eMAXIS Slim』シリーズが最多の8本

SBI証券のiDeCo(イデコ)トップページ

■「SBI証券のiDeCo(セレクトプラン)」基本情報

iDeCoの口座数1位の SBI証券 には、「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の2つのプランがあります。しかし、後者は2021年1月で新規の受付を停止しているため、 これから始める場合は「セレクトプラン」一択になります。

セレクトプランでは、業界最低水準の運用コストを目指す運用方針が人気の「eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)」シリーズ8本を含む、インデックスファンドを16本も取り扱っているのが特徴です。

退職金の運用でおすすめの方法4選!失敗しないための心得を解説!

退職金の運用でおすすめの方法4選!失敗しないための心得を解説!

*1適用為替レート:1米ドル=109.35円で変動しないと仮定した場合です。
*2返戻率は積立金額を円に換算した金額を払込保険料総額で除したものです。小数第3位を切り捨てて表示しています。
※上記シミュレーションは、保険料円払込額を契約通貨に換算する際の為替レートや保険料払込期間中に適用される積立利率が、一定に推移したと仮定し、保険料円払込額の減額、払込停止、解約などがなかったと仮定したものです。
また、将来の運用成果と同様の推移や数値を保証・予測・示唆するものではありません。
※積立金額は、契約当初、払込保険料から保険関係費が大きく控除され、積み立てられます。したがって、契約当初、積立金額は払込保険料累計額に対して減少しています。詳しくは「設計書」でご確認ください。
※積立利率は、この保険の実質的な利回りではありません。

5分でわかる「こだわり個人年金(外貨建)」

「こだわり個人年金(外貨建)」が どのようなライフシーンで役に立つのかを、 商品のポイントとともに、わかりやすく解説されている動画です。

  • 「将来やりたいことがある、かなえたい夢がある!」
  • 「将来が不安・・・いまから備えをはじめたいけど、何をしたらいいの?」

こだわり個人年金(外貨建) 」は、将来を楽しみたい、そんなあなたの夢をかなえるための「 備え 」を、年金として準備できるのが魅力です。

本コンテンツは商品の概要を説明しています。
詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を、通信販売の場合は、「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。
弊社は本コンテンツの正確性、確実性、最新性及び完全性等に関して保証するものではございません。
本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります

おすすめの無料保険相談窓口で最適な保険を選ぼう

どの商品が最適か分からない方や、 ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい 方は、一度無料の保険相談所を利用してみることをおすすめします。

  • 1.複数の保険会社の商品から比較・検討し、最適な保険を提案してもらえる
  • 2.何度相談しても費用がかからないため、納得がいくまで相談ができる
  • 3.家計や収支、将来のことも合わせて相談でき
  • 4.オンライン相談や店舗に出向く方法、近所のカフェや職場に来てもらうなど相談場所も選択できる

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、 無料の保険相談所おすすめ5選 をご紹介します!

1.ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談所ランキング:ほけんのぜんぶ

  1. 取扱保険会社数 38社
  2. 相談員は、FP資格取得率 100% (※入社1年以上のプランナー対象)
  3. オンライン保険相談 も可能!
  4. 訪問エリアは全国対応 (※離島以外)
  5. 保険相談をするだけでプレゼントがもらえる

相談員の質が高く、また無料で保険相談をするだけで 投資信託のおすすめ人気ランキング24選 プレゼントがもらえる のも嬉しいポイントです。

合計:38社
(生命保険:23社 損害保険:10社 少額短期保険:5社)

2.保険マンモス

おすすめの無料保険相談所2つ目は「 保険マンモス 」です。

  1. 相談 満足度95% ※1
  2. 保険相談に関する調査で三冠達成! ※2
  3. FPの実務経験が平均5年と豊富で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍!
  4. 万一失礼な対応やしつこい営業行為があった場合は速やかに担当FPの変更行うイエローカード制度

※1…保険マンモス株式会社 集計期間 2015年1月~2015年6月、インターネットによるアンケート調査:回答数3,775
※2…日本マーケティングリサーチ機構調べ 投資信託のおすすめ人気ランキング24選 調査概要2020年9月期 ブランドのイメージ調査

3.マネードクター

おすすめの無料保険相談所3つ目は「 マネードクター 」です。

  1. 取扱保険会社数 31社 ※1
  2. FP資格を保有した プロが全国に1,270人も在籍 ※2
  3. 相談満足度92.9% ※3
  4. オンライン相談はネット環境さえあればOK、ほか全国あらゆる場所で相談可能!
  5. 投資信託のおすすめ人気ランキング24選
  6. 保険だけでなく家計や資産運用をはじめ 大切なお金のこと全般相談できる
  7. 保険相談後選んだプレゼントがもらえる!

合計:31社 ※1
(生命保険:22社 損害保険:9社)

※1…2021年10月現在
※2…2020年度実績
※3…2020年12月-2021年4月(マネードクター自社アンケートより)

4.保険市場

おすすめの無料保険相談所4つ目は「 保険市場 」です。

取扱保険会社数は国内最大級で、老舗でありながら東証一部上場企業であることで 安心感 があります。

合計:84社
(生命保険:24社 損害保険:32社 少額短期保険:28社)

5.保険無料相談ドットコム

おすすめの無料保険相談所5つ目は「 保険無料相談ドットコム 」です。

  1. 面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富
  2. 電話やオンラインでの相談が可能
  3. お客様満足度97.6%!
投資信託のおすすめ人気ランキング24選
取扱保険会社数 合計:22
(生命保険:15社 損害保険:7社)
主要商品 学資保険/生命保険/医療保険/がん保険/個人年金保険/介護保険/自動車保険/火災保険/海外旅行保険/ペット保険/自転車保険/損害保険
対応地域 一部対応できない地域あり
オンライン保険相談 対応可能
キャンペーン あり

無料保険相談所の選び方

数ある中からあなたに合った保険相談所を見つけるには、 以下の項目をチェックする とよいでしょう。

  • 1.相談場所は、自宅(オンラインor電話)か、店舗か、指定した場所か
  • 2.相談担当者が専門知識を有しているか
  • 3.取り扱っている保険会社数の多さ

1.保険相談をする場所はどこが良いか

2.相談担当者が専門知識を有しているか

無料の保険相談窓口は多くありますが、相談に乗ってくれる担当者はどこも同じではないかと思われがちですが、実は、担当者は 相談窓口によって異なることはもちろんのこと、店舗によっても異なります 投資信託のおすすめ人気ランキング24選 。

生命保険への新規加入や見直しも、家計や家族のお金に直結する項目であることから、専門知識を有している担当者のほうが、 有益な提案やアドバイス ができる可能性が高くなります。

3.取り扱っている保険会社数の多さ

無料の保険相談所のメリットの1つとして、 投資信託のおすすめ人気ランキング24選 複数の保険会社の商品を比較・検討できる という点が挙げられます。比較できる対象が多いほうが、ご自身や家族に より最適な商品が見つかりやすい ということに繋がります。

それでもどこにするか迷ったら

しかし、できることならば 初めから質の良い相談員に担当してもらえると嬉しい ですよね。

どの相談所も、担当者はこちらから選ぶことはできないため、まずは相談員が必ずFP資格を所持していると明記している「 ほけんのぜんぶ 」で相談をすることをおすすめします。

投資信託のおすすめ人気ランキング24選

投資信託については、幅広いお客さまの中長期の資産形成のお役に立つよう、「長期・分散・継続」投資に資する良質な商品をご提供いたします。
〈みずほ〉の調査力を活かし、系列運用会社の商品に限らず、海外の運用会社の商品も含めて良質な商品を採用します。また、商品導入後も
厳格なモニタリングを行い、随時見直しを行っております。

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

投資信託に関するお知らせ

新ファンドのご紹介

設定日 2022年6月24日

設定日 2021年12月22日

設定日 2021年10月25日

設定日 2021年4月26日

当社取扱開始日 投資信託のおすすめ人気ランキング24選 2021年2月1日
設定日 2012年10月26日

みずほ証券では、フィデューシャリー・デューティーの観点を踏まえ、顧客本位の目線に立って取り扱い投資信託の選定を行っています。 投資信託のおすすめ人気ランキング24選
投資信託の選定にあたっては、あらかじめ検証項目(※)を定め評価を行っています。
※手数料の合理性や運用会社との利益相反等

投資信託販売金額ランキング

ファンドをさがす

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド一覧

その他投資信託

MRF・外貨建MMFの年換算利回り一覧

外国投資信託の運用報告書(全体版)

お取引にあたって

当ページのランキングについて

  • 当ランキングは、特定の投資信託の推奨・勧誘を目的としたものではありません。投資に際してはお客さまご自身でご判断ください。
  • 当ランキングには、「通貨選択型投資信託」および「毎月分配型投資信託」が含まれている場合があります。
  • 通貨選択型投資信託は、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替取引の対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。通貨選択型投資信託の損益の源泉に相応して以下のリスク等が内在していることに留意が必要です。
    【投資対象資産】投資対象資産の価格変動リスク
    投資対象資産による損益(値上がり益/値下がり益+利子・配当等収益)
    【通貨】選択した通貨の為替変動リスク
    選択した通貨の為替取引による損益(選択した通貨の価値の値上がり/値下がり)
    為替取引によるプレミアム/コスト>>>金利差相当分の収益/金利差相当分の費用

投資信託にかかるリスクと費用

(注)上記は、みずほ証券にてご購入いただける公募国内投資信託について記載したものです。外国投資信託の場合も、購入時手数料や換金時手数料のほか、運用管理費用等、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。また、上記は今後予告なく変更される場合があります。ご投資にあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)または投資法人説明書(交付目論見書)ならびに契約締結前交付書面等(目論見書補完書面含む)をよくお読みいただき、ご自身でご判断ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる