FXの練習方法は

取引プラットフォーム

取引プラットフォーム

MetaTrader 5取引プラットフォーム

MetaTrader 5のマルチマーケットプラットフォームでは、一つの商品につき複数の注文(両建てを含む)を発注することができるヘッジング注文計算システムを利用することができます。

MetaTrader 5ウェブプラットフォームは、デスクトップターミナルをインストールすることが不可能、またはモバイルアプリケーションを使用することができない場合に不可欠なものです。お好きなOS(Windows/Mac/Linux)のお好きなブラウザから、FXや株式市場の取引をすることができます。市場の分析を詳細に行い、発注をしましょう。アプリケーションをダウンロード/インストールせずに、MetaTrader 5の幅広い機能をお使いいただけます。あなたに必要なものは、インターネットへの接続のみです。

アルゴリズムトレード

MetaTrader 5のアルゴリズムトレードは、トレードロボットを使った自動取引です

MetaTrader Market

MetaTrader 5に内蔵されたマーケットで、 数千種類のMetaTrader 5用テクニカルインディケータやトレードロボットをレンタルしたり購入することができます

バーチャルホスティング(VPS)

MetaTrader 5バーチャルホスティングを使えば、コンピュータの電源を切っていても取引活動を行うことができます。

MetaTrader 5マルチマーケットプラットフォームは、金融市場取引おいて現代のトレーダーが成功する為に必要なものが全て揃っています。柔軟な取引システムやテクニカル/ファンダメンタル分析、プロフェッショナルなMQL5開発環境、多通貨テスターやアラートなど、強力なツールのフル装備を、マウスのクリックで利用することができます。 世界中の数百万人のトレーダーの言葉の壁を取り除くために、プラットフォームインターフェースは31の最も広く話されている言語に翻訳されています。

取引プラットフォーム

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 取引プラットフォーム
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

RFQプラットフォーム

東京証券取引所は、ETF市場の流動性向上を目指して、2018年にマーケットメイク制度を導入しその後も継続的に改善を行っていますが、それらに加え、立会内市場では執行しにくい大口取引の円滑化のため、2019年10月より、RFQ機能の提供について検討を行ってきました。
これまで、利用者となり得る多くの機関投資家の皆様のご協力をいただきながらデザインを行い、十分なニーズを確認でき、技術的にも実現の目途が立ったことから、このたび、サービスインに向けた本開発を開始することとしました。
この RFQ機能を利用するためのプラットフォームには、「機関投資家・証券会社・マーケットメイカーをより緊密に繋げることで、ETFの取引がもっと効率化されるように」との想いを込めて、「CONNEQTOR」と名付けています。

RFQ機能の概要・取引の流れ

RFQ機能の流れ

① 投資家は CONNEQTOR上で「XXXX の ETF を YY 円分、買いたい」とのリクエストを送信します。
② マーケットメイカーは価格を提示します。
③ 投資家は提示された価格(※常に最良の価格が表示されます)でよければ、取引を打診します。
④ 最良価格を提示したマーケットメイカーは打診された取引を確認し、承認します。
⑤ 投資家及びマーケットメイカーがそれぞれ、あらかじめ指定した証券会社が取引について承認します。
⑥ 承認された取引は、ToSTNeT市場に発注され、取引所取引として売買が成立し、清算・決済が行われます。
⑦ 投資家は取引の状態、操作履歴及び表示結果の全てについて、ログを取得することが可能です。

機関投資家向け情報

CONNEQTORのサービス概要

投資家向けのサービス概要は以下資料をご参照ください。
機能やサービスの詳細について順次アップデートさせていただきます。
ご不明点などがあれば下記の宛先までお問合せください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる